赤ちゃんの乳児脂漏性湿疹の原因や症状が出やすい場所は?期間はいつからいつまで?対処法もチェック【医師監修】

生後間もない赤ちゃんの頭や顔に、「かさぶた」や「うろこ」のようなものができている…。もしかしたらそれは、乳児脂漏性湿疹かもしれません。乳児脂漏性湿疹の原因や症状、症状が出やすい場所や対処法について、すぎたファミリークリニック院長の杉田亮先生に教えていただきました。また、編集部が選んだスキンケアアイテムもセレクトしています。

乳児脂漏性湿疹の原因

乳児脂漏性湿疹の原因は?

乳児脂漏性湿疹は、赤ちゃんの皮脂が過剰に分泌されることで皮脂腺のある毛穴が詰って炎症を起こすことが原因のひとつです。また、皮脂を好む常在菌「マラセチア」の繁殖も影響するとされています。

乳児脂漏性湿疹はアレルギーや生活環境の影響ではなく、一時的な皮脂の過剰分泌が原因ですので、基本的には皮脂の分泌が落ち着き、適切なケアを行うことで収まっていきます。

乳児脂漏性湿疹の症状

主に赤ちゃんの頭やおでこ(髪の毛の生え際)に、うすいクリーム色の、硬くて脂っぽい「かさぶた」や「うろこ」のようなものができます。眉、耳、首、わきの下、股などにもできることがあります。また、痛みやかゆみはないことがほとんどです。

症状が出やすいのはいつからいつまで?

生後1カ月から3カ月ぐらいの赤ちゃんは、妊娠中の母親のホルモンの影響で一時的に皮脂の分泌が多くなります。この時期に乳児脂漏性湿疹の症状が出やすくなります。生まれたばかりの赤ちゃんは新陳代謝が活発ですが、特に生後1〜3カ月頃は気を付けてあげてください。

乳児脂漏性湿疹の症状が出やすい場所

皮脂が分泌する皮脂腺は毛穴の中にあります。乳児脂漏性湿疹の症状が出やすい場所とは、つまり毛穴の多い場所です。毛穴の数は、赤ちゃんも大人も同じ数(生まれた時から同じ)なのですが、赤ちゃんは体が小さく、大人に比べると毛穴が集中しているため、乳児脂漏性湿疹をはじめとする皮膚トラブルが起きやすいとも言えます。

頭・頭皮

頭(頭皮)や生え際、眉など、毛が生える場所は皮脂腺のある毛穴が多く、乳児脂漏性湿疹ができやすい場所です。

耳のまわりも皮脂腺が多く、乳児脂漏性湿疹ができやすい場所です。特に耳の後ろは皮脂が残りやすいので注意してください。

その他

その他、首、わきの下、股などは皮膚の上に皮脂がたまりやすいので注意してください。

【医師監修】赤ちゃんの湿疹の種類と原因は?乳児湿疹の症状とアトピーの見分け方、対処法や保湿ケア法を解説
赤ちゃんの肌トラブルでよくある症状が「湿疹」です。赤ちゃんの湿疹である「乳児湿疹」の種類や原因、それらの症状について、すぎたファミリークリニ...

病院へ行く目安は?

入浴などのスキンケアで症状が改善しなかったり、症状が悪化しているとき、頭皮や生え際から顔全体にまで広がってきている場合には、病院で医師に相談してください。

処方される薬は?

保湿剤を使用したスキンケアが基本ですが、薬としては、抗炎症作用のある塗り薬(抗炎症薬)が処方されることになります。抗炎症薬には非ステロイド系のものと、ステロイド系のものがあります。

非ステロイド系

植物由来のやさしい軟膏「アズノール軟膏」や、抗真菌薬「ニゾラールクリーム」など、副作用がほとんどないとされる、赤ちゃんに適した外用薬が用いられることが多いでしょう。

ステロイド系

症状がひどい場合は、炎症をおさえる作用があるステロイド外用薬のなかでも、ごく弱めのものが処方されることもあります。医師の診断のもと、しっかりと説明を受けて治療を進めましょう。

