サッカーMF、FW正確に知ってる?フォーメーションがわかるともっと楽しい!

スポーツ観戦の中でも多くのファンを擁するサッカー。プレーヤーとしてゲームしない人も、試合を観戦する機会の多いスポーツですね。今やメジャースポーツとなったサッカーについて、「これだけおさえておきたい」ルールのポイントをまとめました。

4年に一度、各国の代表チームが戦うワールドカップで盛り上がるサッカー。次は2022年にカタールで開催されます。ポイントになる用語をおさえておくと、サッカー観戦はもっと楽しくなりますよ!

※この記事は、『キッズペディア  スポーツびっくり図鑑』(監/望月修・小学館)から引用して作成しています。

【サッカー】「フォワード」「ミッドフィルダー」実況の用語がわからない…

基本ルールは、1チーム11人で、試合は前半と後半に分かれ、それぞれ45分ずつ。前後半のあいだのハーフタイムは15分。選手交代などで試合が中断したら、アディショナルタイム(追加時間)として、その分を延長します。

サッカーフィールドはこうなっている

長さ100~110m、幅64~75mのフィールドで行ないます(オリンピックでは長さ105m、幅68mと決められています)。ピッチともいいます。表面には、天然芝か緑色の人工芝がしかれています。

ゴールエリア

ゴールラインから相手チームがボールを出したときに、ゴールキーパーがボールをけるエリア。

タッチライン

この線からボールを出したら相手チームのボールとなる。

ペナルティエリア

ゴールキーパーがボールを手であつかえるエリア。

ゴールキーパー(GK)

ゴールを守る。ペナルティエリア内では手を使える。

ディフェンダー(DF)

守備に重点をおく。GKの前で相手チームの攻撃を止める。

ミッドフィルダー(MF)

中盤に位置し、守備も攻撃も行う。

フォワード(FW)

相手ゴールにいちばん近いところから点をとる。

フォーメーションが大事!

選手の配置「フォーメーション」は重要な戦術のひとつです。MFは試合の流れをつくる役割があり、パス回しからゴールへつなげ、相手の攻撃を早めに防ぎます。FWはフィールドのサイドからゴール前にパスを出したり、ゴールを確実に決められたりすることが重要です。

サッカーの魅力はまだまだある!

ゴールに向かってボールを蹴るシュートは、蹴り方によってボールの回転や動きに変化をつけることができます。

ボールの外側をこするように蹴るとボールに強い回転がかかり、ボールの軌道が大きく曲がる「カーブシュート」となります。また、ボールの中心を強くける無回転シュートは、ボールが上下左右にゆれながら飛ぶ「ブレ球」となり、ボールの飛んでいく方向が予測しにくくなります。

『キッズペディア  スポーツびっくり図鑑』(小学館)より

スポーツを深堀り! 全97種類、約200種目の競技をチェック

サッカーに限らず、スポーツ観戦はルールがわかるともっと楽しくなります。

2020年夏に開催された東京オリンピック・パラリンピックの全競技と、さらに冬の競技や日本の武道など、97競技・約200種目を紹介している図鑑がこちら。ルールや道具の基本はもちろん、最新のスポーツ工学から見たテクニカルな解説も充実。一家に一冊あると便利なスポーツ知識の集大成です!

『キッズペディア スポーツびっくり図鑑』

定価3410円(税込)
判型/頁A4変型/128頁

試し読みはこちら

構成/HugKum編集部

柔道の「一本」と「技あり」はどう違う?【今更聞けないスポーツの教養】
柔道の試合を見たことがない人はいないかもしれませんが、そのルールとなるとわからないことも。「ここがわかるともっとおもしろくなる」柔道の基本ル...
欧州リーグ優勝のビジャレアルCF 日本人女性監督が語る「教えないスキル」は子育てに学ぶべき点もいっぱい
2021年欧州リーグ優勝で注目を集めたビジャレアルCF。選手の人格形成を重視した「教えずして人を伸ばす」育成術で世界的な評価を集めて...

スポーツ特集

編集部おすすめ

関連記事