ボタンのおもちゃで、一人でお着替えの難関ポイント【ボタン掛け】を練習しよう!

一人での着替えの際に、子どもが難しいと感じる「ボタン掛け」。今回は、その悩みを楽しく解決できる「ボタン掛けおもちゃ」のご紹介です。このほかに、ボタン掛けのポイントや、簡単にできる手作りの方法もご紹介。子どもの入園前にボタン掛けを練習しておきたいというママパパも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ボタン掛けができるようにおもちゃで練習しよう

着替えの場面に出てくる「ボタン掛け」。子どもにも、いつか一人でできるようになってほしいと思うママパパもいるのではないでしょうか。では早速、気になるポイントについて見ていきましょう。

ボタン掛けの練習はいつから?

ボタン掛けの練習は、手先が発達する3~4歳ごろがおすすめです。このころになると、一人での着替えもできるようになり、ボタンの掛け外しに興味を持つお子さんもいるでしょう。ボタン掛けは、年齢に達していなくても、興味があれば何歳からでも始められます。2歳ごろになると「自分でやりたい」という意思が出てくるようになるので、タイミングを見ながら始めてみるのもいいですね。

ボタン掛けの練習方法は?

実際に服で練習するのではなく、おもちゃなどで遊びながら学べば、楽しく練習ができるでしょう。専用のおもちゃを使ったり、ボタンのある人形の服でごっこ遊びをしたり、遊びを通して自然に身に付くようにするのがおすすめです。裁縫が得意な方は、お子さんの好きな形で、おもちゃを手作りしてみてもいいですね。お子さんがワクワクするような仕掛けがあると、楽しみながら練習できますよ。

ボタン掛けの練習時のコツは?

まずはしっかりとボタンをつまみ、穴にボタンをくぐらせる動作がポイントになってきます。胸元のボタンを留める動作は、指先を使って小銭をつまみ、自販機などの細い投入口に小銭を入れる指先の動作に似ています。こういった簡単な動作から順番に練習していけば、より感覚をつかみやすくなります。

では、一例として手軽な練習法を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

【ステップ1】穴に通す感覚をつかむ

手持ちのフェルトなどに縦に切り込みを入れたものと、おもちゃのコインを用意します。左手の指先でしっかりフェルトをつかんだら、右手の指先でコインをつまみ、穴の中に落とします。コインを穴に落とすだけなら、受け渡しの動作が必要ないので、成功しやすいですよ。

【ステップ2】受け渡しの感覚をつかむ

今度は、穴の下に左手の人指し指の腹が当たるよう布をつまみ、右手の指先で、左手の指の腹に当たるように穴にコインを通してみましょう。指の腹に当たったら、右手の指先でしっかり押し出し、左手の指先でコインをしっかりつかみ、引き抜きます。この「指の腹にコインが当たったら、つまんで引き抜く」という感覚が、受け渡しの成功のポイントです。

利き手に関係なく、左右両方の指先でチャレンジしておくと、実際の着替えの場面で役立ちます。この感覚が分かるようになってからボタンで練習すると、上手くいきやすいですよ。

ボタン掛け練習ができるおもちゃ3選

手作りもできるボタン掛けのおもちゃですが、毎日忙しくて作る時間がない、裁縫が苦手で…という方は、気軽に購入できる市販のものがおすすめです。手作りの温かみを感じるものや、お出かけにも便利な、さまざまな機能がついたものもあるので、お子さんが楽しく遊べるものを選ぶといいですよ。

つなげて遊びながら学べる!ボタンをとめる練習【いもむしくん】 – ハッピークローバー


にこっと笑った顔が可愛らしい、カラフルな「いもむしくん」のボタン掛けおもちゃです。いもむしくんの笑顔が付いたフェルトを含む、合計10枚の色違いのフェルトをボタンで繋ぎ、楽しみながらボタン掛けの練習ができます。こちらは安心の完全日本製。繰り返し使えるよう二枚重ねで頑丈に作られているので、長く使えるところが特徴です。繋げば繋ぐほど長くなり、自分の好きな色で自由に組み合わせができるので、お子さんが達成感を味わいやすいところもポイント! 親子で遊べば「今度は何色にしようか?」と自然に会話も弾みそうですね。

ふわふわトーイ はじめてのぼうけん – エド・インター


ボタン掛けのほかに、リボン結びやファスナーの開閉など、生活に必要な動作を楽しく練習できる布絵本です。絵本を開けば、目の前にカラフルな世界が広がり、可愛らしい動物たちがお子さんを迎えてくれます。動物の数を数えたり、ストーリーを考えてごっこ遊びをしたり、さまざまな遊び方でも楽しめます。ハンドル付きでお出かけにも便利。遊んでいるうちに、気が付いたらボタン掛けもできるようになっていた!という声も聞こえてきそうです。対象年齢は1.5歳以上。

ボタンをとめる練習 手作りフェルト教材【電車】 – ハッピークローバー


こちらは、電車の形が楽しい、男の子に大人気のボタン掛けおもちゃです。ボタンで繋げば電車を連結でき、乗り物が大好きなお子さんも、ワクワク楽しみながら練習できそう!二枚重ねで頑丈に作られているので、ダイナミックにおもちゃで遊ぶお子さんもこれなら安心。こちらも安心の完全日本製。電車を繋いだ後は、ガーランドのように、部屋に飾っても良さそうです。飾った作品をママパパに褒めてもらえれば、お子さんもボタン掛けの自信が付きそうですね。

100均の材料で子どもの好みに合わせて作ることもできる

ボタン掛けのおもちゃは、100均の材料と道具さえあれば、簡単に作ることができます。自分でも作ってみたい!という方のために作り方を簡単に紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

おさかなのボタンおもちゃの作り方

【材料・道具】
フェルト、ボタン、針と糸、はさみ(裁ちばさみがあるとベスト)

【作り方】
1.魚の形になるよう型紙を作り、型紙に合わせて印を付けたらフェルトをカットする。
2.2枚を重ね周囲を縫い、目の部分にボタンを縫い付ける。
3.しっぽの真ん中に、はさみで縦に切りこみを入れたらできあがり。

【ポイント】
・フェルトの素材によっては、引っ張ると伸びてしまうものがあるので、二枚重ねで作るのがおすすめ
・型紙を写した後は、先にボタンを付け、周囲を縫ってからカットするときれいに仕上がる
・ミシンを使えば、より丈夫で丁寧に仕上がる

このほかにも、花や動物など、お子さんの好きな形で作ってみてもいいですね。

子どもが興味を持つタイミングで与えてみよう

「自分でできた!」を楽しく体験できるボタン掛けおもちゃ。生活に必要な動作の練習も、遊びを通して楽しい成功体験にしてしまえば、お子さんの「もっとやってみたい!」という意欲へと繋がっていきます。ボタン掛けは年齢に関係なく、お子さんが自分から「やりたい!」と思ったときがチャレンジどき。ぜひ楽しい成功体験ができるよう、お子さんに合ったおもちゃを見つけてみてくださいね。

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事