「ウイルス性胃腸炎」ってどんな病気?症状や治療法、家庭で処理する際の注意点を解説【小児科医・金井正樹先生監修】

子どものウイルス性胃腸炎の原因や対処法、予防法などを小児科医の金井正樹先生にお聞きしました。

同じ園に通う子が、「ウイルス性胃腸炎」にかかりました。症状や対処法、予防に役立つことを教えてください。

ウイルス性胃腸炎ってどんな病気?

下痢やおう吐が見られますが、数日で回復します

「ウイルス性胃腸炎」とは、ウイルス感染によって胃や腸に炎症が起こる病気の総称です。冬に多く見られるのは、ノロウイルスやロタウイルスによるものです。

症状は?

おもな症状は、急なおう吐や下痢。発熱や腹痛が起こることもあり、感染したウイルスの種類によっては、便が白っぽくなることもあります。

ロタウイルスに感染したら、保育園はいつから登園可能?出席停止日数や治療・対処法を解説
胃腸炎の代表格ノロウイルスやロタウイルスは、最近季節を問わずかかる病気になり、我が子がいつかかるかと戦々恐々している家庭も多いのでは...

病院ではどんな治療をする?

ウイルスが原因の病気に特効薬はないので、ウイルスの種類を調べる検査は行わないことがほとんどです。治療の基本は、自宅で水分補給をしながら安静にし、回復を待つこと。通常、症状は数日で治まります。

家庭で気をつけることは?

おう吐や下痢によって水分が失われるので、少量ずつこまめに水分補給を。食事がとれない場合は、市販の「経口補水液」を利用します。経口補水液は、水分を効率よく吸収できるように成分が調整されたもので、スポーツドリンクとは塩分や糖分の濃度が異なります。

食欲があるなら、食事は消化のよいものを。食べものから塩分や糖分をとることができるので、水分補給は湯冷ましや麦茶などで行いましょう。

ノロウイルスから家族を守るには? “嘔吐した”“下痢が漏れた”ときの正しい処理を完全解説! 
冬、子どもの病気で多いのがウイルス性胃腸炎です。とくにノロウイルスは、非常に感染力が強く、子どもからママやパパにうつるケースが少なくありませ...

排泄物などの処理はどうする?

ウイルス性胃腸炎は排泄物や吐いたものからもうつるので、家族への感染を防ぐために正しく処理しましょう。

①使い捨ての手袋とマスクをつけ、エプロンなどで服を覆う。

②水1リットルに台所用の塩素系除菌・漂白剤20ミリリットルを加える。

③ ペーパータオルで、汚物を外側から内側へ集めるようにして取り除く。

④別のペーパータオルを②に浸し、汚れた部分とその周りを拭く。

⑤使ったペーパータオルとマスク、手袋はポリ袋に入れ、密封して捨てる。 処理をすませたら、流水と石けんでていねいに手を洗いましょう。エプロン(汚れがついていない場合)は、他のものと分けて洗濯します。

汚れた衣類の洗濯はどうする?

衣類に排泄物などがついた場合は、次のどちらかの方法で消毒してから、他の衣類と分けて洗濯します。

①耐熱性の高いポリ袋に入れて85度以上のお湯を注いで1分ほどおく。

②薄めた塩素系漂白剤に浸す(色落ちすることがあるので注意する)。

ワクチンで予防できるって本当?

ロタウイルスにはワクチンがありますが、初回の接種を生後14週6日までに受ける必要があり、この時期を逃すと接種することはできません。ロタウイルスのワクチンは任意接種のため、原則として費用は自己負担です。また、ロタウイルスにはいくつかの「型」があります。そのため、ワクチンを受けていても感染する可能性があります。

予防のために気をつけることは?

原因となるウイルスは、食べもののほか、「手」を介して体内に入ります。
そのため、予防にはこまめな手洗いが有効。外から帰ったときや食事の前には、必ず流水と石けんで手を洗います。胃腸炎の原因となるウイルスには、アルコール消毒は効果がありません。

ウイルスと細菌の違いは?RS、ノロ、ロタなど冬に気をつけたい感染症を解説
病気の原因に、よくウイルスと細菌があげられますが、何が違うのですか? ウイルスと細菌は違います ウイルス性は抗生物質が効かな...

記事監修

東京都八王子市・金井内科医院院長
金井正樹先生

(「国立小児病院」、米国の小児病院などで小児外科の臨床・研究を行い、2008年より現職。診療科目は内科、小児科、小児外科、外科。保育園の園医、小・中学校の校医も務める。)

『めばえ』2019年12月号 イラスト/小泉直子 構成/野口久美子

編集部おすすめ

関連記事