みんな大好き♡ピノの「ピノガチャ」⁉ 親子で楽しく作れちゃう! ピノのスペシャルイベントレポートも!

PR/森永乳業

一粒を口に入れた瞬間、コク深いチョコレートと甘〜いアイスが溶け出し、やみつきになるおいしさのピノ。子どもから大人まで幅広い世代に大人気です! 11月1日に発売された『幼稚園』では、なんと!「ピノ  チョコアソート」のパッケージそっくりのカプセルトイ機が付録に(通称”付録ピノガチャ”)。さらに、期間限定で販売されている「ピノ アソート(ピノガチャパッケージ)」シリーズのパッケージでもとってもかわいい「ピノガチャ」が作れるんです(通称”本物ピノガチャ”)。

2つのピノガチャ作りを工作が大好きなHugKumママ&キッズが体験! 11月4日に池袋サンシャインで開催された「ピノガチャ」スペシャルイベントにも参加してきました。内容盛りだくさんで楽しいイベントの様子もレポートします!

まずは『幼稚園』”付録ピノガチャ”を作ってみた!

◆体験したのは…

楠見純子さん、碧くん(5才)

最近サッカーを始めたばかりという穏やかボーイの碧くんと、子ども服のwebショップを運営するママ。お絵かきや工作は、小学3年生のお姉ちゃんも交えて、普段からよくやっているんだとか。

毎号、話題の付録がつき、売り切れも続出している『幼稚園』。12月号の付録は「ピノ チョコアソート」のパッケージがカプセルトイ機になったとってもかわいいアイテム!この”付録ピノガチャ”、おなじみの赤のドット柄パッケージに、よく見ると成分表までしっかり再現されていて、まるで本物のパッケージのよう!!中に入れるおもちゃピノも組み立てて、本物と同じデザインのビニールにINして遊びます。

親子で協力して組み立てます!

この段階では、どんな形が出来上がるのかまだ想像できていない碧くんは、ママと分担しながら、器用に厚紙を点線に沿って切っていきます。「ピノ・チョコのふた」など、どこの部分なのかがひらがなで書かれていたり、はめ込み先と受け口に同じ番号がふってあったりと、5才児でも理解しやすいようたくさんの工夫がされています。

約1時間ほどで”付録ピノガチャ”が完成!

台紙を切り離したり、はめこんだり、親子で協力してついに完成! 話しながらのんびりと制作して約1時間ほどかかりました。「”付録ピノガチャ”の中に入れるおもちゃピノを作るのは、けっこう細かい作業なので、思わず無言になってしまいました(笑)」とママ。見た目もかわいく、お部屋に置いておいてもおしゃれですね。

おもちゃピノを中に入れてみよう!

自分で組み立てて袋詰めしたおもちゃピノを”付録ピノガチャ”の中にIN!入れ口がガバッと大きいので2個一緒に入れても大丈夫! ちなみに、なんとこの付録、本物のピノアイス(個包装)を入れても楽しめるんです。その際はアイスが溶けないよう注意して楽しんでくださいね。

クルクル回したら「あ!出てきたー!!」

ピノの形をしたつまみをクルクルと回すと「出てきたー!」と大喜びの碧くん。大好きな青色のピノが出てくるまで続けてクルクル。回している感触もしっかりあって、”付録ピノガチャ”を満喫していました。「これが家にあったら、外でカプセルトイをねだられなくなるかも?(笑)」とママは淡い期待を……!

ピノの「ピノ チョコアソート(ピノガチャパッケージ)」でも「ピノガチャ」が作れるんです!

「ピノガチャ」が作れる「ピノ チョコアソート(ピノガチャパッケージ)」が数量限定で現在発売中! 黄色い「ピノガチャ」マークが付いた同じ「ピノ アソート(ピノガチャパッケージ)」シリーズのパッケージを2つ使用して本物の「ピノガチャ」を作ることができます。

「ピノ チョコアソート(ピノガチャパッケージ)」で”本物ピノガチャ”を制作!

用意したのは”本物ピノガチャ”が作れる数量限定の「ピノ チョコアソート(ピノガチャパッケージ)」(2個)、はさみ、カッター、テープ、定規、カッターマット。まず「ピノ チョコアソート(ピノガチャパッケージ)」を2つとも開きます。箱の中面に作り方が載っているので、作り方に沿って制作しましょう。対象年齢は13才以上なので、はさみなどを使うときは、必ず大人の立ち会いのもとに行ってください。

親子で力を合わせて”本物ピノガチャ”完成!!

