「重たいからムリ!」「赤ちゃんじゃないんだから!」は言ってはいけないの?【井桁容子先生監修/口グセ言い換えノート】

「(その場で抱きしめて)具合が悪い?」 がOK!

頭ごなしの拒否を示す前に、まずは気持ちに寄り添って

心身のSOSかもしれませんね。わがままと決めつけず、受けとめる言葉を伝えましょう。自分の気持ちを受けとめてもらえた体験は、人の気持ちも理解できる子に育てます。荷物が重いとき、下の子もいるときなど、物理的に難しいときは「帰ったら、いっぱい抱っこするね」などと話すと気持ちが落ち着きます。また、「次の電信柱まで、しりとりをしながら行ってみようか?」などユーモアを交えながら発想の転換をしてあげるのもいいですね。

記事監修

乳幼児教育保育実践研究家、非営利団体コドモノミカタ代表理事。
井桁容子先生

乳幼児教育保育実践研究家、非営利団体コドモノミカタ代表理事。東京家政大学短期大学部保育科を卒業。東京家政大学ナースリールーム主任、東京家政大学・同短期大学部非常勤講師を42年務める。著書に「保育でつむぐ 子どもと親のいい関係」(小学館)など。

『イライラをぶつけない ママの口グセ言い換えBOOK』edu 別冊ふろく
取材・文/井尾淳子、齋藤美和 編集/井尾淳子 再構成/HugKum編集部

【井桁容子先生監修/口グセ言い換えノート】記事一覧
子育て中のパパママは家事に育児に仕事にフル回転。そんなめいっぱいの精神状態の日々で、子どものあんな言葉やこんな態度に、つい口グセとな...

編集部おすすめ

関連記事