エルゴの抱っこ紐はいつから?ママ・パパに支持される理由は?種類や人気カラーおすすめポイントを徹底解説

抱っこ紐をリサーチする時に、一度はチェックするのがエルゴベビーの抱っこ紐では。実際に、多くのママ・パパが使っていますよね。エルゴベビー(通称エルゴ)がどうしてこんなに支持率が高いのか、人気の理由を探るとともに、種類ごとにポイントをご紹介します。ぜひ抱っこ紐選びの参考にして!

ママパパにおすすめの抱っこ紐、エルゴとは?

エルゴは、ハワイのマウイ島で生まれたベビーグッズのブランド。赤ちゃんの安全性はもちろん、抱っこする人の快適性や動きやすさを追及しており、高い品質と機能性が高く評価され、さまざまな賞を受賞しています。それにデザインやカラーバリエーションが豊富なことから、ママパパのファッションの観点からも、多くの人から支持されています。この人気は日本はもちろん、世界にも広がり、50ヶ国以上で販売されています。

大人気!エルゴの抱っこ紐の特徴

エルゴの抱っこ紐が世界中のママパパに人気なのは、安全に、安心して赤ちゃんを抱っこできることが理由でしょう。エルゴの特徴には次の3つがあります。

自然な姿勢で赤ちゃんを抱っこできる

赤ちゃんは背中部分が丸くカーブを描き、脚をまげた状態が自然です。エルゴの抱っこ紐は、そんな赤ちゃんの体に沿って、自然な姿勢のまま抱っこできるように設計されています。赤ちゃんは抱っこされた状態のまま、手とひざ下は自由に動かすことができます。

エルゴの抱っこ紐は、腕だけで抱っこしたときと同じように、赤ちゃんをホールド。赤ちゃんは自然に呼吸しながら、ママパパも安心して快適に抱っこできます。

またエルゴは人間工学的に見ても、赤ちゃんとママパパが快適に過ごせるように設計されています。肩のストラップ部分と、ウエストベルトで赤ちゃんの体重をバランスよく分散。だから肩ストラップだけの抱っこ紐に比べて、長時間抱っこしていてもママパパが疲れにくいという特徴があります。

ベビーウエストベルトがあって安心

赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこしていても、紐部分がゆるんだり、前かがみの姿勢になったりしたときに、赤ちゃんが転落しやすいもの。赤ちゃんは頭が重たくバランスが悪いため、小さなきっかけで転落し、大きな事故に発展するケースが少なくありません。消費者庁や自治体でも赤ちゃんの転落に注意を呼びかけているほどです。でもエルゴの抱っこ紐は、ベビーウエストベルトがあり、赤ちゃんの腰回りをしっかり支えているから、安心です。

最大2年間の保証期間がある

エルゴでは、正規輸入品なら購入から1年、ユーザー登録をすれば2年間の保証期間があります。自然劣化や、通常の使用方法による色落ちや色褪せなどは対象外ですが、なにか不具合が生じた場合は保証されるアフターサービスが付いています。新生児から幼児期まで、エルゴは長く使えるから、保証期間がついているのはうれしいポイントです。

エルゴの抱っこ紐はいつから使える?

エルゴの抱っこ紐は、「もっと、ずっと抱っこをしたい」という一人の母親の思いから誕生。抱っこやおんぶで赤ちゃんを自分の身につけるようにいつも一緒にいられること、ママ・パパ、赤ちゃんの誰にとっても快適であるようにと考えられたブランドです。

そんなエルゴの抱っこ紐は、新生児(3.2kg以上)から使えるのがポイント。ママと一緒に退院する時に使えるので、入院中に練習しておくのがオススメ。途中で買い替えたり2個用意したりする必要もないので便利ですよね。

注意点

以前は新生児用には、別売りのインサートが必要でしたが、今発売されているすべての抱っこ紐ではインサートなしで使え、インサートの販売も終了しています。先輩ママから譲ってもらう場合には、新生児から使えるものかしっかり確認をして。

エルゴの抱っこ紐が人気の理由とは?

