固まらない砂糖の保存方法は? 無印良品、ダイソーなどおすすめ容器も厳選紹介!

砂糖が「乾燥」に弱い食品だということをご存知でしょうか。いつの間にか固まってしまった砂糖も「乾燥」が原因です。このページでは、砂糖と湿度の関係について紹介しながら、保存の方法と注意点を紐解いていこうと思います。

砂糖の保存期間

スーパーに並ぶ砂糖の賞味期限を確かめてみると、どの商品にも記載がありません。砂糖は腐ったり成分が消えてしまったりといった品質の劣化がほとんどないため、賞味期限の表示義務が法的にないのです。長期保存が可能で、製造から長い時間が経っていてもそのまま食べることができます。

もちろん調理の前には必ず、部分的な変色やべたつきがないか、変な匂いがしないかは確かめましょう。言うまでもなく、異物や虫が混入していた時も口にしてはいけません。

砂糖の正しい保存方法は?

私達が思っている以上に長い保存に耐えられる砂糖ですが、買ってきたまま放置していて良いわけではありません。どんなことに注意が必要でしょうか。より安心して使える保存方法を考えてみましょう。

湿度変化の少ない冷暗所

湿度の高さは多くの食品にとって劣化につながる大敵ですが、砂糖にとってもそれは同じです。たとえば、調理のために砂糖をキッチン台に取り出したとしましょう。その日は気温が高く雨も降っていて、ムシムシとした中で砂糖のフタを開けると、空気中の水分によって砂糖の表面がほんのわずかに溶けてしまいます。

表面がトロリと緩んだ砂糖を、冷蔵庫へしまうとどうなるでしょうか。冷蔵庫の中は冷風によって乾燥しているので、やわらかくなった砂糖同士が今度は乾いてくっつき、カチカチの固まりへと変わります。次に取り出した時には、大きくて量りにくいし崩すのも大変。

このように砂糖は湿度の影響を受けやすいので、冷暗所に置くことが適しています。

固まらない方法

では、砂糖を固い塊にさせないコツを詳しくご紹介しましょう。

もともと劣化しにくい砂糖を冷蔵庫に入れる必要はありません。常温のまま保存しましょう。冷蔵庫からの出し入れによる温度変化が結露のもとです。いったん冷えた砂糖を常温に放置しておくだけで空気中の水分を集めてしまうことになるのです。

そして冷蔵庫内の乾燥も大敵。砂糖にとって冷やすことは百害あって一理なしなのです。また、調理中のコンロの横に長く置いておくのもよくありません。コンロからの熱で溶けてしまいますよ。

ダニやアリ対策

小学生の観察実験で人気の「アリの観察」でも定番のように、アリは砂糖が大好きです。他にも粉ダニなど、他の食品につく虫が調理の途中で紛れ込んだりしないためにも、密閉できる容器に保存しましょう。濡れた手で触れることも良くありません。

容器に対して計量スプーンの柄が短かかったり、容器の口が狭くて取り出しにくいものは避けましょう。記事の最後に、開け閉めがしやすい色々な密閉容器をご紹介しているので参考にしてください。

固まった砂糖をもとに戻す方法

湿気と乾燥によって固まってしまった砂糖はもうもとには戻らないのでしょうか。

金属のフォークで突くような力技ではなく、簡単ラクチンにサラサラに戻す方法があります。科学実験のようですが、湿度のコントロールを意識して試してみると楽しく保存ができるかもしれませんよ。

水を使う

すでに乾燥で固まってしまった砂糖は、水を足せばもとに戻ります。たとえば霧吹きで軽く水を吹き付けると良いでしょう。そのままフタをして1時間もすれば、水分が全体に行き渡りサラサラに戻ります。

その他には濡れたキッチンペーパーをフタにはさんで置いておくのも良いでしょう。徐々に水気が砂糖に移り、いつの間にか塊が崩れるようになります。2つとも容器内の湿度を上げることが目的なので、加湿をポイントにやってみてください。

固まってしまった砂糖に、霧吹きで水を吹き付けます。

食パンを使う

霧吹きがない時は、食パンを使ってみましょう。大きめにちぎった食パンを砂糖の容器内に入れておくと、食パンの持つ水分がゆっくりと砂糖に移ります。不思議なことにこれも1時間程度放置するとサラサラの状態に戻ります。

ただし、パンを入れたまま忘れて放置するとカビが発生するのでご用心。

固まりの量に応じて、投入するパンの数も増やしてみてください。
離乳食に砂糖はいつから使える?NGな砂糖の種類はある?量の目安や砂糖不使用でもおいしいレシピを紹介
こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食が進むにつれて調味料を風味付け程度に使い始めます。イロイロある調味料の中の「砂糖」。甘...

おしゃれな保存容器のおすすめ

お菓子を普段からよく作る方は砂糖の消費が多いですが、煮物程度の使用量だとなかなか一袋を使いきれない方も多いのではないでしょうか。大きさや形状もさまざまにあるので、ご自分の砂糖の使い方に合う容器を探してください。

無印良品の「粉もの保存容器 実容量1.5L」

砂糖1.5キロが入る大きさなので、買ってきた袋の中身が全部入ります。大きさも色々あるので、少量を使いやすい容器に詰め替えて使うのもいいですね。砂糖に合わせて、塩や薄力粉なども同じシリーズの容器で揃えてみてもいいかもしれませんよ。

サイズ(約):幅15.5×奥行9.5×高さ15cm
容量(約):1500ml
価格:390円(税込)

商品サイトはこちら

ニトリ「ガラスキャニスター」

ガラスの窓から、残量の確認がとっても便利! 内側はガラス、外側と蓋がスチール製と作りもしっかりしています。見た目もおしゃれなのがいいですね!

サイズ(約):幅10×奥行10×高さ12.4cm
容量(約):600ml
価格:407円(税込)

商品サイトはこちら

ダイソー「中身が見えるキャニスター(2L)

中身が見える、ダイソーのキャニスター。フタにシリコンゴムが装着されているので、しっかり密閉できますよ。シンプルなデザインがいいですね。

サイズ(約):幅10×奥行11×高さ18cm
容量(約):1400ml
価格:330円(税込)

商品サイトはこちら

砂糖保存容器のおすすめ8選|片手で開けられる便利な砂糖&塩保存容器を厳選
キッチンの必需品、おすすめの砂糖保存容器をピックアップしました。片手で開けられて便利な砂糖&塩保存容器や、おしゃれで人気のシュガーポットなど...

砂糖は暮らしの中の癒し

砂糖をキッチンに常備している方も多いと思いますが、保存には常温が向いていることや、水をふりかければサラサラになることなど、ちょっとしたコツがあることがわかりました。

コーヒーにひと匙の砂糖を加えると元気をもらえたり、煮物のホッとする甘さに食欲を刺激されたりと、お砂糖は暮らしに癒やしを与えてくれる食材です。おいしく利用できるように、上手な保存をしたいですね。

文/もぱ(京都メディアライン)

構成・撮影(一部をのぞく)/京都メディアライン

編集部おすすめ

関連記事