2020年の「海の日」はいつ?その由来は?オリンピック延期で祝日はどうなるのかチェック!

7月に訪れる祝日「海の日」は、1996年に制定されたのち2003年の祝日法の改定で日付が移動し、おまけに東京オリンピックの延期と開催にあわせて、2020年と2021年も日付が移動しています。そこで、2020年の海の日はどうなるのか、2020年の海の日はいつなのかを確認してみましょう。また、海の日とはどんな日なのか、海の日の由来とあわてご紹介します。

オリンピック延期で海の日はどうなる?

2020年の海の日はどうなる?
2020年の海の日はどうなる?

「海の日」といえば、7月にある祝日。しかし2020年は東京でオリンピック・パラリンピックが開催されることが予定されていたため、それにあわせて祝日を移動する措置が取られていました。これは東京オリンピック開会式と閉会式の前後は、各国の要人や観光客の出入国が多くなり、東京の交通機関も混雑すると予想されたため。「海の日」は7月にある祝日なので、オリンピック開会式にあわせて移動することが決定していたのです。

しかし新型コロナウイルスの感染拡大により、東京オリンピック・パラリンピックは1年後に延期されることが決定。ただ2020年の祝日については、東京オリンピック・パラリンピック開催にあわせて予定されていた日付と変わらず、そのまま施行されることが発表されています。

2020年の海の日はいつ?

では2020年の「海の日」は、具体的にいつの日付になるのでしょうか? 東京オリンピック・パラリンピックの開催にあわせて移動することとなった祝日は、「海の日」と「スポーツの日(体育の日が2020年より名称変更となります)」「山の日」の3つです。

東京オリンピックの開会式が予定されていたのが7月24日。そこで、その前日となる7月23日は「海の日」に、開会式当日の7月24日は「スポーツの日」に、東京オリンピック閉会式の翌日となる8月10日は「山の日」となります。2020年の3つの祝日の日付は以下の通りです。そして前述したように、東京オリンピック・パラリンピックは延期となりましたが、この祝日は移動後の日程のまま据え置かれます。

  • 海の日: 7月23日(木)
  • スポーツの日:7月24日(金)
  • 山の日:8月10日(月)

例年の海の日はいつ?

「海の日」と「スポーツの日」「山の日」の例年の日付は次の通りです。

  • 海の日: 7月第3月曜日
  • スポーツの日:10月第2月曜日
  • 山の日:8月11日

2021年の海の日はいつ?

さらに気になるのは、東京オリンピック・パラリンピックが1年延期されることとなり、2021年の祝日はどうなるかということでしょう。東京オリンピック・パラリンピックの開会式や閉会式では、多くの方の行き来が生じると予想されるため、2021年の7月と8月も祝日はイレギュラーで移動となります。まずオリンピック開会式にあたるのが2021年7月23日。この前日にあたる7月22日が「海の日」で、開会式当日の7月23日は「スポーツの日」、オリンピック閉会式となる8月8日は「山の日」となり、日曜日にあたるため翌日の8月9日が振替休日となります。まとめると、2021年の「海の日」などの祝日は次の通りです。

  • 海の日: 7月22日(木)…東京オリンピック開会式前日
  • スポーツの日:7月23日(金)…東京オリンピック開会式
  • 山の日:8月10日(月)…東京オリンピック閉会式、翌8月11日(月)は振替休日

海の日とは?どんな祝日?

では、そもそも「海の日」とはどんな祝日なのでしょうか?  この祝日がいつから始まったのか、海の日の意味についても調べてみましょう。

海の日はいつから始まった?

