離乳食の小分け保存に便利! タイプ別おすすめ保存容器9選

大人の食事とは別に離乳食を作るのは大変ですよね。離乳食用の保存容器は、作り置きを小分けに保存できるので、忙しいパパママの離乳食作りに欠かせません。今回は離乳食用の保存容器の種類や選び方のポイント、おすすめの商品をご紹介します。うまく活用して効率よく離乳食を作りましょう。

離乳食の保存容器って必要?

離乳食は母乳やミルク以外から栄養を補い、幼児食へ移行する過程の食事です。生後5~6ヶ月ごろにスプーン1杯のトロトロのお粥から始め、慣れてきたら野菜類や白身魚、豆腐などを徐々に増やしていきます。その後も子どもの発育に応じて量や固さを調整しながら進めていきます。

大人の食事とは別に、子どもだけのメニューを毎回少量ずつ作るのは大変ですよね。離乳食用の保存容器にまとめて作り置きしておけば、必要な分だけ取り出して使えて便利です。手際良く離乳食の準備ができて、時短に繋がるのも嬉しいポイントです。

保存容器にはどんな種類があるの?

離乳食用の保存容器は、容量が離乳食にピッタリな10~100mL程度のものが多く、さまざまな形状があります。

製氷器型

流し込んで入れられるので、スープや出汁など液体やペースト状の食材の冷凍保存に向いています。必要な分だけ解凍して使えるので、量の調整も簡単です。容量の小さい1ブロックを利用すれば離乳食初期のごく少量に、数ブロックを利用すれば離乳食完了期にも対応できます。
蓋付きなら食材がこぼれにくく、重ねて収納もできるので、蓋の有無をしっかり確認しましょう。

パック型

蓋が容器にくっついているのでバラバラにならず、失くす心配がありません。さまざまな食材に対応可能で、液体やペーストはもちろん、柔らかく茹でた野菜などにも向いています。狭いスペースでも積み重ねて収納できて便利です。

シリコンカップ型

シリコンカップごと取り出せて、そのままお皿に移せるので手軽で便利です。1食分のメニューを1ケースごとに作る活用方法もあります。レンジでチンするだけですぐに食事が始められ、お弁当グッズとしても便利なので長く使えます。

コンテナ・タッパー型

持ち運びできるので、お出かけなどに便利です。保存容器の定番の形なので離乳食以外にも用途が多く、大きくなっても長く使えます。

保存容器の選び方は?

離乳食の量は月齢によって異なるので、必要な大きさを確認しましょう。離乳食初期はスプーン1杯・15mL程度から始まりますが、ごく少量の単独コンテナやタッパーは注意が必要です。容器が小さ過ぎると食器洗浄機での洗浄に適さなかったり、冷凍庫の中でどこへいったか、わからなくなったりします。少量の場合は製氷機型やパック型など、いくつかブロックがくっついている形状のものがおすすめです。

3回食が始まる離乳食後期には、お弁当を持って外出する機会も増えるでしょう。持ち運びする場合は、お弁当にそのまま入れられるシリコンカップ型や密閉性の高いコンテナ型などが活躍します。

保存容器は軽くて割れないポリプロピレン製やシリコン製のものが多いですが、色や匂い移りが気になる場合はガラス製があると便利です。
子どもは抵抗力がまだ弱いので、大人の食事以上に衛生面には気を付けたいところです。雑菌の繁殖を防ぐため、冷凍保存できるものがおすすめです。

製氷器型のおすすめ保存容器

わけわけフリージング ブロックトレーR – リッチェル


擦りおろし野菜や刻みうどん、おかゆ、だし汁、スープ、白身ペーストなど、さまざまな離乳食を小分けで冷凍保存できるので作り置きに便利です。スルリと取り出せる形状なので、力を入れずに楽々使用できます。
ブロックの容量は15・25・50mLの3種類があり、蓋付きなので別サイズ同士でもスッキリと積み重ねられます。電子レンジや食器洗浄機も使えるのが嬉しいポイントです。

冷凍小分けパック – EDISON mama


食材やソースなど、小分けにして冷凍保存が可能です。底が柔らかい素材なので、パックを軽くひねり、ポンと押すだけで簡単に取り出せます。蓋をすれば冷蔵庫や冷凍庫で重ねて収納でき、場所をとりません。ブロックの容量は7.5・15・45mLから選べます。

