小学生が使っている歯みがき粉人気ランキング、3位チェックアップ、2位Doクリア、1位は?【HugKumなんでも調査団「小学一年生」編】

むし歯予防のために欠かせない歯みがき。ところで「歯みがき粉」はどんなものを使っていますか?  味や成分、チューブのデザイン、いろんな種類がありますよね。同じ年ごろのお子さんはどんな歯みがき粉を使っているか、気になりませんか?

そこで、小学館の学習雑誌『小学一年生』の読者の子どもたちに、使っている歯みがき粉について、アンケート調査してみました!

アンケートを実施したのは・・・

1925年創刊の児童学習雑誌『小学一年生』。コンセプトは「未来をつくる“好き”を育む」。毎号、各界の第一線で活躍する有識者・クリエイターとともに、子ども達各々が自身の無限の可能性を伸ばす誌面作りを心掛けています。時代に即した上質な知育学習記事・付録を掲載し、HugKumの監修もつとめています。

お子さんが使っている歯みがき粉のTOP10発表!

今回の調査では、小学館の学年誌『小学一年生』12月号の読者の保護者750人に、はがきとwebでアンケートを実施。質問内容は「お子さんが使っている歯みがき粉の商品名を教えてくださいというもの。さっそくランキングをみていきましょう!

10位 クリニカKid’s ジェルハミガキ(LION[ライオン])

クリニカKid’sジェルハミガキ(ライオン)

 

第10位はライオンのクリニカKid’sジェルハミガキです。

親子の仕上げ磨きのサポートにもなるように、泡立ちを抑え、すすぎがしやすいジェル状の歯みがき粉です。もちろんむし歯予防に効果があるフッ素(フッ化ナトリウム)が含まれていますし、それ以外の成分は食品使用成分と同じものが使われているそうです。キシリトール(天然素材甘味剤)も配合。味はグレープといちごの2種類です。

9位 ぷちキッズ(Pigeon[ピジョン])

ぷちキッズ(ピジョン)

 

第9位は、Pigeon(ピジョン)のジェル状歯みがき ぷちキッズ

1才6ヵ月ころからの乳歯の性質を考えてつくられた、歯の黄ばみ汚れや歯垢を除去し、歯質を強化し虫歯の発生及び進行を予防するジェル状歯みがきです。味はぶどう、いちご、キシリトールの3種類。どれもミントタイプの香料は使われていないので、赤ちゃんも嫌がらない味だそうですよ。

8位 ライオンこどもハミガキ(LION[ライオン])

ライオンこどもハミガキ(ライオン)

 

第8位はライオンのライオンこどもハミガキ

フッ素(モノフルオリン酸ナトリウム)配合で、「酸」に負けない強い歯質をつくり、むし歯を予防する歯みがき粉です。お子さんに人気のアンパンマンのチューブで、なくさないようにキャップと一体化されています。味はメロンといちごの2種類。メロン味はメロンパンナちゃん、いちご味はドキンちゃんが目印ですよ。

7位 クリニカ(LION[ライオン])

クリニカハミガキ(ライオン)

 

第7位はライオンのクリニカハミガキ。大人も使う歯みがき粉がランクインしました。ご家族でいっしょにお使いなんでしょうか。

ライオンが独自に開発した「高密着フッ素処方」で、フッ素が長く歯に留まってむし歯の予防をするそうです。また初期の歯垢が落としやすくなる成分も入っているそうですよ。味はフレッシュミントと辛みを抑えたマイルドミントの2種類です。

6位 クリアクリーンキッズ(Kao[花王])

クリアクリーンキッズ(花王)

 

第6位は花王のクリアクリーンキッズです。

乳歯や生えたばかりの永久歯をむし歯から守るように、むし歯を防ぐフッ素(フッ化ナトリウム)とキシリトール(カルシウム補給助剤)が配合されています。チューブに描かれているのは「くじらクリーン」。HPではくじらクリーンといっしょに楽しく歯みがきできますよ。

子どもの歯科矯正のメリットは?はじめるタイミングや期間、費用にQ&Aで教えます!【歯科医監修】
子どもの歯が抜けて永久歯に生え変わるころになると、気になってくるのが子どもの歯並びです。「子どものうちに矯正しておいた方がいい」という話もよ...

編集部おすすめ

関連記事