テレビでも大人気! 和田明日香さんの時短で栄養たっぷりご飯レシピ公開!

料理家・食育インストラクターとして活躍し、3児のママでもある和田明日香さんに「食育」「料理のマイルール」「子どもの好き嫌い」について、お話を伺ってきました。最後となる今回のテーマは「忙しい日のごはん」。発売前から話題となり、大HIT中の最新著書「10年かかって地味ごはん。」(主婦の友社)と、長期に渡り根強く人気の「和田明日香のほったらかしレシピ」(辰巳出版)から、忙しいママパパにオススメなレシピも紹介します。

毎日のごはんを完璧にするなんて本当に幻想(笑)

今日も明日も完璧なごはんを出すなんて本当に幻想だと私は思ってます(笑)。野菜をたっぷり食べられる日があったり、全然食べなかった日があったり、焼きそばだけドーンって日もある。

1日1日ではなく、10日間くらいの中でのバランスで調整すればいいんじゃないかな?と思います。

例えば朝ごはん。朝から魚焼いて味噌汁作って、きちんと作る日もあるけど、トーストにチーズとハムを乗せただけ、って日もあります。そういうときは、ミニトマトと塩をかけたきゅうりを添えて「私、出したぞ」って(笑)。栄養バランスってより、自分の気持ちのためにやってる感じです。そういう日は、夕食でバランスのいいごはんを出したり、週末の朝食で野菜たっぷりのミネストローネ出したり。なんとなく、10日間くらいで見て「今日まで大変だったけど、なんとか今日まで乗り切ったぞ」って自分を自分で肯定しています

和田さんがおすすめ!忙しい日のごはんって?

忙しい日は、一個の料理にとにかくたくさんの食材を入れたものを作ることが多いです。焼きそばやカレーなど、肉や野菜も魚も卵も一気に食べられるようなメニューのレパートリーを持ってると強いですよね。同じメニューでも、微妙に味を変えればバリエーションを増やすこともできます。

お総菜屋さんにもどんどん頼って、具だくさんの味噌汁だけは作る、なんてこともよくしていますね。

忙しい日におすすめ①日曜日の豚汁

[材料]

水…1400㎖

だし昆布…8㎝×10㎝ぐらい

鰹節…30ℊ

米油…大さじ1

長ねぎ…1/2本(60ℊ)

豚切り落とし肉…250ℊ

大根…6㎝(150ℊ)

にんじん…1/2本(90ℊ)

ごぼう…1/2本(80ℊ)

里芋…4個(200ℊ)

しめじ…60ℊ

こんにゃく…100ℊ

油揚げ…1枚

味噌…大さじ5~6

[下ごしらえ]

◎鍋に水と昆布を入れて浸しておく。

◎長ねぎは3㎝のぶつ切り。大根は厚さ1㎝のいちょう切り、にんじんは大根よりもちょっと薄めの半月切り。ごぼうは縦半分に切ってから4㎝の長さに切る。サトイモは皮を剥いて1㎝の輪切り。油揚げは1㎝幅に。しめじは石づきを落として小房に分ける。こんにゃくは手でちぎる。煮えればどんな切り方でもOK。

[作り方]

①水&昆布の鍋を火にかけ、沸いたら鰹節を入れて2~3分煮立たせる。火を止めてそのまま置いておく。正直、正しいだしの取り方ではないけど、おうちで作る豚汁に繊細なだしは不要。これで十分美味しくなります。

②別の鍋に米油を熱し、長ねぎを炒める。香ばしいにおいがしてきたら豚肉を加えて、色が変わったら他の具も加える。野菜がしっとりして少しかさが減るまで炒める。

③②の鍋の具の上にザルを置いて、①のだしをザブンと注ぎ入れる。ザルを引き上げ、菜ばしでかつおぶしをぎゅぎゅっとつぶしてだしを搾り出す。沸いたらアクを取り、少しずらして蓋をする。ずらしておかないと噴きこぼれる可能性大

④野菜がやわらかくなるまで煮込んだら、味噌を溶かし入れる。使う味噌によって濃さが違うので、味見をしながらベストな量を見極めてくださいね。

※10年かかってじみごはん。より引用。

忙しい日におすすめ②ミネストローネ

[材料]

A トマトジュース…400㏄

A ベーコン…3枚(50ℊ)

A ズッキーニ…1/2本

A カブ…1個

A しめじ…50ℊ

A にんにく…1片

A だし昆布…1枚(5×5㎝)

A 塩…小さじ1/2

牛乳…50㏄

オレガノ(乾燥)…少々

粉チーズ…適量

[下ごしらえ]

◎ベーコンは細切り、ズッキーニとカブは5㎜幅の半月切り、しめじは粗みじん切り、にんにくはすりおろしておく。

[作り方]

①鍋にAを入れ火にかけ、ふたをして中火で煮込み、そのまま10分ほったらかす。

②10分たったら、牛乳とオレガノを加えてもうひと煮立ちさせる。器に盛りつけて粉チーズをトッピングする。

※和田明日香のほったらかしレシピより引用。

忙しい日のごはん作りの参考に♪

和田さんの大HIT中の著書から特別に2レシピを紹介しました。どちらも一品で栄養満点のお助けレシピ。ぜひ、作ってみてくださいね。「毎日のごはんを完璧にしようとしない」そんな考え方こそ、ママパパの気持ちをラクにしてくれることでしょう。

お話を伺ったのは…

食育インストラクター

和田明日香(わだ・あすか)さん

1987年4月17日生まれ。東京都出身。料理家・平野レミさんの次男、和田率さんと2010年に結婚。10歳、8歳、6歳の3児の母。料理家・食育インストラクターとして、各メディアでのレシピ考案やコラム執筆、CM出演などで活躍中。2018年にベストマザー賞を受賞。著書に『子どもは相棒 悩まない子育て』(ぴあ)。『和田明日香のほったらかしレシピ』(辰巳出版)。『10年かかって地味ごはん。』(主婦の友社)がある。

10年かかって地味ごはん。-料理ができなかったからこそ伝えられるコツがあるー

和田明日香さんが毎日作っている食事を公開! 友達に教えるように話し言葉で書いたレシピは、わかりやすくて画期的!

和田明日香のほったらかしレシピ 仕込み5分!ほぼ2ステップで完成

美味しくなる秘訣はほっとくこと。テクニックいらずでだれでも簡単に失敗なしでできるレシピがズラリ。日々忙しい子育て世代や単身者が幅広く活用できるレシピ集です。

平野レミさんを義母にもつ和田明日香さんのシンプルな「料理のマイルール」とは?
食育インストラクターとしてレシピ考案やコラム執筆をしている和田明日香さん。最近発売された著書「10年かかって地味ごはん。」(主婦の友...
和田明日香さんに聞く「子どもの好き嫌い」との向き合い方
テレビや雑誌、各メディアへのレシピ考案やコラム執筆など、さまざまなシーンで活躍。小学1・3・5年の1男2女のママでもあり、食育インス...

 

取材・文/本間 綾

編集部おすすめ

関連記事