憂鬱なママ友パパ友トラブル。アンケートを元にリアルな体験談や納得の回避策をご紹介!

子どもをきっかけに広がる「ママ友」「パパ友」のネットワーク。子どもが幼稚園や保育園に入園すると輪がグッと広くなり、気が合う人もいれば、合わない人も出てきますよね。時にはトラブルに発展することもあり、憂鬱な経験をしたことのあるパパママもいるようです。実際、どんなトラブルがあるのでしょうか。HugKumが実施したアンケートからリアルな体験談をご紹介します。

ママ友やパパ友とトラブル…経験者はどれくらい?

これまでに、ママ友パパ友トラブルを経験したことがあるか、アンケートを実施しました。その結果は?

Q.ママ友(パパ友)とトラブルを経験したことはありますか?

大多数の方は経験がないものの、2割弱の方がトラブルを経験したことがあるという結果に。子どもが手を離れるまで、PTA、習い事などあらゆるコミュニティに接すると考えると、身近に起こっても不思議ではなさそうです。

体験談①:幼稚園のママ友(パパ友)同士の悪口から子どもを巻き込むことに!

「幼稚園の時、他のママの悪口を聞かされ、嫌な気持ちになり、やや一線をひいて付き合った。結局子どもも巻き込むことになった。」 (40代・埼玉県・子ども2人)

保育園と比べて幼稚園は保護者同士のつながりが多く、中には悪口を言う方もいますよね。自分は加担しないという姿勢は正しいのに、子どもに影響が出たのはつらいですね。

対処法:透明人間だと思ってやり過ごす

「最初は相手の態度にショックをうけたが、次第に相手を透明人間だと思い完全無視して卒園。ただ、次中学で再会するでしょう。依然として透明人間だと思いやり過ごします。」 (40代・埼玉県・子ども2人)

中学生になる頃には、子どもの付き合いに親が顔を出す機会も減ってきます。 透明人間だと思ってやり過ごす方法、参考になりそうです!

体験談②:自分の陰口を言われていることを知ってしまった

「境遇や生活が似ていて、勝手に敵対心を持たれていて、陰口を言われいた 」(20代・大阪府・子ども2人)

妬みと嫉みはどんな社会でも起こりうるトラブル要因。子どもを育てていると成長や学力の差がトリガーになることも。

対処法:同じ土俵に立たずに関係を断つ

「縁を切り、今は関係を持ってません」 (20代・大阪府・子ども2人)

イヤな人とは無理に付き合わない。これに尽きますね! 悪口を言っていた人はこの方がうらやましかったのでしょう。同じ土俵に立たないのが賢い選択です。

体験談③:理由もわからず急に無視された…原因は一体?

「急に無視されるようになった。」 (40代・大阪府・子ども2人)

理由が分からないと、何か相手の気分を害すことをしてしまったのか、と悩んでしまいますよね。

対処法:忘れてしまう

「結局そのまま。子どもの学年が違うので接点は無いけど、なんで無視されたのかは今も謎。もういい。」 (40代・大阪府・子ども2人)

直接何も言ってこないのであれば、そこまでの関係。忘れてしまうのが良さそうです。

体験談④:協力して助け合うはずが、無茶な要求に応えられず…

「いつでも助けて合おうねと言っていた友人に無茶なお願いをされ断ったら、『いつでもって言ったのは嘘だったのか!』と激怒された。 」(30代・埼玉県・子ども2人)

お互いが思う「いつでも」のレベルが違ったケース。かと言って「いつでもってどのくらいのレベル?」なんていちいち聞きませんし、困ってしまいますね。

対処法:無理して付き合わない

「関係を断ちました。」 (30代・埼玉県・子ども2人)

そもそも価値観が違ったのだと気づけたのはお互いにとってよかったですね! 無理して付き合っていたら、また不幸なすれ違いが起きていたかも?

体験談⑤:子供同士の喧嘩を発端に、ママ友(パパ友)トラブルに発展!

「ママ同士は仲良くしていたが、高学年になると子供のタイプが違い、子供同士が遊ばなくなった。何人かで遊びに出かける時に、そのママ友の子供を誘わなかったことが原因でママ友が怒り、トラブルになった。」 (40代・東京都・子ども2人)

親の仲が良いからと言って、子ども同士も仲良くなるとは限りませんよね。ただ、自分が仲間外れになるより、子どもが仲間外れにされた時の方が深く傷つくようです。

対処法:集まりのメンバーは工夫したほうが良さそう

「私に嫌がらせのメールや電話が来る様になり、執拗に嫌がらせを受けた。」 (40代・東京都・子ども2人)

嫌がらせをするのは良くない行為ですが、そのくらい傷つけてしまったのかも? トラブルのもとになりそうな集まりは、メンバーを工夫するか、SNS等で公にしない工夫をした上で行うのが良いかもしれませんね!

体験談⑥:噂話のまた聞きで板挟みに!

「噂話のまた聞きで内容が真実と異なり、噂の対象者と発信者の間のトラブルに巻き込まれた」 (30代・東京都・子ども2人)

ママ友(パパ友)同士の会話では、別の家の話は度々出てくるもの。〇〇さんの家は3人目が産まれたらしい! というような、ハッピーな話題は楽しいですが、悪い話はトラブルが起こる元になることも。

対処法:真実を話して謝罪する

「お互いの誤解を間に入って説明し、謝罪して解決した」 (30代・東京都・子ども2人)

仲介に入ったこの方は立派ですね! でも、誰もができることではなく多くの噂話はそのままになっていることでしょう……。不確かな噂話は自分も口にしないように心得て!

