ワーママたちの働き方が知りたい!年収・転職事情・タイムスケジュール・両立の悩みまでリアルな声を調査

法整備も進んで、いよいよ身近になってきた「働き方改革」。少子高齢化や労働人口の減少、女性管理職の割合など、さまざまな社会的背景があります。

中でも「ワーママの働き方」となると、結婚や出産といったライフイベント、育児や介護との両立、子供が成長するにつれてかかる生活費や教育費問題など、一筋縄にはいかない壁がいくつも!これといった正解もないし、かといって表立って相談もしずらい「ワーママの働き方」。Hugkumが実施したアンケートから、ワーママたちのリアルボイスをまとめました。

ワーママたちの働き方・年収・転職までリアルな声を大調査!

子育てにいそしみながら働く女性「ワーママ(ワーキングママ)」。出産前後で役職や給料が変わるケースもあれば、時短勤務の年収差に愕然としたり、未就学前の子どもなら保育園探しに始まり子育ての両立に悩み、小学生以上のお子さんなら学童や習い事の負担も大きく転職を考えたり…と。とにかく、千差万別のワーママ事情。

ほかのママはどうしてる?どれくらい稼いでる?ワーママたちの働き方って?年収や転職ってどうなの?みんなの本音を大調査しました。

そもそもワーママとは?

ワーママとは、ワーキングマザーの略語です。働きながら子どもを育てているママのことで、共働き家庭が増加していることから近年増加傾向にあると言えます。

そして、その働き方は多種多様で、フルタイムの勤務をしているママだけを指しているのではなく、正社員やパート、フリーランスとして働いている方それぞれが「ワーママ」になります。

子育てと仕事を両立するママたちの声

ぶっちゃけ、働きながら子育てってどうしてる??子育てと仕事を両立している、ママたちの体験談を紹介していきます。

『仕事があることで気分転換にもなる』

「子育て」「仕事」のどちらかだけ!だとストレスフルになってしまうものの、両方があることでバランスが取れることもあるようです。”自分らしく”あるため、「仕事による気分転換も大事」というワーママたちの声があります。

「子供がいても仕事をしている方がそれぞれの時間も持てるし、ずっと子育てしていたらイライラしてしまうので仕事をしていると忘れられるしストレス発散にもなると思うから良かった。」(40代・福岡県・子ども1人)
「子供と向き合っていると疲れるので、少しの時間でも離れることが大事です。」(40代・神奈川県・子ども2人)

『働いていて良かった、でも無理はしない』

仕事と子育ての両立は大変だけど、「働いていて良かったと思えることも多い」など、働くことでのメリットを実感しているワーママも多いようです。実際にお給料をいただいたり、子どもを塾に通わせたり、目に見える対価があれば忙しさも忘れてしまいそう。

「働いている自分は好き、そしてその背中も子ども達にも見せたい。でも、本当は父親がバリバリ働くのが理想。キャリアも無理して作るものではない。子どもありきでできることを頑張ればよいというスタンス。」(30代・兵庫県・子ども2人)
「体力がないので一日一日過ごすので手一杯で、両立できているようには思えないが、給料日には唯一働いていて良かったと思える。いまは40代半ばで時短・週3回で働かせて頂ける会社であれば良しとしているので、キャリアなど考える余裕がない。」(40代・神奈川県・子ども1人)
「子どものためにできること塾に通わせるなどを妥協することなくできたことが仕事との両立ができたから。今後も、子どもが中心で仕事をしたいので、無理せずに仕事をしたいと思う。」 (40代・埼玉県・子ども2人)

『仕事を続けることで社会とのつながりがもてる』

「社会との繋がりがもてる」と回答したワーママも多くいました。「社会」を意識したり、「社会」の中の自分を捉えることは、ワーママの大事な要素のようです。

「ずっと家にいるより、社会とつながることは大事だと思う。 キャリアは考えていない。子供が中心。」(40代・千葉県・子ども2人)
「社会とつながっていたかったから、仕事を続けていてよかった。いろんな人と出会えて話ができることがよい。育休期間のように毎日が子育てのみだったら、大人と話す機会が激減してストレスだったと思う。」(40代・神奈川県・子ども2人)

