0~2歳のママは必見!猛暑を乗り切る子育てチェックポイント【乳児保育のプロによるオンラインセミナー】

例年にない早い梅雨明けとなり猛暑が襲う毎日となりました。暑い夏の乳幼児さんの子育ては、熱中症をはじめ、気をつけたいことが多々あります。子どもたちが夏を健やかに楽しく過ごせるように、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。 「保育園では、どのようなことに気をつけて夏の毎日を送っているのか」を乳幼児保育のスペシャリスト・保育園「東京家政大学ナースリールーム」の施設長・工藤佳代子先生にお話を伺いました。

「夏は暑さに負けず元気に!」は、乳幼児にはNG

通年変わらない生活の基本ですが、ナースリールームでは、どうしたら一人ひとりの子どもが安心して健やかに機嫌よく過ごせるかを第一に考えます。

夏は、熱中症や、汗・日焼け・虫刺されなどによる肌のトラブルに気をつけて、子どもたちが快適に過ごせるように、不必要な外出は避け、空調を管理した室内で過ごすようにしています。
涼しい季節には園の周辺をお散歩していますが、暑い時期の日中は、お散歩は控えます。
直射日光を避け、プールに入ったりすることはありますが、多くの時間、お部屋の中でのんびり過ごしたり、体を動かしたり、じっくり取り組めるあそびを楽しんだりしています。

「夏は暑さに負けず元気に!」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、それは小さな子どもたちには全く向いていない、危険なイメージです。
無理をせず大きく体調を崩さないように、夏とうまく付き合うことを一番に考えています。

熱中症予防のための水分補給は、常温で、与えすぎないことを守って

冷たい飲み物は、体を冷やしてしまします。また、一度にたくさんの量を飲みすぎると、それだけでお腹がいっぱいになってしまいますし、胃液が薄まって食欲が低下してしまいます。

夏を乗りきる体力を温存するために、常温の水分をこまめに補給することを心がけています。
3歳くらいになると、自分の水筒を持ち、いつでも飲みたい時に水分をとれるようになってきますが、まだ自分で判断したり、自分の思いを伝えるのが難しい0・1・2歳児には、大人がお水を飲ませてあげたり、飲むように促すことが必要です。

ナースリールームでは、行動の節目節目で子どもたちに「飲む?」と誘うようにしています。
外から帰って来た時、寝て起きた時、シャワーした後、泣いた後、など場面場面で。それから「おしっこ、出ていないな?」という時にも、「お茶いかがですか?」と誘うようにしています。

水分補給の1回の目安は50㏄

子どもは飲みたい時は飲むし、飲まない時は飲まないので、誘ったら必ず飲むわけではありませんが、この方法でこまめな水分補給ができています。
こまめに水分補給ができていると、1回の水分補給は50㏄くらいのことが多く、一気に100㏄を飲むような時はかなり喉が渇いていた状態かもしれません。ナースリールームでは、赤ちゃんには、水分補給の際には哺乳瓶で50㏄を用意しています。

大人の軽い日焼けは、乳幼児にはやけどになることも

皮膚の薄い乳幼児は、大人ならば軽い日焼けをする程度の日差しでも「やけど」をしてしまうことがあるので気をつけなくてはなりません。また、蚊にも要注意。刺されたところを掻きむしってしまい、悪化して「とびひ」になってしまうこともあります。

ナースリールームでは、薄手のカーディガンや、長袖、長ズボンなどの着用により露出を減らすことで子どもたちの肌を守るようにしています。
また、蚊除け対策として、服で隠せない露出面には、手作りの液体タイプの虫除けを塗っています。

虫よけスプレーは、子どもが吸ってしまうのでNG。虫除けパッチは誤飲に注意

スプレーは、シュッとした時に子どもが吸ってしまう恐れがあるため使用を避け、液体タイプのものを手で塗るようにしています。また、虫除けパッチは、赤ちゃんが誤飲し、窒息してしまう恐れがあるので使用しないようにしています。

手作りの虫除けは、とても爽やかなよい香りがします。また、少し冷たいのが気持ち良いのか、子どもたちは嫌がらずに塗らせてくれることが多いです。
簡単に作れますので、市販の虫除けが苦手な方は試していただいても良いかもしれません。使用する際は、どこかに少し塗ってみるなどして、安全を確かめてから使用してください。お肌に合わない場合は使用を控えてください。

ナースリールームで使用している虫除けのレシピ

アロマオイル
(レモングラス) 6滴
(ゼラニウム)  3滴
無水エタノール  5ml
精製水      45ml

※レモングラスをシトロネラに変えてもOKです。
※2週間くらいで使いきれる量を作ることをお勧めします。
※直射日光を避けて冷蔵庫などで保管してください。
※使用する前に試し塗りを行い、安全を確かめてください。

要注意の水遊び。3センチの深さで溺れてしまうことも

 

プールの水が深さ3センチほどでも、子どもは溺れてしまうことがあります。また、水で滑りやすいので、水遊びの際は、とにかく子どもから目を離さないように気をつけています。

水で濡れた場所はとても滑りやすいのです。子どもの頭は体の大きさに対して大人が想像するよりもずっと重いので、プールを少し覗き込むだけでも、頭から水に落ちてしまうことがあります。そのため、プールの中だけではなく、外にいる時も、常に注意しながら見守っています。

水遊びは、ゆったりと水を手で触ったり、すこし水に足を入れたりするだけでも、涼しさを得ながら楽しめる、子どもたちにとって、とても魅力的な遊びの一つです。
子どもたちの安全に気を配りながら、夏ならではの時間を一緒に楽しく過ごしたいものです。

乳児保育のプロが「0~2歳の夏の過ごし方」を伝授!工藤佳代子先生オンラインセミナーが7/11に開催!

 

東京家政大学ナースリールームとは
東京家政大学板橋キャンパス(東京都板橋区)内にある事業所内保育所の機能を備えた認可保育所。木々に囲まれたキャンパスの中、0〜3歳の子どもたちが過ごしています。子ども一人ひとりにていねいに向き合う保育が最大の特徴
生まれて初めて高温多湿の日本の夏に出合う子どもがいます。また、保育園などで、初めて集団での夏を過ごす子どもがいます。「暑さに負けず元気に」という考えではなく、大切なのは、無理せず気持ちよく過ごすことです。0・1・2歳児は、3歳以上児とは違い、熱中症は重度になりがちで、日焼けもやけどになります。そんな知識も実践から伝えます。

●講師:工藤佳代子先生

●7/11(月)19:00~20:30 ※見逃し配信付

●受講料2,200円(税込)

●申込締切2022/7/10(日) 18:00

オンラインセミナーの詳細・お申し込みはこちらをご覧ください

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0268gpfuxaa21.html

教えてくれたのは

工藤佳代子|東京家政大学ナースリールーム施設長

東京家政大学ナースリールーム施設長。東京家政大学を卒業後、保育士として同大学ナースリールームに勤務する。平成31年からは施設長を務める。

執筆を担当した書籍に『2歳児のすべてがわかる!』網野武博・阿部和子 編著(明治図書)(Ⅲ・Ⅴ章)、『子どもと保健 ー理論と実際ー』巷野悟郎・岩田力・前澤眞理子 編著(同文書院)(第4章)、『子どもの保健 ~健康と安全~』岩田力・細井香 編著(光生館)(第5章・第10章①②)などがある。
構成/小野寺裕美 *写真はイメージです。記事内容とは関係ありません

編集部おすすめ

関連記事