マイペースな3歳&5歳の娘にイライラ。夫にも非難されてしまい…【愛子先生の子育てお悩み相談室】

子育ては日々悩みの連続ですね。保育者歴47年、常に子どもに寄り添い、ママたちからの信頼も厚い自主幼稚園「りんごの木」の柴田愛子さんが、豊富な経験を元に、悩めるお母さんにアドバイス。

マイペースな娘たちを見ると怒ってばかり。そんな私に、主人はうんざり

5歳と3歳の娘がいるのですが、娘たちを見ているとイライラが止まりません。2人とものんびりタイプで、毎日、朝食を食べるのに1時間もかかります。幼稚園の支度もダラダラしていて、朝食を食べて、支度が終わるまでに1時間半かかります。

5歳の娘はピアノを習っていて、本当は幼稚園に行く前に練習をしたいのに、練習をする時間もありません。本人が「やりたい」と言うので習い始めたのに!

そんな娘たちを見ていると、つい朝からガミガミ怒鳴ってしまい、娘を傷つけるような暴言も吐いてしまいます。先日、主人に「お前に育てられると、娘たちの性格がゆがみそうだな」と言われました。正直、主人の気持ちもわかります。私はそのぐらい毎日、ガミガミ、ネチネチ文句を言っています。娘たちは、冷静に見ると決して悪い子ではありません。でも私は、怒りが収まりません。(5歳の女の子&3歳の女の子のママ)

 

 

習い事は、自分で覚悟ができる時が来るまでスッパリあきらめて。子どもは変われません。まず、夫に変わってもらいましょう

焦ることを知らない子どもたち、朝食に一時間はイタリア人なみです!

その間あなたはイライラ、カッカ。毎日ですものね。いやです。ところで、そののんびりはいったい誰に似たんでしょう? 夫ですか? ひょっとしてあなたが子どもの頃はのんびりだった?

毎日、言い続けても変わらないなら、とりあえずあきらめるか工夫しかないですね。朝食の量を減らす、一口大で入る食材にする、見ているとイライラするからその場にいない。その場は夫に任せるのはいかがでしょう? 時間切れのタイマーでベルをセットするのもいいでしょう。

自分でやりたいって言ったくせに、練習しないのも子どもの常。練習が日々続くなんて覚悟はしないで、簡単に言ったんです。やりたかったのは事実だけど、継続して努力する力はまだなかったのです。その事を予測して、自分で覚悟して「やりたい」と言えるのは小学校4年生以上だと思いますよ。まだ、発展途上の未発達な幼児なんです。

子どももあなたも負担なら、ここはいっそのこと辞めてしまいましょう。時期が来てから再開といきませんか?

たまには子どもから目を離す時間を作りましょう。夫に任せてわがままになることも大事

肝心なお父さん、あなたのイライラ受け止めて欲しいですよね。

「だいぶ行き詰っているな…」と察して、子育ての協力するとか、あなたを労るとかして欲しいものです。子どもは変われないから、夫を変えるべく頑張りましょう。

イライラはあなたにとっていいとはいえません。少しわがままになって、夫に任せてあなたの休日をつくるとか、子どもから目を離すとか自分を大事にして下さい。

まあ、「娘たちは、冷静に見ると決して悪い子ではありません」とおっしゃっているのですから、いいお母さんです!

 

 

柴田愛子 しばた・あいこ

保育者。自主幼稚園「りんごの木」代表。子供の気持ち、保護者の気持ちによりそう保育を、が信条。小学生ママ向けの講演も人気を博している。ロングセラー絵本『けんかのきもち』(ポプラ社)、『こどものみかた』(福音館書店)、『あなたが自分らしく生きれば、子どもは幸せに育ちます』(小学館)など、多数。

イラスト/海谷泰水

編集部おすすめ

関連記事