アン ミカ流 HAPPYポジティブアドバイス vol.4|お悩み「ポジティブな人になりたい」

HugKum読者のママも人間関係や子育てのストレスなどで、たくさんの悩みを抱えています。そんな方々にはアン ミカさんの言葉が助けになるはず!全5回でお届けする「アン ミカ流 HAPPY ポジティブアドバイス」企画、第4回は、「ポジティブな人になりたい」という悩み。このお悩みに〝効く〟アン ミカさんのポジティブアドバイスとは?

【お悩み】
小さなことに気にしてくよくよしてしまう性格です。
アン ミカさんのように、ポジティブな人になりたいです。
(33歳・2児の母)

くよくよしがちだからこそ、ポジティブになる才能が人一倍ある

私もネガティブだったから、この方の気持ちはすごくよくわかります。でも実は、くよくよしがちな人こそ、ポジティブになる才能が人一倍あるんですよ。

くよくよしがちな人は、同じようにくよくよしがちな人に寄り添えるはずで。ポジティブになりたいと思っているのであれば、もうそこから卒業していいと言う合図。準備はできているんです!
人の痛みがわかるというのは、実は一番強い人。あとは、一歩踏み出す勇気だけです。

今日の自分は運がいい

人は1日に約3000回の選択をしていると調査結果が出ています。どういうことかというと、朝起きて、喉乾いたから水を飲む、二度寝しようと悩む、窓を開ける…今だけでも3回選択していますよね。
こういう選択が3000回あるなら、幸せになる洗濯も3000回はあるということ!1つ1つの選択をポジティブにしていきましょう!

私は、朝出かけるときに、「今日の自分は運がいい」と思うようにしています。すると、思いやりをもってその日を過ごすことができるんです。考え方を1個変えるだけで、次のアクションがポジティブなものになっていく、そんな風に1つ1つ起こる目の前の選択肢を、ポジティブな方向に持っていく練習をするといいと思います。

アンミカ ポジティブ手帳 インタビュー

自分の機嫌は自分で取る

あとは、姿勢を正してポジティブに。姿勢で人の印象はだいぶ変わるんですよ。その上、毎日姿勢をよくしていると、身体中に酸素が巡りやすくなり思考も前向きに!逆に猫背になると、呼吸が浅くなり、自律神経が狂って頭がボーっとしてきてしまいます。

そして、とりあえず口角だけは上げておきましょう。今はマスクをしているから、口角上げの練習はマスクの中で人目を気にせず、いつでもできるはず。そうやって自然と顔の表情が和らぎ、口元が上がると、機嫌よく見えるんです。大人として自分の機嫌を自分で取れる人が、幸せになれる人なんですよ。

めくってHAPPY! アン ミカさんのポジティブアドバイス

↓あわせて読みたい↓

アン ミカ流 HAPPYポジティブアドバイス vol.3|お悩み「人付き合いが下手で、孤独を感じています」
【お悩み】 気が合うママ友がいなくて、孤独を感じています。 人付き合いが下手なのが悩みです。(34歳・1児の母) 待ってるだけでは友達...
アン ミカ流 HAPPYポジティブアドバイス vol.2|お悩み「自分の時間が欲しい」
【お悩み】仕事と家事と子どもの世話に追われて、毎日疲れ切っています。正直、自分の時間が欲しい。 自分の時間を作るためには、どうしたらいいで...

アンミカ流のポジティブ脳になっていく「お守り手帳」発売中!

アン ミカ・著小学館|1980円(税込)

2022年のスケジュール管理はもちろん、天体の動きから運を得るヒントや二十四節気養生法、そしてアンミカさんからの浄化言葉が満載。毎日使って書き込んでいくと、アンミカ流のポジティブ脳になっていく「お守り手帳」です。月間スケジュールは2021年10月から2022年12月まで。週間スケジュールは2022年1月~12月までで、見開き展開(左ページは1週間、右ページは方眼メモスペース)。

記事監修

Profile
アン ミカ
1972年韓国生まれ、大阪府育ち。1993年にパリコレに参加。現在は、飾らないキャラクターで、バラエティ番組を中心にタレントとして活動するほか、コスメやファッション・ジュエリーのプロデュースも手がけるなど幅広く活躍中。
▶︎インスタグラム

撮影/前田晃

編集部おすすめ

関連記事