「海の日」が国民の祝日として施行されたのは、1996年のこと。このときは7月20日が「海の日」として決められていました。しかし2003年に祝日法が改正となり、一部の祝日を月曜日に移動させて、土曜日、日曜日とあわせて3連休とする「ハッピーマンデー制度」が始まりました。これに伴い、2003年から「海の日」は「7月第3月曜日」となったのです。また7月1日から7月31日までの1カ月間は、「海の月間」となっています。

海の日の意味

元日や憲法記念日など世界の国々に共通する祝日もいくつかありますが、「海の日」という祝日があるのは日本だけなのだとか。日本は海に囲まれた島国であり、身近に海があることで反映してきた歴史があります。そのため「国民の祝日に関する法律」で「海の日」の意味については「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」と記されています。

昔から日本では、魚や貝、海藻など海の恵を食料として得るほか、海を通して世界の国々から荷物を受け取ったり送ったりしてきました。そのように海は日本の暮らしにとって欠かせない存在です。そのため簡単に言えば、「海の日」は海に対して感謝をする日のこと。子どもたちには、そんな風にやさしく説明すると良いでしょう。

海の絵本おすすめ10選|子どもに人気!『かにこちゃん』など海がテーマの絵本をプロが厳選&解説!
JPIC読書アドバイザーの児玉ひろ美さんが、海がテーマのおすすめ絵本を厳選!夏休みに向けて読みたくなる海の絵本を、おすすめポイントとともに解...

海の日の由来

次に「海の日」ができた由来について見てみましょう。海の日の由来は、明治時代までさかのぼることとなります。

明治天皇が初航海から寄港した日

もともと「海の日」に定められた日付は、7月20日でした。この日が「海の日」に決められたのは、7月20日が「海の記念日」だったことと関係あります。この日は、明治天皇が1876年(明治9年)に初めて、「明治丸」と呼ばれる船に乗って東北地方を巡幸し、横浜に寄港した日。明治天皇が船での旅を無事に終えたことで、船の安全性が証明され、日本での船旅や海運が盛んになるきっかけとなりました。

まさに海に囲まれた日本の新しい幕開けにふさわしい日だったことから、7月20日は長い間「海の記念日」と呼ばれてきた経緯があります。そのため、この「海の記念日」が「海の日」の祝日になったのです。「海の日」は、海に囲まれた日本ならではの祝日のひとつと言えます。

7月第3月曜日を海の日とするハッピーマンデー制度のメリット・デメリット

2003年から「海の日」は、ハッピーマンデー制度で「7月第3月曜日」に制定されました。しかし「海の日」に限っては、ハッピーマンデー制度の対象とはせず7月20日に固定しようという意見もあります。そこで「海の日」を「7月第3月曜日」にした場合のメリットとデメリットについて、考えてみましょう。

メリット

ハッピーマンデー制度が始まり、土曜日と日曜日とあわせて3連休が増えたことで、旅行や外出する機会が増えていることは確か。ハッピーマンデー制度に関するアンケート調査などでも、好意的に受け入れている人が多くいます。特に海の日を含めて3連休になれば夏休みも近いため、夏の旅行などにも利用しやすいというメリットがあり、経済効果も大きいと考えられます。

デメリット

ハッピーマンデーで「海の日」が毎年移動することについては、祝日の意味が見失われやすいことがあるかもしれません。なぜその日が祝日なのか、子どもに説明する機会も少なくなってしまうことも考えられます。

7月20日に海の日を固定するメリット・デメリット

一方で、以前のようにハッピーマンデー制度が導入されず、「海の日」は毎年7月20日に固定されていたら、どんなメリットとデメリットがあるでしょうか?

メリット

一般の人にはあまり知られていませんが、7月20日が「海の記念日」というのは海事関係者ではよく知られています。そのため「海の日」が7月20日に固定されれば、海の日の意味や由来に対する一般の人の意識も高くなると期待できます。

デメリット

海の日が7月20日に固定されていると、7月にはこの祝日しかなく、平日にあたる可能性もあります。その場合、旅行などを促進することは難しくなります。

今日は大暑です。待ちに待った夏休みの始まり【広田千悦子の子供と楽しむ二十四節気】
二十四節気とは、太陽の公転周期を分割して一年を二十四の季節に分けたもの。春分、夏至、秋分、冬至など、季節を表す言葉として、暮らしの中のさまざ...

「海の日」は家族で楽しもう!

2020年と2021年は東京オリンピック・パラリンピックの影響で変則的となりますが、海の日は7月に3連休や4連休をもたらしてくれるもの。海の日には海に関連するさまざまなイベントも行われることもあります。海の日には家族と一緒に海への関心を深めてみてはいかがでしょうか?

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事