パック型のおすすめ保存容器

モグモグ小分けパック – チュチュベビー


冷凍のまま電子レンジにかけられ、繰り返し使える離乳食用のパックです。10mL×3の30mL・20mL×3の60mL・30mL×4の120mLの3種類があり、それぞれ内容量が表面に記載されているので、ひと目で分量が分かるのが嬉しいポイント。底をペコっと押すだけで1ブロックずつ取り出せる上、ブロックは角が丸い形状で、スプーンですくいやすくなっています。蓋をミシン目で折るとひっくり返らず、離乳食を入れるときに安定して便利です。

小分けdeパック – ピップ


可愛いライオン柄の小分けパックです。25・50・100mLの3種類があり、50mLと100mLは目盛り付きなので、微妙な量の調整に便利です。積み重ね可能なので、小さなスペースでも収納ができます。電子レンジで解凍・過熱が可能なのも、作り置き時には重宝します。

シリコンカップ型のおすすめ保存容器

薬味・離乳食小分け保存容器 – スケーター


離乳食をシリコンカップに小分けで保存でき、カップごと取り出せる保存容器です。色合いもカラフルで食卓が賑やかになり、子どもの食欲をそそります。蓋をすれば積み重ねて収納でき、電子レンジや食器洗浄機も利用可能です。離乳食の時期が終わったら、お弁当作りや薬味の保存など、幅広く使えるのも嬉しいポイントです。

わけわけフリージングカップ – リッチェル


1食分を小分けに保存できるシリコンカップの保存容器です。取り出したカップのまま電子レンジで解凍でき、そのまま食べられます。25・50mLの2種類があり、蓋を閉じれば別のサイズでも重ねて収納ができます。半透明の蓋なので中身が見え、何を入れたか一目瞭然です。離乳食を卒業したらお弁当用のカップとしても活躍してくれます。

離乳食を冷凍する方法、注意点は?冷凍保存できる食材や便利グッズ&レシピも紹介!
こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。毎日の離乳食作り、忙しくてすぐに作れない時には、離乳食を冷凍保存しておくと温めてすぐに赤ちゃ...

コンテナ・タッパー型のおすすめ保存容器

ベビーブロックフリーザーコンテナ S – OXO


ユニバーサルデザインの理念を大切にしているOXOが、社員の子育て経験を元に開発した保存容器です。蓋を開けるときはフレームを上げるだけ、閉めるときは押し下げるだけのワンアクションで簡単に取り扱いできます。密閉性が高く、液体を入れても漏れないので持ち運びに便利です。冷凍庫や電子レンジ、食器洗浄機の使用が可能で、収納に便利なトレイも付いています。
Sサイズの60mL×6個の他に、120ml×4個セットのMサイズもあるので、お好みで大きさを選べます。

フードコンテナ ガラスキューブ 60ml – green sprouts


持ち運び可能なガラス製の60mLのフードコンテナです。熱や衝撃に強い強化ガラスを使用した容器は、色や匂い移りの心配が無く、耐久性に優れているので長く使えます。蓋を取って電子レンジやオーブン、湯せんなどで加熱できる上に、冷蔵や冷凍も可能です。
ピンク・イエロー・グリーン・アクアと鮮やかなカラー展開で、お好みの色を選べます。食器洗浄機も使用可能です。

ベビーコンテナ小 – レック


小さなお子さんに人気のアンマンパンのフードコンテナです。冷蔵・冷凍保存可能で、スタッキングして収納できます。コンテナ4個はそれぞれ違う絵柄なので、子どもの興味を引き、楽しく食事ができそうです。

離乳食はストックが時短で便利!時期別ストックできる食材や方法、ママパパに人気の保存容器も
子どもの離乳食がスタートすると、急にやることが多くなって大変だなと感じている人も多いのでは。また頑張って作っても、食事量が少ないので残ってし...

離乳食は保存容器を利用して効率良く作ろう!

子どもの初めての食事である離乳食、手作りしたいけれどなかなか時間が取れませんよね。保存容器をうまく活用して効率よく調理すれば、少し時間に余裕が持てますよ。離乳食は栄養補給だけではなく、食事を楽しむことを覚える大切な時間です。準備の手間を省いて、子どもと一緒に食事の時間を楽しみましょう。

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事