先輩ママ・パパたちにオススメの抱っこ紐を教えてもらうと、エルゴベビーの名前を聞くのは一度や二度ではないはず。そんなにもたくさんの人に愛されるのはなぜなんでしょう。

ママ・パパも赤ちゃんも快適

赤ちゃんの抱っこは重労働。1日に何度も抱っこし、外出するとなれば何時間もの間、抱っこすることも。つい、外出を躊躇してしまう人も少なくないのでは。

でも、エルゴの抱っこ紐は、人間工学に基づいたママ・パパが快適に抱っこができる設計に。抱いた赤ちゃんが自然に中央に導かれる立体設計により、親子ともにバランスの良い抱っこ姿勢を保てるので、疲れにくいのです。また、肩ストラップ&ウエストベルトがママ・パパの肩と腰に荷重をバランスよく分散してくれるので、長時間の抱っこでも快適

そして、赤ちゃんを「自然な姿勢」のまま抱く設計になっているので赤ちゃんも快適。赤ちゃんの背中はゆるやかにカーブをしていて、脚を曲げています。おしりから膝裏まですっぽり支えられるから、上半身が安定。呼吸がしやすく、手や膝下も自由に動かすことができるので赤ちゃんも安心。素手での抱っこと同じ密着感で抱っこができるのです。

使いやすい

赤ちゃんを抱えながら抱っこ紐を調整するのはひと苦労。でも、エルゴの抱っこ紐の基本動作は、赤ちゃんとママ・パパにウエストベルトを装着→赤ちゃんを入れてベビーウエストベルトをカチッ!→肩ストラップを掛けてバックルをカチッ!の3ステップというシンプルな構造で、スムーズに抱っこできるのが大きなポイント。

また、パーツがわかりやすく、大きなバックルやマジックテープはしっかりホールドできる安心感とともに、簡単に長さや幅の調整ができるので、ストレスフリーな設計になっています。

デザインも良い

抱っこ紐は、ママ・パパのファッションの一部とも言えるほど目立つものですよね。できれば、自分のスタイルに合ったものを選びたいもの。ハワイ生まれのエルゴベビーはデザインも軽やかなものが多く、カラー、プリントもさまざまに揃います。ママもパパも満足できるデザインを選んだり、いつものファッションに馴染むもの、また逆にファッションのポイントになるような楽しいデザインのものを選ぶのもいいですね。

エルゴを選んだママパパの声

「よく売れてるので間違いないのかなと思った。腰で支えられて肩に負担がかからないのもよいと思った」(30代・徳島県・子ども2人)
「友達がいくつか抱っこ紐を使ったけどエルゴが腰に負担が少なくて一番使いやすかったと言っていたので」(30代・静岡県・子ども2人)
「抱っこ紐=エルゴという認識だったから」(20代・福岡県・子ども1人)
「先に出産した友人から、肩と腰がラクという話を聞いていたし有名なメーカーだったのでエルゴにしようと出産前から決めていました」(30代・東京都・子ども2人)
「新生児から使用可能で、前抱っこもおんぶも出来るものの中で、最も装着方法が簡単そうだったから」(30代・大阪府・子ども2人)

エルゴの抱っこ紐の主な種類は3タイプ

エルゴの抱っこ紐は大きく分けて3タイプ。使う時期や抱き方など、シーンを想定して選ぶのがオススメです。

OMNI 360(オムニ スリーシックスティ)


新生児から3歳頃まで、成長に合わせて形を変え、前向き抱っこにも対応し、パパ・ママも快適がつづく、エルゴベビーのプレミアムモデル。

OMNI 360の特徴

・汗をかきやすい赤ちゃんも蒸れず、軽くて乾きやすいメッシュ製

・対面抱き、前向き抱き、おんぶ、腰抱きの4スタイルが可能。抱っこしたまま向きが変えられる便利なシートアジャスタースライダー

・新生児から幼児まで(3.2kgから20kg)、成長に合わせて形を変え、どの月例でも快適なエルゴノミックシート

・クロス装着のできる肩ストラップ&腰サポート付きウエストベルト。バランスよく荷重を分散し、長時間の抱っこも疲れにくいポイント

・ヘッド&ネックサポートは、首がすわるまで3ステップでしっかりサポート。寝てしまった時にも安心

・ベビーキャリアに取り付けられる専用ポーチ付き(ベビーウエストベルトとは併用できません)

メーカー希望小売価格

31,900円

サイズ

腰回り約132cmまで

カラーバリエーション

シャンブレー、グレープレイド、ブラックスター、デザート、ダークブラウン、ヴィンテージインディゴ、クラシックウィーブ、インディゴウィーブ、チャコールグレー、ブラック、ミッドナイトブルー、グレー、カーキ(※公式サイトに掲載のカラー。販売終了となっていることもあります)

ADAPT (アダプト)

デザイン豊富なスタンダードモデルのアダプト。アダプトとは、適合させる、順応させるという意味で、ママ・パパの体型に合わせた調節はもちろん、赤ちゃんの体型にも合わせられるのが大きなポイント。

ADAPTの特徴

・新生児から幼児(3.2kgから20kg)まで成長に合わせて形を変えるエルゴノミックポジション・シートが赤ちゃんの自然な”すわり姿勢”をホールド

・対面抱き、腰抱き、おんぶの3スタイルの抱き方が可能。

・赤ちゃんとより密接できる、背中でのクロス装着も可能な肩ストラップ

・腰サポート付きウエストベルトが赤ちゃんの荷重を分散。長い時間の使用でも快適

・クッション入りネック&ヘッドサポートが赤ちゃんの頭と首をしっかりホールド

メーカー希望小売価格

27,500円(プラム:25,300円)