『子どもが大きくなったら仕事に比重をかけたい』

働く環境が整ってきたこともあり、時短勤務やフルタイムなど働き方の選択肢の幅が広がってきました。お子さんの成長に合わせて働き方の比重を変えるなど、中長期の視点でキャリア形成を考えているワーママもいるようです。

「習い事や進路などある程度選べるようになる。小学生のうちは午後をあけたい。中学生くらいならフルタイムや土日勤務もいけるかも。」(40代・東京都・子ども2人)
「どうしたって完全両立は難しく、あっちを立てればこっちが立たずといった状況。子供がもっと大きくなれば、仕事に比重をかけることが出来、バランスがとれていくと思う。」(30代・東京都・子ども3人)

『学校行事と都合をつけるのは大変』

どうしても外せない用事が「仕事」にも「子育て」にも生じたとき、ワーママは大変!お子さんが病気になったり、学校の重要な集まりがあったり、学校行事や習い事など、どちらかを休まなければいけない時は、多くのワーママが気疲れをしているようです。

「幸い子供が病気になることは少なかったが、学校の役員の集まりがある時は都合をつけるのが大変だった。」(40代・千葉県・子ども2人)
「働かず小遣い制だとちょっとご褒美にと贅沢しづらいが、仕事をしていれば子どものものにも自分の趣味にも使えるところがよい。ただ子どもの体調不良や、学校行事などで仕事を休まざるをえないことも多くあるので気を遣う。」(30代・奈良県・子ども1人)

ワーママの1日のスケジュール例

実際に、ワーママの1日のスケジュールってどうなの?ワーママの朝から夜のスケジュールを、フルタイム勤務・会社経営の事例で紹介します。それぞれに時間の使い方があって、とても参考になります。

ワーママKさんの1日(フルタイム勤務、東京都・子ども2人)

小さなお子さんを2人抱える、フルタイム勤務のママ。最近は、テレワークの導入もあり少しライフスタイルも変わってきているようです。お買い物やお子さんの送迎は、ご主人と分担することもあるそう。

朝のタイムスケジュール

7:00 起床、朝食準備
7:30 朝食、片付け
8:50 子どもを小学校・保育園に送迎しながら勤務先へ
9:30 出社、仕事開始

夜のタイムスケジュール

17:30 退社
18:30 保育園にお迎え帰宅
19:00 夕食
20:00 お風呂、家事、寝かしつけ
23:30 就寝

ワーママ 坂上愛佳さんの1日(会社経営/himemama代表理事)

会社経営という仕事がら、夜の打ち合わせや会食が外せないという愛佳さん。日中はお子さんとの時間を確保しつつ、夜はご主人とバトンタッチしてお仕事へ。お子さんを中心に、ご主人とのチームワークが素敵です。週末には、ご主人とお子さんが出かけている間に、イベント対応や仕事・事業の整理など考える時間にも当てているそうです。

朝のタイムスケジュール

6:00 起床、朝ごはんの準備、朝食
7:30 子ども、主人の送り出し
8:00 家事、入浴、身支度
9:30 デスクワーク
11:00 打ち合わせ・ランチMtgなど
15:00 帰宅、子どもも帰宅(子どもとの時間)

夜のタイムスケジュール

17:00 晩御飯準備
18:00 主人帰宅→バトンタッチ、外の打ち合わせ・会食へ
20:00 帰宅、入浴、家事
22:00 就寝

ワーママの時短・手抜き術

子育てをしながら働くワーママ。時間のやりくりが大変そう。家事の時短や手抜きについて、みなさんの意見を聞いてみました。

食事は作り置きや惣菜・レトルトも上手に活用

ワーママの時短・手抜き術で、圧倒的に声が挙がったのは「食事」について。1日複数回、成長や健康を左右することもあって、「食事」を上手に時短・手抜きすることはワーママにとってキーファクターになりそうです。