体験談⑦:息子の仲良しの子が意地悪してくるので …

「仲良しで育ってきた子に、一年生の象徴「黄色帽」を隠されてしまって、人一倍気にしぃの息子は、学校に被っていく帽子がないと泣いた。ママ友は先ず電話で謝ってくれたあと、探したが見つからないと、似ていてる帽子を持ってきて謝ってくれた。しかし、それまでの間にも学童でトイレ(大)をしている息子のトイレの扉を無理やり開けたり、謝りに来た我が家のリビングに駆け込んで息子の五月人形の刀飾りをポッキリ手で折ったりした。子どもへの叱り方や謝らせ方が甘く、気の弱い息子を以降も馬鹿にする態度が続くのならそれは困るとはっきり言わせてもらった。」 (40代・東京都・子ども1人)

親は好きだけど、その子どもは苦手、ということはありますよね。モヤモヤをそのままにせず、気持ちを伝えるのは重要。ただ、子どもの発達や性格により、親の育て方だけではどうすることもできない場合もあります。

対処法:子供同士が仲良くやっているなら見守る

「これまで通り息子同士は遊んだり話したりもしているし、夫もママ友さんと話したりしている。が、私は会えば挨拶する程度で、それまでのように積極的に連絡は取らなくなりました。」 (40代・東京都・子ども1人)

子ども同士がうまくやっているなら問題ナシ! 心を押し殺して仲良くする必要はありませんし、時間が経てば分かり合える時がくることも。

ママ友・パパ友との付き合いでイヤだと思うのはどんなところ? 本音を1047人に大調査!【HugKumなんでも調査団「めばえ」編】
子どもが生まれる前は、自分の好きな友達との付き合いが中心ですが、子どもができると、子どもの園や習い事、地域での活動など、いわゆるママ...

ママ友やパパ友とトラブルにならないために

自分の生活圏の中でトラブルが起きてしまうとツライですよね。防ぐためにはどんなことに気をつけたらよいのでしょうか。パパママから集まったアンケートには、納得の真理が隠されていました。

干渉しすぎない、距離感をもつ

ママ友パパ友は、子どものコミュニティに付随した関係。距離感をもつことは大切なようです。

・あくまでも、子供の友達のお母さんというスタンスを崩さず、距離感を保つこと。 (40代・大阪府・子ども1人)
・ほどほどの距離感を保つ、特に自分が依存しない (40代・神奈川県・子ども2人)

必要以上に深入りしない

ドライに付き合いたい人もいるので、こちらがグイグイ行くと引いてしまうことも。深入りは禁物です。

・ママ友は、あくまでもママ友。心から許せると判断するまではあまり深入りしない方がいいと思います。子供がいたから、出会った相手なので。 (30代・東京都・子ども2人)
・深入りしない。自分から話さない。自慢しない。他人の悪口を言わない (40代・大阪府・子ども1人)

余計な会話をしない

夫婦関係やお金の話など、うっかり噂好きの人に話すと広まってしまう場合があるので注意しましょう。

・いきなり深い話はしない、プライベートは言いすぎたり聞きすぎない。自慢に聞こえるようなことは言わない。 (30代・埼玉県・子ども2人)
・余計な会話をしないが一番だろうが、幼稚園は本当にムズカシイと思う。子どもが遊ぶ時に目が話せないから、どうしてもトラブルの火種はあちこちにある。 (40代・埼玉県・子ども2人)

ママ友(パパ友)を無理に作らない

ママ友(パパ友)は、絶対に必要なわけでもありません。気の合う人がいたらラッキーくらいの気持ちで!

・ママ友を無理に作らない。自分と子供を大切にする。 (30代・福岡県・子ども1人)
・友達欲しさに誰でも連絡先を教えたり、付き合いに参加しない (30代・大阪府・子ども1人)

親しき仲にも礼儀あり

人としてのマナーはママ友(パパ友)の関係でも同じ。子どもへの教育的な意味でも礼儀は大切にしたいですね。

・親しき仲にも礼儀ありで挨拶などはしっかりすること。 (30代・東京都・子ども2人)
・感謝を忘れない。子ども同士遊ばせているときに目を離さない。 (30代・愛知県・子ども1人)

必要なときに連絡が取れる関係を保つ

嫌な人と無理やり仲良くする必要はないものの、PTAなどで協力が必要になる場合も。大人な対応ができることも必要です。

・トラブルは起こしたくないけれど、子供を守るために仕方がないこともあるのかな、と思っています。子供の前で悪口は言わないようにしているし、子ども同士の付き合いにまでは口を出さないように、また、その後もどうしても必要な時は連絡が取れるレベルには関係を戻しておくこと。この3つができれば、トラブルも致し方なしと思っています。 (40代・東京都・子ども1人)
【ママ友トラブル対策】噂好き、マウンティング、常に被害者…。厄介ママと付き合うための心得5か条
幼稚園入学、引っ越し、転勤など、新しい環境での生活をスタートさせるにあたり、ときとして母親を憂鬱にさせるのはママ友関係。多くのママ友が、子育...

適度な距離感を保って、良好な関係を

ママ友やパパ友は、子どもを通じて知り合った人間関係。年齢も、生まれ育った環境も、価値観も違うため、これまでの友人と同じ感覚で付き合うとズレが生じてしまうこともあるようです。
アンケートの結果から、トラブル回避のためには、適度な距離感と礼儀を大切にすることが重要ということがわかりました。そんな中でも、気の合う友人に巡り合えたなら大事にしていきたいですね!

 

文/構成 HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事