りんごの絵本おすすめ7選|名作『りんごかもしれない』『りんごのき』などプロと編集部が厳選!

JPIC読書アドバイザーの児玉ひろ美さんと編集部が、子どもにも読ませたいりんごの絵本を厳選!小学館の児童誌掲載の人気コラムなどからピックアップしました。読み聞かせのコツも合わせてチェック!

読書アドバイザーおすすめのりんごがでてくる絵本

幼い子ども向けだけでなく、6年生に読み聞かせたい貴重な本まで、数あるりんごの絵本の中から児玉先生が選んだ3冊をご紹介します。

【1】『りんご りんご りんご りんご りんご りんご』

安西水丸/著

◆こんな本

赤いりんごと緑の大地。絵のシンプルさが言葉を生かします。「りんご りんご りんご…」は、シンプルに読むほうが音そのものを楽しめます。2005年の出版以来、人気の1冊。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳

『0・1・2歳児の保育』2018年冬号

【2】『くだもの』

平山和子/作 福音館書店

◆こんな本

赤ちゃんのおはなし会は、読み聞かせというより、一緒に絵本をシェアする、という感じです。くし形に切ったスイカが描かれているページでは、9か月くらいで指で種をほじるしぐさをし、りんごが描かれたページでは、フォークに刺さったりんごの絵に、手を伸ばします。緑と紫の美しいぶどうがお皿に盛られたページになると、1歳半くらいで、緑のぶどうの粒をつまむしぐさをします。

◆対象年齢

3歳、4歳、5歳、6歳

『新幼児と保育』2016年4・5月号

【3】『たいせつなこと』

マーガレット・ワイズ・ブラウン/作 レナード・ワイスガード/絵 うちだややこ/訳 フレーベル館

◆おすすめポイント

アメリカでは1949年から読み継がれているロングセラー絵本の『たいせつなこと』。翻訳者のうちだややこさんが甘さを抑えながらも、瑞々しく新鮮な言葉を選んでくださり、私自身もよく6年生に読み聞かせます。

あなたは あなた あかちゃんだった あなたは からだと こころを ふくらませ ちいさな いちにんまえに なりました

これに続く最後の文章が私は大好きで、もう暗唱できるほど何回も読みました。卒業後、中学生になった子どもたちが「前に読んでくれたあの絵本はどれ?」と、図書館に探しにくることも多い1冊なのですが、多くの子が「リンゴは丸い、って本」と記憶しているのが印象的です。子どもたちはそこに共感したのかと、大人の思いと、子どもの思いのズレも楽しく思い出します。

◆対象年齢

0歳、1歳、2歳、3歳、4歳、5歳、6歳

『edu』2016年3・4月号

教えてくれたのは


児玉ひろ美さんさん

JPIC読書アドバイザー 台東区立中央図書館非常勤司書。日本全国を飛び回って、絵本や読み聞かせのすばらしさと上手な読み聞かせのアドバイスを、保育者はじめ親子に広めている。鎌倉女子大学短期大学部非常勤講師など、幅広く活躍。近著に『0~5歳 子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』(小学館)。

編集部おすすめのりんごの絵本

探してみると、りんごをモチーフにした絵本がたくさんありました! そんなたくさんのりんご絵本から、笑える、癒される、ハラハラさせられる、とっておきの4冊をセレクトしました。

【1】『りんごかもしれない』

ヨシタケシンスケ/作 ブロンズ新社

◆こんな本

ある日、男の子が学校から帰ってくると、テーブルの上にリンゴがありました。そのリンゴを見てとある疑問が。「もしかしたらこれは、リンゴじゃないのかもしれない」。小さなひとつの疑問から展開される子どもならではの想像力と不思議な視点に、思わず目が離せなくなります。

リンゴひとつでこんなに笑えるとは!男の子のコントを見ているようで、親子で大盛り上がり間違いなしのオススメの1冊。

【2】『りんごのき』

エドアルド・ペチシカ/作 ヘレナ・ズマトリーコバー/絵 うちだりさこ/訳 福音館書店

◆こんな本

何と言っても絵がかわいいので、読んでいて温かい気持ちになります。普段、何気なく食べているリンゴが、どんな風に育って実になるのか。季節感を感じながらリンゴの成長を描くストーリー。文章は少し長めなので、ゆっくりした夜の読み聞かせにぴったりです。

【3】『りんごです』

川端誠/作 文化出版局

◆こんな本

子どもがリンゴのいろいろな状態を知ることができる「りんごです」。ただりんごを描いているだけでないユーモアのある視点での切り取り方をぜひ楽しんでほしい1冊。姉妹書には「いちごです」「バナナです」もあります。

【4】『りんごころころ』

松谷みよ子/作 とよたかずひこ/絵 童心社

◆こんな本

はなこちゃんとリンゴの木。「だれもりんごをとってくれないの」と泣き出すのは、はなこちゃんではなく、リンゴの木のほう。はなこちゃんがりんごをとってあげて、そこからリズミカルにストーリーが展開します。いろいろな人や動物が登場し、小さい子どもも大好きなリンゴの料理の数々も楽しめるポイントです。はなこちゃんとリンゴの木の喜怒哀楽に、子どもたちは思わず感情移入してしまうハラハラドキドキできる1冊。

編集部おすすめ

関連記事