「”本物ピノガチャ”の回す部分を丸く切り取ったり、切れ込みを入れたり、細かい作業が多かったけど、楽しくて集中できました」と感想を語るママ。碧くんもはさみを使ったり、「たにおり、やまおり」と言いながら奮闘するなど、とっても充実した時間を過ごしているようでした。

ピノアイスを入れて”本物ピノガチャ”に挑戦!

冷凍庫に入れておいたピノアイスを”本物ピノガチャ”に入れて、いざスタート! 3種類入れて、「何色が出るかな~?」と楽しんでいる碧くん。”付録ピノガチャ”同様、しっかり回している感覚もあって大満足。お友達が遊びに来たときのおやつタイムに出したら盛り上がること間違いなしです!

この黄色い「ピノガチャ」マークが”本物ピノガチャ”を作れる箱の目印です

箱にこのマークがあるものは、2個あれば”本物ピノガチャ”を作ることができます。買う時の目印にしてみて!

期間限定発売の「ピノ ショートケーキアソート」もチェック!

すべていちごチョコでコーティングされたバニラ、ストロベリー、ミルクティーの3味が入った「ピノ ショートケーキアソート」は、まるでケーキを食べながらティータイムを楽しんでいるような組み合わせ。定番バニラはもちろん、ほんのり酸味のあるいちご、香りのいいミルクティーと、バリエ-ションに富んだNEWフレーバーをぜひお試しあれ!

「ピノ ショートケーキアソート」でも”本物ピノガチャ”が作れます

「ピノ ショートケーキアソート」の箱でも”本物ピノガチャ”を作ることができます。赤いパッケージとはまた雰囲気が違い、かわいらしい印象♡

ピノのスペシャルイベントにも行ってきました!

11月4日に池袋サンシャインシティ アルパB1「噴水広場」で行われたイベントにも参加してきました。この日のイベントには碧くんのお姉ちゃん・凪ちゃん(8才)も同行。2人が大好きなピノをめいいっぱい楽しめるイベントとあって、会場に着いた瞬間から大興奮!

巨大「ピノガチャ」を姉弟で回しました!

来場者のみんなが注目していたのは、回すと本物のピノが出 てくるという夢のような巨大「ピノガチャ」。碧くんと凪ちゃんも意気揚々とチャレンジしました。車のハンドルよりもはるかに大きいつまみ部分を2人で回し、巨大「ピノガチャ」を楽しみました。さて、何の味が出てくるかな?

クルクルと回すとピノアイスが!どんなフレーバーかはお楽しみ♡

碧くんはアーモンド味とミルクティー味、凪ちゃんはアーモンド味とストロベリー味をGET! 初めて食べる期間限定フレーバーに興奮気味で、早速いただきま~すとパクッ。「おいしいー!」と大喜びでした。ママに「今度おやつで買おうね」と言われて、さらに嬉しそうな表情を浮かべる2人でした。

中サイズの「ピノガチャ」体験も!

会場には巨大「ピノガチャ」の他に、中サイズの「ピノガチャ」体験もありました。つまみ部分を回すときのワクワク感は、子どもたちにとってスペシャルなものですね。

クラフトコーナーで「ピノガチャ」作り

イベントにはイベント限定「ピノガチャ」を作れるクラフトブースもありました。一度作ったことのある碧くんは得意げな表情で作り進めます。小学校3年生のお姉ちゃんも、集中して制作!巨大「ピノガチャ」を回すコーナーも賑わっていましたが、実際にイベント限定「ピノガチャ」をつくることができるクラフトコーナーも大盛況でした。

ピノを楽しみつくして「ハイ、チーズ!」

お姉ちゃんはほぼ一人で作ることができたイベント限定「ピノガチャ」。碧くんも、”付録ピノガチャ”を作った経験があるからか、短時間で制作完了! 体験から制作、おいしい味見まで、ピノを思いっきり楽しんだ楠見さん親子。大満足の表情でイベントを後にしました。

食べて楽しんで、2度おいしいピノ

手軽に食べられて、おいしいピノはおやつの定番。なじみのあるパッケージなら、より盛り上がります。子どもから大人まで、みんなに愛されるピノを食べて、楽しみ尽くしましょう!

 

「ピノガチャ」の詳しい情報はこちら!

撮影/廣江雅美 文・構成/本間綾