産婦人科医・宋美玄先生に聞く「初潮・生理のこと、家庭でどう伝える? 」

女の子の親なら、お子さんと生理について話す時がいつかはくるもの。デリケートな話題だからこそ、どんなことをどのように話してあげればいいのか、しっかりと考えた上で向き合ってあげたいですよね。
今回はお子さんの初潮を間近に控えるご家庭向けに、実際にお子さんが初潮を迎えたときに活用できる会話のサンプルや、事前に知らせておきたい生理の知識ご紹介します。

『生理だいじょうぶブック』でおさらい! 親として知っておきたい生理のこと

だいたい10〜14才頃からはじまる生理。その年頃のお子さんのいるママなら、ご自身の生理とは長い間向き合ってきたはず。けれども、生理についての知識、お子さんに正しくしっかりと説明できますか? 親として知っておきたい生理のこと。お子さんの初潮に備えて、今一度おさらいしておきたいものです。

生理のことを楽しく学べる『生理だいじょうぶブック』

そんなご家庭におすすめの本が、科学的に正しい生理の知識が満載の『産婦人科医宋美玄先生の生理だいじょうぶブック』
日本でもっとも有名な産婦人科医・宋美玄先生が小学校中学年~中学生の女の子に向けて、生理のことを「楽しく」「わかりやすく」教えてくれる一冊です。
親がお子さんに生理のことを伝える際の手助けにもなってくれるはず。

娘が初潮を迎えたら…どんな会話で生理のことを伝えるべき?

では、いざお子さんが初潮を迎えたとき、どんな会話でどんなふうに生理のことを教えてあげればよいのでしょうか?
以下では『生理だいじょうぶブック』本誌より、お子さんが初潮を迎えた際の親子のやりとりに活用できる会話のサンプルを抜粋しご紹介いたします。


『産婦人科医宋美玄先生の生理だいじょうぶブック』より

チカ

私が生理になるのってまだまだ先だと思っていたから、パンツに血がついているのを見てビックリしたよ~。

 先生

チカちゃんのお友達の中には、もう生理がはじまっている子もいるよね。どうしてまだまだ先だと思ったの?

 チカ

うーん……。胸が大きい子とか背が高い子とか、大人っぽい子がなっているイメージだったから、なんとなく私はまだかなーって。

 先生

たしかに、胸がふくらんでくるっていうのは、もうすぐ生理になるっていうサインだね。体脂肪が増えて体型がふっくらしてきたり、アンダーヘアが生えてきたりするのも、生理が近づいているときの体の変化の特徴よ。胸にしこりみたいなものができて痛くなったり、オリモノが出たりすることもあるの。

 チカ

いわれてみれば、少し胸がふくらんできていたような気もするけど……。でも、自分の体型の変化に気づくのってむずかしい。毎日少しずつ変わるからわかりにくいし、昨日食べ過ぎたせいで太っちゃったのかな~とか思っちゃう。
人と比べるにしても、生理になったお友達の胸をじろじろ見て「私も同じくらい大きくなっているかも」とチェックするのは、なんだかはずかしいよ。

 先生

そうだよね。しかも、こうしたサインが出てすぐに生理になるとは限らなくて、一年くらいサインが続いてからようやくはじまる人もいるの。
人それぞれだから判断がむずかしいけど、なんとなく「そろそろかも」と思ったら、念のためにナプキンをもち歩くといいよ。

 チカ

そっかぁ。でも、ナプキンをもっていたとしても、急にドバッと血が出て洋服をよごしちゃったらイヤだなぁ。

 先生

初潮と呼ばれるはじめての生理の場合は、茶色いオリモノっぽい感じで、あまりたくさん血が出ないことが多いけど、それも人それぞれなんだよね。
心配だなと思ったら、まだ生理になっていなくてもナプキンをつけておくのも手だよ。いざという時に安心だし、予行演習にもなるしね。

 チカ

なるほど~。そうしておけば、突然の生理にもあわてず対応できるかも。「私はまだかな」と思っていても、早めに準備をしておけばいいんだね。

——————————————-

初潮を迎えたばかりの女の子は、多かれ少なかれ戸惑ってしまうもの。生理は身体が大人になろうとしている証であり恥ずかしいことではないということ、そして、ナプキンの扱い方など、生理と今後付き合っていく上での具体的な準備や注意しておきたいことを教えてあげましょう。

初潮を迎える前に…事前に知らせておきたい生理の知識

お子さんの心の準備のためにも、生理についての最低限の知識は初潮を迎えるまでに知らせておいてあげましょう。
以下では、『生理だいじょうぶブック』から、事前に知らせておきたい生理の知識がコミックにまとめられている章を抜粋しご紹介します。ぜひ、お子さんに話す際の参考にしてくださいね。

マンガ/あべさより『産婦人科医宋美玄先生の生理だいじょうぶブック』

 

ママは頼りがいある生理の先輩。お子さんに寄り添いながらアドバイスを

生理は身体が大人になろうとしている成長の証。初潮が早かったり、遅かったりすると不安に思うお子さんも多いことでしょう。お子さんが戸惑っていたとき、同性の親であるママは頼りがいある生理の先輩として寄り添い、相談に乗ってあげましょう。
また父親のシングル家庭や、お子さんとのコミュニケーションで伝え方や知識に不安がある場合にも、『産婦人科医宋美玄先生の生理だいじょうぶブック』が助けになってくれるはず。

記事監修

宋美玄

産婦人科女医 医学博士・性科学者。日本周産期・新生児学会会員。日本性科学会会員。『女医が教える本当に気持ちいいセックス』(ブックマン社)が50万部超の大ヒット。現在は、産婦人科医としての仕事を主軸に、メディアなどでも活躍。フジテレビ「とくダネ!」木曜日レギュラーコメンテーター。

監修:宋 美玄小学館本体1100円+税

日本でもっとも有名な産婦人科医・宋美玄先生が正しい生理の知識を教授。小学校中学年〜中学生の女の子に向けて、科学的・中立に、そして楽しくわかりやすく生理のことを教えてくれる一冊です。大人でも知らなかったような生理に関する詳しい情報が満載なのに、コミック&会話形式で描かれているのでスラスラと読めちゃいます。これさえ読めば、はじめての生理がいつきてもだいじょうぶ。

構成・文/羽吹理美

編集部おすすめ

関連記事