【恐竜おもちゃ8選】子どもが絶対喜ぶ「クリスマスプレゼント」を恐竜キッズママが厳選!

現在3歳5歳を育児中の母親・ホウボウです。生き物の中でもとくに恐竜・古生物を愛する長男をきっかけに、「全国の恐竜イベントを探せる恐竜メディア」「探究舎」を作りました。こちらでは、そんな筆者が恐竜にまつわる連載をお送りします。 今回の【連載第3回】は、クリスマスプレゼントにぴったりのおもちゃのご紹介です。

恐竜大好きキッズへのプレゼントはどんなものがいい?

恐竜キッズが喜ぶプレゼントには、どのような種類があるでしょうか。

「特別な体験」をプレゼントするなら、

      • 「恐竜イベント」のチケットをプレゼントする
      • 「恐竜に会えるホテル」へを予約して宿泊する
      • 「恐竜を常設展示している博物館」を目的地に旅行、おでかけする
      • お友達や家族と「恐竜に会えるレストラン」に行く

などがありますが、手軽に子どもを喜ばせるには何といっても恐竜のおもちゃがオススメ!

恐竜キッズのママが厳選!絶対喜ばれる【恐竜プレゼント8選】

恐竜おもちゃを選ぶポイントは、大きさ、可動部分、そして造形が子どもの好みかといった点をチェックするのがおすすめです。恐竜キッズの母である筆者が本当におすすめのおもちゃを厳選してご紹介します。

①恐竜のぬいぐるみ・フィギュア「小さい子でも楽しめる定番アイテム」

怖がりなお子さんでも、ぬいぐるみなら小さい年齢から楽しめるので、リアルなフィギュアを購入する前段階としてもおすすめです。息子には3歳頃に購入しましたが、5歳になった今も、かわいがったり、枕元に置いて寝たり、おでかけに持ち歩いたりして大切にしているようです。

恐竜ぬいぐるみ―カロラータ

博物館や恐竜イベントで取り扱いされていることも多いカロラータ社のぬいぐるみは、可愛いらしい中にも、「生物の特徴をリアルに表現する」という視点を大切に作られているのが魅力です。小さなお子さん、優しいデザインがお好みのお子さんにとくにおススメです。

火山大爆発!ダイノアドベンチャー 42564 -シュライヒ

こちらの大火山は、ボタンを押すとマグマが流れるように光り、噴火のごう音に、恐竜が咆哮するなんとも不気味なサウンドが鳴り響きます。また、噴火する煙に見立てたスモークが出てきて(この為に水を入れます)これがなかなか迫力があります!また火山のてっぺんに溶岩を置いてレバーを力強く押すと、溶岩が飛び出す噴火のシーンを再現することができます。火山を研究するためのコンテナも隣接されていて、デッキには恐竜を眠らせる麻酔銃の装備もあります。この麻酔銃は発射して遊ぶことができます。

ダイノリサーチステーション 41462 -シュライヒ

他では見ない、いろいろな機材や装置が充実していて楽しいプレイセット。息子はとくにケーブルウィンチつきの回転式クレーンにはまっていました。これを使って恐竜たちに肉や葉っぱなどの餌を下ろしてやったり、付属の網を引っかけて恐竜を運んでみたり、色々な遊び方ができるのがとても楽しそうでした。

②恐竜のブロックおもちゃ「発想力を育む知育玩具としても◎」

「LEGO(レゴ)」や「LaQ(ラキュー)」に代表される、創造力や発想力を育むのに役立つ知育玩具です。男の子も女の子も楽しめるだけでなく、様々なセットを組み合わせたり、作り変えたりして自由に楽しむことができるのが魅力です。

クリエイターダイナソー 31058 ―レゴ

この箱1つ分のブロックを使うと、ティラノサウルス・トリケラトプス・テロダクティルの3種類の恐竜に作り変えることができる、とてもお得なセットです。ここから、トゲやキバを自分流につけたり、想像の恐竜を作ってみたりと遊び方をいくらでも広げることができ、まさにレゴの醍醐味を味わえるセットです。本当に長く遊べて重宝しています!

