五輪で大ブーム到来!【スケボー】のルール、知っておきたいあれこれまとめ

2021年夏のオリンピックで、華麗なトリック(技)が注目の的となったスケートボード。若い選手が世界で活躍している今日、ますます人気のスポーツとなりそうです。そんなスケボーのルールや競技のポイント・魅力について見ていきましょう。

「デッキ(板)」に車輪がついたスケートボードに乗り、さまざまな「トリック(技)」の完成度などを競うスケートボード。2020年東京オリンピックでは、男女の「パーク」と「ストリート」が正式種目になり、日本はメダリストを多く輩出して話題になりました。

※この記事は、『キッズペディア  スポーツびっくり図鑑』(監/望月修・小学館)から引用して作成しています。

【スケートボード】「ストリート」のコースってどうなってるの…?

スケートボードには、コースの特徴が異なる「パーク」と「ストリート」2種の競技があります。

「パーク」と「ストリート」

「パーク」はおわん形のくぼいをいくつも組み合わせたコースを使い、45秒でたくさんのトリックをくりだす種目。3回の演技のうち、最も高い点数で順位を競います。

いっぽう「ストリート」は、階段・手すり・縁石・斜面など、街中(ストリート)にあるようなさまざまな構造物を利用して、独自の組み合わせのトリックを行います。

「ストリート」のコースはこんな感じ

写真:松尾/アフロスポーツ

パイプ

丸い棒状の構造物。

カーブ

縁石などの段差。

レール

平均台のような四角い棒状の構造物。

クオーターパイプ

円周の4分の1(クオーター)の斜面。

スケートボードの魅力から目がはなせない!

「パーク」「ストリート」のほか、ハーフパイプや、大きなジャンプ台からとぶビッグエア、平面のコースでトリックを競うフリースタイルといった種目もあります。

競技で使われるスケートボードの決まりは「4つの車輪がついた板」ということぐらいしかありません。長さ1mをこえるロングスケートボードもありますが、パークやストリートで使われるのは、80cmほどのショートスケートボードです。

斜面を滑りあがったスピードを利用して、空中高くで大きく体の向きをひねるエアトリックには、ハッと息をのみます。オリンピックやその他の国際大会で、10代前半の選手が世界で活躍している様子も注目されています。

『キッズペディア  スポーツびっくり図鑑』(小学館)より

スポーツの「もっと知りたい」におすすめの決定版!

スケボーに限らず、スポーツ観戦はルールがわかるともっと楽しくなります。

2020年夏に開催された東京オリンピック・パラリンピックの全競技と、さらに冬の競技や日本の武道など、97競技・約200種目を紹介している図鑑がこちら。ルールや道具の基本はもちろん、最新のスポーツ工学から見たテクニカルな解説もぎっしり満載。子どもも大人も学べるスポーツ図鑑の決定版です。

『キッズペディア スポーツびっくり図鑑』

定価3410円(税込)
判型/頁A4変型/128頁

試し読みはこちら

構成/HugKum編集部

サッカーMF、FW正確に知ってる?フォーメーションがわかるともっと楽しい!
4年に一度、各国の代表チームが戦うワールドカップで盛り上がるサッカー。次は2022年にカタールで開催されます。ポイントになる用語をおさえてお...
卓球のルール、もっと知りたい!「チキータ」ってどんな打法?【スポーツの教養】
2021年夏のオリンピックでは、台の上で繰り広げられる高速ラリーに息をのみました。「今何が起こったの?」とよくわからないまま圧倒されてしまっ...

スポーツ特集

編集部おすすめ

関連記事