おすすめの4コマ漫画10選|「少年アシベ」や「伝染るんです。」など人気作をご紹介

空いた時間に気軽に楽しめるのが「4コマ漫画」の魅力ですよね!今回は、ほのぼの系や夫婦ものなど、さまざなまジャンルの4コマ漫画の中からおすすめ作品をご紹介していきます。「コボちゃん」や「サザエさん」など、誰もが知っている名作も登場しますよ!

癒し効果も満点!ほのぼの系の4コマ漫画

昭和を代表する作品から、今でも刊行し続ける作品まで、子どもも大人も楽しめる作品を紹介します。

【1】『少年アシベ』

声が大きくて元気な少年・芦屋アシベはある日、トラックから落ちてきた白い生きものを拾います。
魚だと思ったアシベは夕飯として食べるつもりで家まで連れ帰りますが、それはゴマフアザラシの赤ちゃんと判明。
「ゴマちゃん」と名付けられ、芦屋家の一員として暮らすことに。
ゴマちゃんとアシベ、その友人たちをめぐる日常生活や人間関係をコミカルに描きます。
ゴマちゃんのかわいらしい表情やしぐさ、大工の父ちゃん、主婦の母ちゃんをはじめとする個性豊かなキャラクターも魅力です。


【2】『こぐまのケーキ屋さん』

HugKumでも連載されている大人気4コマ漫画。
ケーキ屋の店長をつとめるこぐまと、そのお店で働く青年をとりまく日常を描いた作品です。
ピュアで元気いっぱい、いつも前向きながらちょっと抜けたところもある店長・こぐまの仕草やたどたどしい言葉遣いがとってもかわいらしく、店員さんとの平和な日常の様子にとっても癒されます!


【3】『うちの猫がまた変なことしてる。』

性格が全く違う「トンちゃん」と「シノさん」の2匹の猫が、家の中で繰り広げるちょっと変な行動を描いたコミックエッセイ。
顔にお尻をつけてきたり、狭い箱に詰まったり、目を開いたまま寝ていたり…。
猫を飼ったことがある人なら絶対共感できる不思議でかわいい猫の行動が満載。
猫好きにはたまらない一冊です。


ラブコメが楽しい!4コマ漫画

【1】『月刊少女野崎くん』

無骨な男子高校生の野崎梅太郎に恋をした女子高生の佐倉千代。
彼に告白をした結果、彼が少女漫画の漫画家であることが発覚します。
千代は、野崎くんの恋人ではなくアシスタントになることに…。
野崎くんの漫画家と学生の二足の草鞋を履いた忙しい日々と、2人のやり取りが愉快な4コマ漫画です。


【2】『可愛い上司を困らせたい』

仕事一筋の20代を送り、30歳の時に次長に昇進した恋愛経験ゼロの井羅恵と、イケメンでコミュニケーション能力も高い新入社員・青木俊。
会社では上司と部下の関係にあるそんな2人の恋愛模様を描いた、騒がしくも楽しい年の差ラブコメディです。


共感できる!?夫婦ネタの4コマ漫画

【1】『中国嫁日記』

中国人の妻・月(ゆえ)とオタクの夫・ジンサンのカルチャーギャップを題材に、ほっこりドタバタな爆笑夫婦の日常を描いたコミックエッセイ。
公衆トイレに紙があることに感動したり、みそ汁に香菜が入ったり、思わず笑ってしまうようなエピソード満載。
月さんの元気いっぱいの様子にパワーをもらえます!


【2】『孔明のヨメ。』

諸葛孔明の妻・月英を通して描かれる三国志ファン注目の4コマ漫画。
当時女性の仕事とされていた料理や裁縫は苦手ながら、罠や道具の開発が得意で学問にも通じている月英と孔明の新婚生活をコミカルに描きます。
三国志の出来事を踏まえながらも、あくまで月英と孔明の夫婦に焦点を当て、ほんわかとしたラブコメとして気軽に楽しめます。


世代を超えて愛される!4コマ漫画の名作

【1】『伝染るんです。』

かわうそやかっぱ、かえる、こけし、ヤクザ、頭に包帯を巻いた少年など、一度見たら忘れられなくなるような強烈な個性のキャラクターが、変わったこだわりを持って暴走する不条理ギャグ漫画の伝説的名作。
キモかわいいかわうそたちのシュールで不条理な世界にはまると抜け出せなくなります!


【2】『コボちゃん』

両親や祖父母と暮らす刈り上げ頭の少年・田畑小穂(コボ)ちゃんの日常を描いた4コマ漫画。
読売新聞の朝刊で連載されていて、4コマ漫画人気の火付け役とも言われる作品。
ほんわかした平和な日常のなかにも風刺を効かすような話題もあり、いつ読んでもほっこり懐かしいような気持ちに。


【3】『サザエさん』

魅力を紹介するまでもない国民的漫画ですが、原作はアニメのエンディングで流れるような4コマ漫画。
原作には戦後日本の日常生活が描かれており、時にアニメより強烈な行動をとるサザエさんや、大変な時代も明るく大らかに生きる磯野家一家の姿には今こそ元気をもらえます!


おわりに

起承転結がぎゅっと凝縮されている4コマ漫画は、短い展開で気軽に楽しめるのが何よりの魅力。子どもに描かせると、作文の勉強になるなんていう意見もあるようです。夫婦モノや癒し系などさまざまなジャンルがあるので、日常の息抜き用にお気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事