乳児脂漏性湿疹の対処法

皮脂の分泌が過剰になり、固まって黄色いかさぶた状のものができます。

乳児脂漏性湿疹は皮脂の過剰分泌が原因。基本的には入浴時のケアで対処していきます。

シャンプー

赤ちゃんの入浴に使うベビーシャンプーには「全身用」と「髪専用」がありますが、生後まもなくは全身用が使いやすく、結果的に適切なケアにつながるでしょう。全身用シャンプーをしっかり泡立てて、やさしく、丁寧に洗ってください。

「かさぶた」や「うろこ」のような湿疹を取ろうとして、力をいれてゴシゴシこすらないように。かえって症状を悪化させてしまうことになります。

ベビーオイル

入浴前にベビーオイルやワセリンを塗って30分くらいおき、かさぶた状、うろこ状のものをやわらかくしておいて、その後入浴し、ベビーシャンプーで洗ってキレイにする方法もあります。

繰り返しになりますが、力を入れてこすったり、爪を立てて洗ったりしてはいけません。無理に取ろうとせず、やさしく洗ってください。1回では取れなくても、徐々に取れていきます。

スキンケア

乳児脂漏性湿疹は皮脂の過剰な分泌が原因ですが、入浴後に乾燥しすぎると症状が悪化することがあります。入浴後はローションやクリームで適切に保湿をしましょう。塗り込む必要はありません、あくまでも皮膚の表面に広げるようにします。

頭皮の乾燥を防ぐためにも、髪の毛を分けて塗ります。クリームよりも、ローションタイプのものが塗りやすいでしょう。

【カリスマ小児科医に聞く!アトピーの薬】子供の治療に使うのは塗り薬?飲み薬?薬の種類・飲み方・副作用など
アトピー性皮膚炎は、「外用薬(塗り薬)」「内服薬(飲み薬)」「保湿剤」の3つを使って治療を行います。病院で処方されるアトピーの薬の種類、外用...

乳児脂漏性湿疹、市販のケアアイテムの選び方と注意点

赤ちゃんの皮膚は大人に比べるととてもデリケート。厚さは大人の半分しかありません。皮膚にやさしい、刺激の少ないものを選んでください。

シャンプー剤

「かさぶた」状や「うろこ」状のものを取ろうとして、洗う力が強いものを選ぶ必要はありません。むしろ皮膚に余計な刺激を加えて、症状を悪化させてしまう可能性あります。赤ちゃんの皮膚に刺激を与えない、赤ちゃん専用のシャンプー剤を選んでください。

スキンケア剤

赤ちゃんの皮膚は大人よりも敏感でデリケートなので、添加物などが入っていない、刺激の少ないスキンケア剤を選んでください。オーガニックな製品でも、成分によっては刺激となることもありますので、注意してください。

可能であれば医師から処方されたスキンケアアイテムを使ってもらいたいのですが、それが難しい場合は、どのような市販品を選ぶべきか、かかりつけの医師に相談するといいでしょう。

記事監修

すぎたファミリークリニック院長
杉田 亮(すぎた りょう)

小児のスキンケアに力を注いでいる、兵庫県三田市「すぎたファミリークリニック」院長。小児科専門医。1979年生まれ、福岡県久留米大附設高出身。2006年、大阪大学医学部医学科卒。大学在学中に休学してニュージーランドへラグビー留学した異色の経歴を持つ。周辺地域の小児夜間診療体制が十分とは言えず、クリニックとしては異例の夜間診療も行っている。
すぎたファミリークリニック

編集部おすすめの乳児脂漏性湿疹ケアアイテム

ここでは編集部おすすめのケアアイテムをご紹介します。

ベビーオイル「パックスベビー オイル (保湿オイル) 40ml」

天然ビタミンE配合のベビーオイル。さらっとした感触でベタつかず、なじみのいいオイルです。赤ちゃんの皮脂にも含まれるパルミトオレイン酸が豊富なマカデミアナッツ油に、製品の酸化を防ぐ天然ビタミンE(トコフェロール)を配合しました。