サイズ

腰回り約132cmまで

カラーバリエーション

プラム、クラシックウィーブ、チャコールグレー、グレー、ディープブルー、ブラック(※公式サイトに掲載のカラー。販売終了となっていることもあります)

EMBRACE(エンブレース)

“はじめての抱っこをスムーズに”がコンセプトの、新生児期に特化したエルゴベビーの新モデル。身体がやわらかく繊細な時期の抱っこをサポートする、独自のストレッチ生地とシンプル設計がポイントです。

EMBRACEの特徴

・肩をつつむように広がる幅広の肩ストラップで、どんな体型のパパママにもピッタリフィット

・装着はウエストと両サイドのバックルを留めるだけ。 装着時に手元が見えるのではじめての抱っこでも安心

・生まれたばかりの赤ちゃんの身体にそって優しく包み込む、やわらかストレッチ素材。赤ちゃんが成長してもしっかりホールド

・新生児対面抱き、対面抱き、前向き抱きの3スタイル

メーカー希望小売価格

14,300円

サイズ

腰回り約135cmまで

カラーバリエーション

クリーム、、オックスフォードブルー、グレー、ブラック(※公式サイトに掲載のカラー。販売終了となっていることもあります)

エルゴの抱っこ紐の人気カラー

ママ・パパにリサーチしてあがってきた人気カラーをご紹介。エルゴベビーならではのカラーリングが人気のようです。

OMNI 360/ミッドナイトブルー


前向き抱っこもできるOMNI360は、好奇心旺盛な赤ちゃんと動物園や水族館など家族でのお出かけにもぴったり。ママ・パパどちらが抱っこしても使いやすいミッドナイトブルーはエルゴの定番カラーとも言えます。

「パパとも兼用できる色と形だったから」(30代・福岡県・子ども1人)

OMNI 360 クールエア/カーキ

かっこい印象になりそうなカーキも人気。パパの支持率も高いですよね。赤ちゃん連れの外出もおしゃれに決めたい!というママ・パパにぴったりです。

「かっこよかったから」(20代・神奈川県・子ども2人)

メーカー希望小売価格

31,900円

サイズ

腰回り約132cmまで

ADAPT クールエア ブラック

どんな時でも使いたい抱っこ紐は、シーンを問わずに使えるブラックも人気。冠婚葬祭などにも浮かずに使えます。メッシュ素材なので、黒でも重く見えないのもポイント。

「見た目がかっこいい」(40代・愛知県・子ども2人)

ADAPT クールエア グレー


メッシュ素材になったアダプトは、淡いグレーを選ぶことでさらに涼しげな雰囲気に。まだベビーカーに乗せられない新生児期など、暑い夏に多用するときにもぴったり。

「暗い色だと重い印象になりそうだから」(30代・大阪府・子ども2人)

ADAPT クールエア チャコールグレー

落ち着いた雰囲気で使えるチャコールグレーはベビーザらス限定。どんなファッションにもすんなりなじんでくれそう。汚れも目立たず使いやすいのもポイントですね。

「定番な気がしたから」(30代・熊本県・子ども2人)

メーカー希望小売価格

27,500円

サイズ

腰回り約132cmまで

エルゴの抱っこ紐のおすすめ素材

機能性を追及するエルゴは、抱っこ紐の素材にもこだわり抜いています。ムレにくい素材や、ストレッチ性に優れて動きやすい素材など、さまざまな素材を採用。おすすめの素材を使った抱っこ紐をご紹介します。

OMNI Breezeオムニ ブリーズ

オムニブリーズは、肌ざわりと通気性に優れたSoftFlex™メッシュを使用。生地の表面に細かいダイヤモンド型のエアポケットがついており、通気性がよく、抱っこしたときのムレを軽減します。ママパパも快適に長時間赤ちゃんを抱っこできます。子どもの成長にあわせて、サイズが変更できるため、新生児から48ヶ月までOKと使用期間が長く、子どもが大きくなっても使えます。赤ちゃんを強い日差しから守る日よけ、風よけのフード付きです。

メーカー希望小売価格

31,900円

サイズ

腰回り約132cmまで

カラーバリエーション

サンドベージュ、ミストブルー、グラファイトグレー、パールグレー、オニキスブラック、ミッドナイトブルー、ピンククォーツ、サファイヤブルー(※公式サイトに掲載のカラー。販売終了となっていることもあります)

