子どもと観たいコメディ映画10選|「ボス・ベイビー」など家族で楽しめる作品を厳選

「何も考えずに笑って楽しい気分になりたい!」というときにぴったりなのがコメディ映画。分かりやすいストーリーで、子どもと一緒に楽しめるのも魅力ですね。そこで今回は、最近の話題作から過去の名作まで、人気のコメディ映画をご紹介していきます。

子どもと一緒に楽しめるコメディ映画

【1】『シャザム!』

DCコミックスのヒーロー「シャザム」を実写映画化した作品。
孤児院で育ったビリー・バットソン。
里親のもとを転々としていた彼は、あるとき魔術師にヒーローの才能を見出され、世界の救世主に選ばれます。
同じ家の里子・フレディとともに自分のパワーを試していたビリーですが、そんな彼の力を奪い取ろうと、かつてヒーロー失格の烙印を押されたドクター・シヴァが襲いかかってきて…。
中身は14歳の少年なのに、魔法の力で最強のヒーローになってしまうアンバランスが笑えます。
とにかく明るいストーリーで、ご家族で楽しむのにぴったり!


【2】『ボス・ベイビー』

パパとママと3人で暮らす7歳の少年ティムの家に、突然、黒いスーツを着て黒いネクタイを締めた赤ちゃんがやってきます。
名前は「ボス・ベイビー」。
まるで大人のように話し、口が悪くて人使いも荒い、彼の正体は…?
外見が赤ちゃんなのに、中身がまるで中年のおっさんというボス・ベイビーのギャップが笑えます!
兄弟ができたときのショックや衝撃、その後にやってくる連帯感なども描かれていて、家族の大切さも感じさせてくれます。

【3】『ライアーライアー』

ハリウッドを代表するコメディ俳優のジム・キャリーの代表作の一つ。
敏腕弁護士・フレッチャーは得意の話術で相手を丸め込んでいましたが、息子の誕生日の願いごとにより突然ウソがつけなくなってしまいます。
順調だった彼の人生は一変し、仕事に行き詰まってしまいますが…。
ジム・キャリーの演技に大爆笑しつつも、親子のきずなにホロリとさせられるハートフルコメディです。


【4】『宇宙人ポール』

アメリカのUFOスポット巡りの旅をしていたSFオタクのイギリス人青年グレアム・ウィリーとライヴ・ゴリングス。
その道中で、ひょんなことから陽気な宇宙人ポールと出会ってしまい、ポールを故郷に帰すための2人の奮闘が始まります!
陽気な宇宙人とオタク2人の珍道中。
『未知との遭遇』『E.T.』などの、傑作SF映画へのオマージュが散りばめられているのも映画ファンには楽しいポイントですね!


【5】『ゴーストバスターズ』

コロンビア大学で幽霊・超常現象の研究を行っているピーター・ヴェンクマン博士をはじめとする冴えない研究者3人。
ある日、突然研究費を打ち切られ、大学から追い出されてしまいます。
彼らは生活費を稼ぐため、幽霊退治を請け負う会社「ゴーストバスターズ」を立ち上げることになりますが…。
80年代の作品ながら今なお人気の高いコメディーの名作。
マシュマロマンをはじめ、数々の愛嬌あるゴーストたちが魅力のひとつです。
掃除機のような機械でゴーストを吸い取るという手法も分かりやすくて、子どもにウケます!

クリスマスシーズンにぴったり!家族で楽しみたいコメディ映画

【1】『ジングル・オール・ザ・ウェイ』

仕事に追われる多忙な日々を送っているハワード。
8歳の息子ジェイミーに、大人気の「ターボマン」のフィギアをクリスマスにプレゼントすることを約束していたのに、うっかり忘れてしまいます。
慌てて店に向かったものの、残っているのは残り1つだけ!
フィギアをめぐってパパたちの壮絶な戦いが始まります。
アーノルド・シュワルツェネッガーが笑わせてくれる、クリスマスにぴったりのファミリーコメディです。

【2】『ホーム・アローン』

パリでクリスマスを過ごそうと飛行機に乗り込んだ15人の大家族。
しかし、飛行機の中で8歳の息子・ケビンを忘れていることに気が付きます。
家族のパニックをよそに、一人でのびのびと自由に過ごしていたケビンですが、そこに2人組の泥棒が現れて…。
マコーレー・カルキン演じるケビンがとにかくかわいく、世界的に大ヒットしたコメディの名作。
トリックを駆使したケビンの戦いぶりも見事で、家族みんなで楽しめます。

話題作満載!日本のコメディ映画

【1】『テルマエ・ロマエ』

同名コミックの実写映画版。
古代ローマ帝国の浴場設計師ルシウスが、現代日本にタイムスリップし、日本の風呂文化を学んでいく姿を描くコメディ映画です。
阿部寛、市村正親、北村一輝など濃いめの顔の俳優陣の熱演が笑えます!


【2】『THE 有頂天ホテル』

大晦日の高級ホテルに集まった個性あふれる宿泊客たちと、従業員たちが起こすハプニングやトラブルをおもしろおかしく描いた作品。
役所広司や松たか子などの豪華なキャストと、三谷幸喜ワールド満載の緻密なストーリー展開で、期待を裏切らないおもしろさです!


【3】『コンフィデンスマンJP  ロマンス編』

欲にまみれた者たちから大金をだまし取ってきた詐欺師のダー子、ボクちゃん、リチャード。
新たなターゲットに、香港の裏社会を牛耳る女帝ラン・リウに定めた3人は、彼女が持っているはずのパープルダイヤを奪うために香港に行きますが…。
2018年に放映されたドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版で、漫画のようなノリの良さも楽しい痛快コメディです。
今年公開された「プリンセス編」も大ヒット!


おわりに

明るく楽しい気持ちになれるコメディ映画は、お出かけできないときの家族のエンタメにぴったり!笑いの中にも、家族のきずなや人と人とのつながりの温かさを感じられるのがいいですよね。年末年始などの家族で集う時間が長いときに、ぜひ楽しんでみてください!

編集部おすすめ

関連記事