お肌の保湿、マッサージ、また鼻や耳のお掃除などにお使いいただけます。ナチュロンオイル同様、大人のスキンケア用、ヘアケア用オイルとしてもお使いいただけます。

パックスナチュロンの製品はすべて、肌や髪にやさしい天然の植物油を主原料として作られいます。石油由来の合成界面活性剤や防腐剤、合成香料、合成着色料は一切使っておりません。

ベビーオイル「ミルふわ ベビーミルキーローション ポンプタイプ(300ml)

ミルふわベビーミルキーローションポンプタイプ

赤ちゃんの肌を考えて、水と油のバランスに着目したスキンケア用品。さっと伸ばせてべたつかない乳液タイプのローションです。

低刺激・弱酸性・無香料・パラベン無添加・ノンアルコール・無鉱物油。皮ふアレルギーテスト済み(すべての人にアレルギーが起きないというわけではありません)。

ベビーオイル「WELEDA(ヴェレダ) カレンドラ ベビーオイル 200ml」

オイルのヴェールで肌を包み、潤いを与える全身用トリートメントオイル。軽い感触のオイルが角質層にすばやく浸透し、外的刺激から肌を守り、ハリを与えます。
オイルを使ってマッサージすると滑りがよく、適度な摩擦とマッサージ効果により肌が温まります。
ベビーの肌の汚れ落としなど多目的にお使いいただけます。

ワセリン「ベビーワセリン 60g」

無添加・低刺激の100%ワセリン。保存料を使っていないので、赤ちゃんのデリケートなお肌から大人まで安心してお使いいただけます。
使いたい量だけを押し出して塗布できるので、衛生的でとっても便利。やわらかくて伸びがよいので使いやすいワセリンです。

 

ワセリン「ビジョンワセリン 60g」

お肌や唇などの保護・乾燥対策に。添加物を入れていない100%のワセリンです。

新生児の赤ちゃんから大人まで、家族みんなで使えます。のびがよく、ベタつきにくいから季節を問わず全身に使えます。

無着色・無香料・パラベンフリー。携帯しやすい小さめチューブタイプ。

ベビーシャンプー「MINON(ミノン) ベビー全身シャンプー 泡タイプ 350mL 」

洗浄成分は100%アミノ酸系洗浄成分。泡で出てくるタイプ。敏感な肌のバリア機能を守って洗う保湿洗浄で、デリケートな赤ちゃんの肌にもやさしくご使用いただけます。

水以外、5つの成分で作られているシンプル処方。弱酸性。無着色・無香料。アレルギーの原因物質を極力カット。洗いあがりはつっぱらず、しっとりすべすべです。

製薬会社が皮膚科学に基づいて開発した低刺激処方。

ベビーシャンプー「メリーズ ベビー全身泡ウォッシュ ポンプ400ml 」

肌本来の保護成分「セラミド」を守りながら、きめ細かい泡がなめらかにのびて、流すときには、サッと泡切れ。繊細な肌に負担をかけず、やさしく洗えます。1本で髪もからだも洗え、新生児から使えます。

無香料・無着色・低刺激・弱酸性。アルコールフリー(エチルアルコール無添加)。アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーが起こらないというわけではありません)。

乳児脂漏性湿疹は日頃のケアで予防、でもあまり心配しすぎないで

生まれたばかりの赤ちゃんの顔や頭にかさぶたのようなものができると心配ですよね。でも、乳児脂漏性湿疹は一時的なもので、お母さんのお腹の中から、外の世界に誕生してきた赤ちゃんにとっては、通過儀礼のようなものとも言えます。毎日の入浴でやさしくケアしてあげてください。

症状が治まらない、なかなか治らないという場合には、小児科の先生に相談しましょう。先生にどんなシャンプーやスキンケアアイテムを選べばいいのかも聞いてみてくださいね。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事