鮭を使った離乳食中期・後期のレシピ。下処理と保存法についても解説。

くせがなく食べやすいので、離乳食期だけでなく、ずっと子供に人気です。鮭のおいしいこの季節、いろいろなメニューに使ってみてくださいね。

離乳食の鮭はいつから食べてOK?

は白身魚と比べて脂肪分が多いので2回食になる中期から茹でて脂肪分を取り除いてから使います。 タンパク質、ビタミンÐビタミンB群などを含む栄養価の高い食材で、色合いもきれいなので食欲もUPします。

鮭を与えるときの注意点

鮭でもやトロサーモンなど塩分や脂肪の多いものは離乳食では避け、生鮭を湯通ししてから使いましょう。 アレルギーの可能性を考慮し、はじめて食べさせるときは、一口だけにするなどの考慮が必要です。

 

鮭の下処理や調理方法

下処理について

調理の前に一度色が変わるまで茹で、余分な油分を取り除いておきましょう。骨と皮を取り除いたら、生鮭の入った器に大さじ1の水を加えて、ラップをして40秒ほどレンジにかけて火を通します。

保存法について

下茹でしたものは、フォークなどでほぐしてフレーク状にして、食べきる分量ごとにフリージングするのがおすすめです。

 

 <離乳食中期のレシピ> 鮭と枝豆のおかゆ

味わい、食感を楽しみながらたくさん食べてほしいですね。

材料(1食分)

生鮭 15g

枝豆 10g

水 大さじ1

5倍がゆ

青のり 少々

作り方

1. 生鮭に大さじ1の水を振り、ラップをかけてレンジで1分間加熱後、細かくほぐします。

2.枝豆にラップをして1分間レンジで加熱後、細かく刻みます。

 

3. 5倍がゆに1.2を混ぜ合わせて、青のりをまぶします。

器に盛り付け、できあがり。

鮭にはうまみがあるので、淡泊なおかゆやイモ類と混ぜるのもおすすめです。

初めての離乳食「おかゆ」。失敗しらずは5倍がゆのマスターから【初期・中期・後期成長別レシピ】
まず5倍がゆをマスターするのが成功のカギ! 離乳食がスタートすると、まず覚えたいのがおかゆの作り方。赤ちゃんの主食となるご飯は、離乳食では...

 

 <離乳食後期のレシピ> 鮭とほうれん草のグラタン

後期には徐々に食べ応えのあるものを。相性の良いホワイトソースは覚えておくと、ホワイトシチューやスープに応用もできます。

材料(1食分)

鮭 15g

じゃがいも 20g

あく抜きしたほうれん草 15g

作り方

1. 鮭、スライスしたじゃがいも、あく抜きしたほうれん草を容器に入れ、ラップをしてレンジで1分加熱しておきます。

2. 耐熱皿に1を並べ、ホワイトソースをかけ、粉チーズを振りかけて、オーブントースターで焼き色がついたらできあがり。

<ホワイトソースの作り方>

1. 小麦粉(小さじ1)、バター(少々)を練り、ラップをかけて20秒加熱します。

 

1. 水(大さじ1)と1を混ぜ合わせて、牛乳(大さじ1)を少しずつ加えながら30秒レンジで加熱。

 

2. さらに混ぜて、レンジで30秒加熱したらできあがり。

 

 

レシピ:野村泉先生<栄養士・幼児食アドバイザー>

病院内にて妊産婦・乳幼児の栄養指導に従事。東京・小金井市のもぐもぐ子ども調理室にてレシピ監修、講義サポート、離乳食・幼児食講座を担当。

 

構成/HugKum編集部 写真/田中麻衣

編集部おすすめ

関連記事