おうち時間におすすめの「ほのぼのアニメ」|「ゆるキャン△」など人気作をご紹介

今回は、のんびり家族で過ごすおうち時間におすすめの「ほのぼのアニメ」の中から、人気作品をピックアップしました!クスッと笑えるギャグアニメから、学園ものの日常系アニメまで、現実でも起こるような出来事を淡々と過ごしていくような作品をご紹介していきます。明るいアニメばかりなので、毎日のストレス発散にもおすすめですよ!

おすすめのほのぼのアニメ

ほのぼの、ゆるゆる。のんびり過ぎる時間の中に、さわやかな青春ストーリーや日常に感じる癒しが描かれています。肩の力を抜いて楽しんでみてくださいね。

【1】『日常』

◆おすすめポイント

主人公の少しとぼけた女子高生を中心に、不条理な『日常』を題材に描かれるシュール系コメディ。
独特の展開や空気感の中のギャグ要素に「クスッ」としてしまう笑いが心地よいアニメです。
群馬県のご当地ネタも見どころ。

【2】『衛宮さんちの今日のごはん』

◆おすすめポイント

TYPE-MOONの人気ゲーム作品『Fate/stay night』を題材としたスピンオフ作品の一つ。
衛宮士郎が家庭料理を通じて、家族や友人たちと交流を深めていく料理漫画。
調理や食事シーンなど、ufotable作品らしい緻密なアニメーションで綴られており、それだけでも観る価値のある作品です。
『Fate』ファンはもちろん、そうでない方も楽しめる傑作アニメ。

【3】『ゆるキャン△』

◆おすすめポイント

「アウトドア」をテーマに、女子高校生の主人公たちが、仲間達とゆるーくキャンプをする姿を描くガールズコメディ。
昨今トレンドのキャンプやアウトドア情報の学びにもなるアニメで、主人公二人の関係性にほっこりする作品です。

【4】『僕らはみんな河合荘』

◆おすすめポイント

個性的な住人の集まる下宿「河合荘」で、主人公の男子高校生が想いを寄せる憧れの先輩との距離を縮めるべく奮闘するラブコメディ作品。
主人公とヒロインの関係性に目が離せない、王道ラブコメ作品!
設定・作画ともにどこかノスタルジックな雰囲気も素敵です。

【5】『ふらいんぐうぃっち』

◆おすすめポイント

青森県弘前市を舞台に、主人公の新人魔女を取り巻くほのぼのとした日常を描いた癒されアニメ。
派手さはありませんが、終始ぼんやり、のどかな優しい時間が流れていく…。
とってもリラックスして観られる作品です。

【6】『月がきれい』

◆おすすめポイント

小江戸・川越の中学校に通う小説家志望の男子中学生と、同級生の陸上部女子の恋模様を描く純愛物語。
中学生男子のリアルな描写が懐かしく、青春の甘酸っぱさを感じずにはいられない作品です。
作中で流れる挿入歌にも懐かしの楽曲が多く採用されており、大人世代こそ楽しめるピュアなアニメです。

【7】『TARI TARI』

◆おすすめポイント

江ノ島および江ノ電沿線地域を舞台に、合唱部の高校生男女の日常や成長を描いた青春音楽ストーリー。
湘南の美しい風景に似合う、爽やかなアニメ作品です。
声優陣の歌唱力の高さも話題。

【8】『サーバント×サービス』

◆おすすめポイント

北海道の某区役所に配属された新人女性所員と、個性的な同僚職員たちが繰り広げるドタバタラブコメディ。
公務員の日常をテーマに、職員同士のほのぼのとした人間関係が魅力のアニメ作品です。

【9】『ご注文はうさぎですか?』

◆おすすめポイント

街中にウサギが住む町の喫茶店「ラビットハウス」を下宿先に引っ越して来た女の子を中心に、個性的な女の子達の日々を描いた物語。
細かなエピソードやテンポ良く畳みかけるコメディ要素も魅力。
とにかく可愛くて癒されるアニメです。

【10】『みなみけ』

◆おすすめポイント

南家三姉妹を中心に、学校のクラスメイトたちとの平凡な日常や、ズレたやりとりを描くほのぼのギャグ作品。
ゆる~いストーリー展開の中にも緻密で魅力的なキャラクター設定があり、様々な友人たちとの日常的なやり取りがどんどんクセになっていく傑作です。

おわりに

掴みどころのない「ほのぼのアニメ」ですが、誰が観ても安心なところが魅力なので、ファミリーでの鑑賞に特におすすめです。
家族団欒の時間にBGM代わりに流しておくのもぴったりなので、ご家族で「ながら見」してみてはいかがでしょうか。

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事