EMBRACEエンブレース

生まれたばかりの、デリケートな赤ちゃんを抱っこできるのが、エンブレース。やわらかく手触りのいいストレッチ素材が使われており、赤ちゃんをやさしく包み込みます。肩のストラップは幅広タイプで、肩全体を包むようになっているため、どんな体型の方にもフィットします。装着は、ウエストと両サイドのバックルを留めるだけと、とても簡単。抱っこにまだ慣れていない新米ママパパにも使いやすい。生後2か月頃(身長58.4cm未満)までは新生児対面抱きで、その後(身長58.4cm以上)は対面抱きで利用できます。

メーカー希望小売価格

14,300円

サイズ

腰回り約135cmまで

カラーバリエーション

クリーム、、オックスフォードブルー、グレー、ブラック(※公式サイトに掲載のカラー。販売終了となっていることもあります)

 

AERLOOMエアルーム

エアルームは、ペットボトルから作られたリサイクルポリエステルを87%使った素材を採用。スポーツシューズなどにも使われている機械編みの技術を使って作られているため、ストレッチ性に優れた製品になっています。新生児から36ヶ月まで使用でき、対面抱き、前向き抱き、おんぶの3パターンの使い方ができます。

メーカー希望小売価格

38,500円

サイズ

腰回り約132cmまで

カラーバリエーション

シークリフ、ブラック、サンバースト、オーシャンブルー(※公式サイトに掲載のカラー。販売終了となっていることもあります)

エルゴの抱っこ紐の人気シリーズ

エルゴの人気シリーズを最後にもう一度、ご紹介します。定番人気のものは、贈り物にもぴったりです。

OMNI 360

対面抱き、前向き抱き、おんぶ、腰抱きの4通りの抱き方ができるモデル。新生児から48ヶ月まで長期間利用できます。ムレにくいメッシュ素材を採用しているため、涼しく軽量。またママパパの背中部分は、ストラップをクロスにして装着する方法、平行に装着する方法が選べます。肩ストラップ、腰サポートがついているから、赤ちゃんの体重を分散でき、負担を軽減します。赤ちゃんの首が座るまでは、頭と首をやさしくサポートします。

メーカー希望小売価格

31,900円

サイズ

腰回り約132cmまで

カラーバリエーション

シャンブレー、グレープレイド、ブラックスター、デザート、ダークブラウン、ヴィンテージインディゴ、クラシックウィーブ、インディゴウィーブ、チャコールグレー、ブラック、ミッドナイトブルー、グレー、カーキ(※公式サイトに掲載のカラー。販売終了となっていることもあります)

ADAPTアダプト

新生児の抱っこに人気なのが、アダプトシリーズ。ヘッド&ネックサポートが付いているから、首がまだ座っていない新生児をやさしくホールドします。また新生児から体重20㎏の幼児(48ヶ月)まで、体の成長にあわせて調節できる設計になっています。ウエスト部分には太い腰サポート付きベルトがあり、腰にかかる体重を分散。長く抱っこしても疲れにくいように設計されています。また涼しく軽いメッシュ素材が前面に使われているので、暑い季節や汗っかきの赤ちゃんの抱っこでも快適に使えます。

メーカー希望小売価格

27,500円(プラム:25,300円)

サイズ

腰回り約132cmまで

カラーバリエーション

プラム、クラシックウィーブ、チャコールグレー、グレー、ディープブルー、ブラック(※公式サイトに掲載のカラー。販売終了となっていることもあります)

OMNI Breezeオムニ ブリーズ

「エルゴは欲しいけれど、ゴツイ見た目が気になる」という方におすすめなのが、このシリーズ。また暑い季節に使いたい方にも、メッシュを使い、通気性に優れているのでピッタリです。ストラップはママパパの肩にフィットする薄い生地タイプで、見た目もスッキリ。さらに体に沿ったウエストベルトがあるから、赤ちゃんの体重を分散して、負担なく抱っこできるようになっています。

メーカー希望小売価格

31,900円

サイズ

腰回り約132cmまで

カラーバリエーション

サンドベージュ、ミストブルー、グラファイトグレー、パールグレー、オニキスブラック、ミッドナイトブルー、ピンククォーツ、サファイヤブルー(※公式サイトに掲載のカラー。販売終了となっていることもあります)

ママ・パパの支持率が高いエルゴなら安心!

赤ちゃんとの生活に必要なアイテムはさまざまで、探すのも大変ですよね。特に抱っこ紐は使う時間も長く、頻度も多いので、しっかり吟味して選びたいもの。そんな抱っこ紐選びは実際に使っているママ・パパの声を聞くのが一番。支持率の高いエルゴであれば、赤ちゃんとの生活を楽しくサポートしてくれるはず!

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事