ダイナソーワールドディノキングダム ―LaQ

LaQ(ラキュー)は、プラスチック製の7種類の小さなパーツを組み合わせて形を作り上げる、パズルブロックです。公式以外にも、様々な書籍やサイトがあり、それらを参考に色々な恐竜を作ることもできます。慣れてくると、自分だけのオリジナルを作ることもでき、なんと毎月公式HPにてコンテストも開催されています。我が家はいろいろな色のパーツも欲しくなってきたので、新しく出た「ボーナスセット」を購入検討中です。

③ボードゲーム「文字やルールも同時に学べる!」

我が家ではカルタを3歳~、UNOを5歳~導入しました。興味のある恐竜をきっかけにしたことで、「文字」や「ルールを守ってゲームをする感覚」が入りやすかったようです。ボードゲームの体験を通して、「ルールを守る」「(勝ち負けがあっても)感情をコントロールする」「他の人に配慮する」など、様々なことを学べていると感じます。

恐竜かるた―小峰書店

恐竜キッズならみんな大好き、恐竜絵本「トリケラトプスシリーズ」の黒川みつひろさんの恐竜カルタです。このカルタの凄くいいところが、読み札の頭文字と恐竜の頭文字が一致すること。例を挙げると、

  • このかるた→「【た】くましさ あじあでいちばん 【タ】ルボサウルス】」

他にも、「【め】ざといハンターメガロサウルス」「【ち】いさなつのもつ【チ】ンタオサウルス」の調子なので、小さい子どもでも耳と目の両方で、非常に覚えやすいんです。わが子はこのかるたのおかげで、入園前にひらがなを覚えることができ、親も感激しました!

恐竜のUNO-MATEL

こちらのUNOは、1枚1枚、ジュラシックワールドに登場するリアルな恐竜たちが豪華にプリントされています。UNOのルールは、最初に7枚ずつカードを持って、前の人の捨てたカードと同じ数字、または同じ色、または同じ記号のカードを捨てます。最初に自分の持ち札を全て捨てた人が勝ちです。ルールが理解できる5、6歳頃~おすすめです。

④恐竜の絵本「図鑑以外にも素敵な本を贈ってみては」

既に恐竜好きのお子さんなら、図鑑が愛読書というお子さんも多いことでしょう。あえてクリスマスのは、クリスマスにぴったりな恐竜絵本をプレゼントして、クリスマス気分を盛り上げるのもおすすめです。

「きょうりゅうたちのクリスマス」-作:ジェイン・ヨーレン

「恐竜とクリスマス」というなかなかない組み合わせの絵本。リアルな恐竜たちが登場するのにユーモラスで、恐竜好きがちゃんと満足できる絵本です。そしてクリスマスまで毎日読み聞かせするのにとっても楽しい内容で、プレゼントにもぴったりです。「世界中の可愛いきょうりゅうたちが楽しいクリスマスを過ごせますように」という子どもたちへのメッセージがとても素敵です。

ほかにも恐竜の絵本はこちらをチェック!

感動、笑える、飛び出す!恐竜絵本、人気の6冊をプロが厳選!
特に男の子から絶大な人気を誇る「恐竜」。おもしろおかしく描かれた恐竜絵本シリーズから、恐竜の歴史が学べる飛び出す絵本まで、誰もが楽しめる内容...

良質な恐竜おもちゃで、恐竜の世界を楽しもう!

子どもが自分で考え自由に遊べる、良質な恐竜のおもちゃをご紹介しました。ぜひ家族で恐竜の世界を楽しんでくださいね。

【ホウボウ。/プロフィール】
5歳息子、3歳娘の母親です。

コロナ禍の子育てを通して、当たり前だった「体験ができること」の大切さとありがたみ、そして「子どもの興味のきっかけは心動く体験だ」と強く感じました。そこで、生き物の中でもとくに恐竜・古生物を愛する長男をきっかけに、「全国の恐竜イベントを探せる恐竜メディア」探究舎https://hnmamablog.com/を制作、運営中。2022年8月月間19万pv超達成。

InstagramTwitterでは最新の恐竜イベント関連情報を発信しています。

編集部おすすめ

関連記事