週末や朝の時間帯にまとめてする作り置きから、冷凍食品・中食の有効活用など、ママたちの工夫には頭が上がりません。

「なるべくレンジを使用した料理を作ったり、夕飯の支度を朝のうちに少ししておく」(40代・神奈川県・子ども1人)
「休みの日に まとめ買いをして、小分けにしたり下ごしらえをしたり、ストックを作っておく。」(30代・兵庫県・子ども2人)

「料理は手作りが一番だと思いますが、煮魚、焼き魚、惣菜等、家族が少ないのです作った物を買います。でも、仕事帰りに割引しか買いません」(40代・兵庫県・子ども1人)

生協の味がついている魚や肉を買っておき、調理時間の時短をしている。休みの日に野菜などを切って冷凍しておく。」(30代・福岡県・子ども1人)

掃除や洗濯に時短家電を

続いて、掃除や洗濯の時短・手抜き方法を紹介します。この分野では、「家電」が大活躍!ロボット掃除機から食洗機、調理家電…と、便利な家電製品を取り入れていることがわかります。

「ロボット掃除機、食洗機など機械化できることはしている」(40代・富山県・子ども2人)
「洋服は乾燥機をつかう。 すぐたためるし雨でもかわく。」(30代・神奈川県・子ども2人)
食器洗浄機はフル稼働させている。」(40代・栃木県・子ども3人)

家事はみんなで協力

ワーママの意見でユニークだったのが、「家事はみんなで協力」すること。当たり前のようですが、家事について、家族の巻き込み力がより強い傾向なのが伺えます。

「子供に家事を教えて手伝ってもらう。報酬付きで、貯めたら本やお菓子などを買える」(40代・東京都・子ども2人)
「子供と一緒に家事をすること。」(40代・石川県・子ども2人)

「子供達にできることは全部やらせる」(40代・広島県・子ども3人)

どんどん家事に参加させる」(30代・静岡県・子ども3人)

頑張りすぎない

「仕事」に「子育て」に、やるべきことをたくさん抱えているワーママ。「頑張りすぎない」ことも、ポイントのようです。掃除の回数を減らしたり、できないことはできないと伝えたり、力を抜けるところは抜く、みなさんなりの強弱のつけ方を知っているようです。

「部屋の掃除は気になったらやっている。ためこまないようにする。お風呂やトイレ掃除も一緒です。」(40代・神奈川県・子ども2人)
「力を抜ける所は抜く 仕事がある日の前日は、夜のうちに洗濯 家事も育児も、主人と協力して1人でやろうとしない」(30代・神奈川県・子ども1人)

買い物はまとめ買いや昼休みを活用

買い物にも、ワーママたちの工夫があります。「まとめ買い」「お昼休みに晩御飯の調達」…と、日常の導線の中で効率よく取り入れているようです。

「買い物をまとめてする」(40代・佐賀県・子ども1人)
「仕事の昼休みに夜ご飯の買い物にいき、仕事場の冷蔵庫室にそのまま入れさせてもらう」(30代・三重県・子ども2人)
次のページでは年収や勤務時間などのデータを紹介します。

編集部おすすめ!1本で忙しいママの肌の自活力を底上げするスキンケアローション

長年ハーブの研究をしている”鈴木ハーブ研究所”が、ホルモンバランスの乱れに着目して作った「エスプライムローション」は、産後ママや忙しいママにぴったりと、口コミで話題!ママの92.9%がママ友におすすめしたい!と答えています。

この大人気の「エスプライム ローション」は、たった1本でお手入れ完了するオールインワンのスキンケアアイテム。気になる乾燥・くすみ・毛穴・エイジング対策もこれ1本でOK!「さっぱりタイプ」は、べたつき感のない、さらっとした使用感。肌の隅々まで心地よく潤いで満たしてくれます。美容液のような濃密な潤いの「しっとりタイプ」もあり。

編集部おすすめ

関連記事