読書アドバイザーの児玉ひろ美さんが選書!年齢別「クリスマス絵本」厳選10冊!贈りものにも

年末年始は行事も多く、子どもも大人も気持ちが華やぐ季節です。なかでもクリスマスの行事は準備の期間も含め、子どもと一緒にできる楽しいことがたくさん!最近は、宗教的な意味合いよりも、世界中の人々が同じ日に、優しい気持ちで身近な人への感謝や幸せを祝う、世界最大級のイベントとしてクリスマスが定着しているようです。JPIC読書アドバイザーの児玉ひろ美さんに、クリスマスをテーマにとっておきな絵本を紹介していただきました。

0歳~1歳向け クリスマス絵本

「いち・にい・サンタ!」

ひらぎみつえ/作 ほるぷ出版

穴に指をいれて動かすしかけ絵本。「いち・にい・サン・タ!」で腕をゆらゆら、お尻をふりふり、最後はジャンプで「いーち、にーい、サーンタ!!」

「クリスマスのおばけ」

せなけいこ/作  ポプラ社

「クリスマスのひはうれしいなー。」園でもおうちでも楽しいことがいっぱいあって、ニコニコしながら眠ります。でも、オバケの子どもはどうしてる?

2歳~4歳向け クリスマス絵本

「クリスマスの三つのおくりもの」サンタクロースとれいちゃん/クリスマスのズボン/ふたつのいちご

林明子/作 福音館書店

手のひらサイズの小さな絵本が三冊。れいちゃんと、もっくんと、かすみちゃん、きょうだいそれぞれが主人公のクリスマス物語3部作です。

「ぼくたちのプレゼントはどこ?」

リチャード・スキャーリー/作 木坂涼/訳  好学社

クリスマスの朝、一番に起きてきたのは2ひきのねずみたち。サンタさんが置いていった、たくさんのプレゼントをのぞきこんではキョロキョロと…。

「リトルサンタ」

丸山陽子/作 BL出版

パパはサンタクロース。世界中の子どもたちが楽しみにしているクリスマスを、ぼくは毎年ひとりで過ごす。「今年のクリスマスはパパと一緒にいられますように」。イブの朝、パパは転んで骨折を…。こんなことをお願いしたんじゃないのに!プレゼントを配れなくなったパパの代わりに、息子のぼくが出かけることにします。

「くりすますのおくりもの~ロシア民話より」

木村由利子・文 松村雅子・絵  至光社

柔らかな明かりを灯した部屋で、満ち足りた表情の羊は、人参を届けてくれた「だれか」と、これから人参を届けるもう一人の「だれか」を想い、人参を抱きしめます。ロシア民話よりと付された『クリスマスのおくりもの』は、寒いクリスマスの日が動物たちがそれぞれに誰かを想う気持ちで満たされています。

子どもと一緒のクリスマスの過ごし方は?プレゼントやパーティなど家族の楽しみ方をランキング発表!
賑やかなイルミネーションやいたるところが華やかに彩られたクリスマスは誰もがウキウキするものですよね。そんな特別感のあるクリスマス、毎年どう過...

 4歳から6歳向け クリスマス絵本

「せかいいちしあわせなクマのぬいぐるみ」

サム・マクブラットニー/文 サム・アッシャー/絵 吉上恭太/訳 徳間書店

メアリー・ローズとぬいぐるみのウーウは、いつも一緒です。ところが、ウーウは電車に置き忘れられ…。長い時を経て、クリスマスに奇跡が起こります。

「ルーちゃんとクリスマスツリー」

下村明日香/文 くわはらまい/絵 福音館書店

ルーちゃんは、しっかり者のお姉ちゃんに憧れています。イブにお姉ちゃんが熱を出しました。看病するお母さんの代わりにルーちゃんはお使いへ。

「クリスマスツリーをかざろう」

パトリシア・トート/文 ジャーヴィス/絵 なかがわちひろ/訳  BL出版

ほっそりのっぽの木、まんまるふとっちょの木。とがっている木どれにしようかな?こんな風にツリーが造れたらのしいでしょうね。

「クリスマスまであと9日 セシのポサダの日」

マリー・ホール・エッツ アウロラ・ラバスティダ/作 マリー・ホール・エッツ/画 冨山房

メキシコの習慣を描いた作品です。メキシコではクリスマスの9日前から、毎晩家ごとに、子どもが主役の行事「ポサダ」が始まります。幼稚園に通う女の子セシは、その年ついに「ポサダ」をしてもらえることになりました。幼い子のあこがれや喜び、子どもの幸せを地域で祝うメキシコの風土が細やかな絵と文章から伝わってきます。

人気のクリスマスチキンお取り寄せ5選|おすすめ予約サイト&家庭でできるレシピも
クリスマスと言えば、チキンが有名ですよね。一羽丸ごと使ったローストチキンは、とても迫力があり子どもに大ウケなこと間違いなしです。普段...

教えてくれたのは

 

児玉ひろ美(こだま・ひろみ)

公立図書館司書とJPIC(*)読書アドバイザーのふたつの立場から子どもの読書推進活動を展開。幼稚園・保育園から中学生まで、お話し会やブックトークの実践とともに、成人への講座や講演は年100回を超える。近年は短期大学にて「児童文化」「絵本論」の講義を担当し、「202120222023年度ブックスタート赤ちゃん絵本 選考委員」でもある。著作に『0~5歳子どもを育てる「読み聞かせ」実践ガイド』(小学館)等があり、雑誌やWEBでも連載中。

(*)JPIC(ジェイピック):一般社団法人 出版文化産業振興財団

 

編集部おすすめ

関連記事