【今どきの子供の水筒事情リサーチ】ママに人気は「軽い、ストロー式、魔法瓶タイプ」。

暑さも日に日に増してきたこの時期、お散歩や外遊びに欠かせないが水筒。3歳男の子をもつ現役ママライターが、インスタグラムや市場で話題になっている水筒をリサーチ。ストロー式、魔法瓶タイプ、大人気のサーモスや手作りレザーストラップまで、特に1歳,2歳,3歳ごろの子供におすすめの、デザイン性、機能性を兼ね備えた今すぐ使える旬の水筒たちをご紹介します!

軽い!おしゃれ!子供の水筒デビューはストロー式サーモマグで

1歳,2歳にもおすすめの「サーモマグ アニマルボトル」

動物をモチーフにした、なんともいえないかわいさの「サーモマグ アニマルボトル」。

口の部分を持ち上げると、中からストロー式の飲み口がでてくるので、水筒デビューをする1、2歳ぐらいの子供におすすめです!

保冷効果もありながら布製の本体カバーもついているので、バッグの中に入れていたら水滴でほかのものがびしょぬれ…なんとこともありません。

また飲み口のストロー部分は、パーツだけも販売されているので、いつまでも清潔感が保てるのもうれしいポイント♪

我が息子も1歳のころから愛用していたこのボトル。とにかく見た目がかわいいので、息子も大喜びで、ボトルで飲み物をたくさん飲んでくれました。

周りのママたちにも大人気で、中には種類違いで2,3本まとめて買っていた人もいましたよ!

 

thermo mug(サーモマグ) アニマルボトル ホワイト(ポーラーベア)

サーモマグ アニマルボトル (ストローボトル) 380ml ピンク(ブタ)

2歳,3歳の子供を持つママに圧倒的支持をうけるのは魔法瓶、ストロー式の水筒

子供の水筒ランキング、ナンバーワンは象印の「サーモス」!

今回のリサーチをしていて、圧倒的に強さを見せたのが、ワンタッチで、保冷効果があって、飲み口がストローで…というママたちのわがままな要望を叶えてくれる象印「サーモス 真空断熱ストローボトル ワンタッチ」。我が家でも直飲みがまだまだ苦手な2歳から愛用し始め、3歳になった今でも大活用です。

なんといっても魅力はサーモスならではの高い保冷力!軽量のステンレス魔法びん構造なので、お手入れも簡単で、衛生的にも優れており、保育園や幼稚園などの通園用にもおすすめです。

また、飲み口開栓時の水滴飛び散り防止機能、子供の肩に優しいショルダーパッド付きポーチ、ポーチと本体部分には名前を書けるフリースペース付きと、とにかく子供の行動に合わせたハイスペックさに親もメロメロ。私の周りでは、所持率100%じゃないか!?、というぐらい、みんな持っています。

ミッフィーなど、キャラクターデザインの「サーモス」も種類豊富です。

サーモス 真空断熱ストローボトル 【ワンタッチ】 400ml ミッフィー イエローフラワー FHL-401FB YF

インスタで話題!シンプル派ママたちに話題の子供用「レザー水筒ストラップ」

「おしゃれだなぁ」と私もチェックしていたのが、インスタグラム上のおしゃれママ&キッズたちが持っていたこの「レザー水筒ストラップ」。

その魅力はなんと言っても、シンプルなデザイン。普通のペットボトルでも、このストラップをつけるだけでおしゃれアイテムへと早変わり。柔らかなレザー素材のものを選べば、子供が肩にかけるときも便利ですよね。

市販のものではレザーの素材は固いものから柔らかいものまでさまざまなようで、中にはハンドメイドのものを愛用している人もみられました。

水筒もファッションの一部!なんて今まで思いもしませんでしたが、このストラップならバッグ代わりに持たせてもいいし、お出かけ時間が今より数倍楽しくなる予感です。

おしゃれママたちから水筒ストラップ人気が拡散!

THREAD-LINE(スレッドライン)|水筒ベルト 牛革ポットホルダー スタンレー0.47Lボトル専用 生成 80g 日本製 20-0774

※ユーザーは大人用アイテムをアレンジして使っています。

たかが水筒、されど水筒。毎日使うものだから、年齢や成長に合わせてしっかり吟味したいもの。これからの季節のお出かけが少しでも楽しくなるように、ぜひおすすめの水筒たちを使ってみてくださいね。

ママたちの絵本収納アイデア大公開!手作りから100均、無印良品アイテムの使い方に脱帽
インスタグラム上に「#1日1冊育児」というハッシュタグがあるぐらい、子供には毎日でも読んであげたい絵本。でも、サイズや厚さがバラバラの絵本の...
パンにおにぎり、おやつにも!『小学一年生』5月号付録ドラえもん「アンキパンメーカー」がすごい!
もはや芸術!?小一キッズ&ママたちの名作暗記パンをご覧ください 食パンに暗記したいものを写して食べると簡単に覚えることができる、という夢の...

ライター平松尚子

編集部おすすめ

関連記事