子どもの下着・肌着選びで優先していること、3位はシーズン、2位は素材、1位は?

乳幼児の肌は、肌の一番外側で刺激から肌を守る表皮の厚みは、大人の約半分しかないそうです。外的要因で肌荒れをしやすい子どもたちの肌着選びは、慎重になるママ・パパも多いのではないでしょうか。今回は、下着・肌着選びで重視していることを、アンケート調査してみました。

アンケートを実施したのは・・・

親と子をつなぐ、2・3・4歳の学習絵本『めばえ』。アンパンマン、きかんしゃトーマスなど人気キャラクターと一緒に、お店やさんごっこや乗り物あそび、シールあそび、ドリル、さがしっこ、めいろ、パズル、工作、お絵かきなど、様々なあそびを体験できる一冊。大好きなパパ・ママとのあそびを通して、心の成長と絆が深まります。

子どもの肌着・下着選び、優先していることランキング

今回は、小学館の幼児誌『めばえ』 2月号の読者1000人にアンケートで回答をいただきました。質問内容は「お子さんの下着・肌着選びでとくに優先していることを教えてください」というもの。さっそく8位から見ていきましょう!

8位 オンラインで買えるもの

ネット通販で購入できるものを選んでいる人も多く、オンラインで買えるかどうかも選びの基準であることがわかりました。肌着メーカーのネット通販も充実しているので、欲しいサイズの商品が確実に手に入ることも理由のようです。

7位 好きなメーカー・ブランド

7位は、好きなメーカーやブランドが決め手になるという回答です。気に入った商品のあるメーカーやブランドをリピートして買っている人も多くいることがわかります。

男の子用パンツ10選|ボクサーパンツ・ブリーフなど、おすすめキッズ下着をご紹介
男の子の下着は、ボクサーパンツ、トランクス、ブリーフと3タイプあります。今回は、この3タイプそれぞれのおすすめパンツを紹介します! ...

6位 親が好む色やデザイン

子どもの下着や肌着を選ぶのは親です。ママ・パパの好みのデザインや色で選んでいるという回答も多くありました。

5位 丈夫さ

毎日洗濯をする下着と肌着。繰り返しの洗濯にも耐えられる丈夫さを優先するという意見も多く、5位にランクイン。下着と肌着を買い換える期間も調査したくなりますが、ある程度の期間に繰り返し身につけて、へたらない丈夫さも大事なポイントですね。

【子どもの下着の選び方】綿100%で安心の長袖・半袖のおすすめ肌着7選
おすすめの子ども下着をご紹介。綿100%で肌に優しい長袖肌着や、春夏におすすめの半袖肌着など。人気アイテムを厳選しました。 綿10...

4位 本人が好きなキャラクターやデザイン

ここから回答数が一気に増えて、4位には本人が好きなキャラクターやデザインを選んでいるという回答がランクインしました。

キャラクター派でないママ・パパでも、見えない下着や肌着くらいは子どもの好きなキャラクターOKとしている人もいるとか。気に入ったキャラクターのパンツだと、トイレトレーニングを積極的にやってくれるから、という意見もありました。

3位 季節に合わせた素材や型

夏には速乾素材、冬には保温効果のある素材などなど、肌着も季節に合わせてバリエーションが豊富です。

着用する季節に合わせて長袖、半袖など型も選んでいるという人もとても多い結果となりました。

子供の下着おすすめ10選|綿100%の長袖&半袖やメッシュの肌着などをご紹介
汗を吸ってくれて、子どもの肌を清潔に保つ下着。出来るだけ、肌にやさしい快適なものを選んであげたいですよね。 今回は子どもにおすすめの下...

2位 綿100%など肌にやさしい素材

2位は綿100%など肌にやさしい素材でした。「肌への刺激が少ない綿素材を選ぶ」「縫い目が肌に当たらないように外側になっている縫製の肌着を着せている」というママ・パパも多く、乾燥やアレルギーなどの肌荒れを起こさない対策を考えて肌着を選んでいることがわかりました。大人が思う以上に肌の表皮が薄い乳幼児。素材選びを優先するのも納得ですね。

【医師監修】アレルギーを持つ子供の衣類の選び方や注意点、かゆがったときの対処法からおすすめの下着・小物まで
子供のアレルギーには、かゆみを伴うものが多くあります。そこで当記事では、かゆみが発症する子供のアレルギーにはどのようなものがあるのか、衣類の...

1位 価格

素材よりわずかに票数を集め1位となったのが、価格でした!「頻繁に買い替えるため高すぎないものを選ぶ」「低価格で信頼できる品質ならOK」という意見が多かったです。ベビー服や子ども服で人気のアパレルメーカーの、お手頃価格の下着や肌着を愛用している人も多いそう。「洋服と合わせて一緒に購入する」という意見もありました。

その他の回答も

その他の回答としては、伸縮性があってお腹が隠れるもの、ネームタグがあるもの、自分で着脱しやすい、汗が乾きやすい首元が開きすぎていないもの、洋服に響かないデザインなど、細かくこだわりを持って選んでいるママ・パパもいました。

主役アイテムではないけれど、毎日の快適さをサポートしてくれる下着・肌着。子どもに合った着心地のよい肌着を揃えてあげたいですね。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事