家の庭でバーベキューを楽しむために! 近所へのマナーや準備とおすすめグッズ

コロナ禍でのおうち時間をきっかけに、近頃流行りの「お庭バーベキュー」。今年こそうちでもやってみようかな、と検討しているご家庭も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、お庭バーベキューを楽しむためのマナーや準備、おすすめアイテムをご紹介していきます!

家の庭でバーベキューをしてもいい?

自宅庭でのバーベキューは、気軽そうな反面、近所迷惑にならないか、そもそも法的にOKなのか……といった不安も付きものです。まずはお庭バーベキューについてを、法的な観点から解説していきます。

お庭バーベキューは違法にならない?

住宅街においても、ご自宅の敷地内であれば、バーベキューをすることは違法ではありません。

ただし、バーベキューによって過度に騒音が立ったり、他人に損害が発生したりすると、民事上の「損害賠償責任」を負ってしまう場合も……。近所に迷惑が及び、通報されてしまうケースも多いので、ご近所への配慮・気配りは必要不可欠です。

マンション等のベランダは規約の確認を

また、ご自宅がマンションやアパートの場合は、より念入りに注意をする必要があります。

マンション・アパートのベランダで火を使うことは、法律違反ではありませんが、物件の規約違反となる場合があります。契約の解除や、管理組合から使用禁止を求められる可能性もあるので、たとえ自分の物件であったとしても、事前に規約を確認をしておく必要があります。

お庭バーベキューのマナー

お庭バーベキューには、周囲への配慮やマナーの遵守が必要不可欠であることがわかりましたね。では、なかでもどのようなことにマナーとして配慮すればよいのでしょうか。ここからは、お庭バーベキューで守りたい最低限のマナーを、具体的にお伝えしていきます。

炭火の煙や臭いに気をつける

一度つくとなかなか落ちない、頑固な炭火の匂い。自宅や近隣へと煙が舞い込まないよう、コンロを設置する際は風向きや距離に気を配りましょう。

また、なるべく煙やにおいの少ない炭を使用するのもおすすめです。

騒音を立てない

お庭バーベキューでのトラブルの元になりやすいのが、やはり騒音。

楽しくバーベキューをしていると、ついつい声も大きくなりがちです。なかなか判断が難しいところでもありますが、ご近所さんに配慮しながら、常識の範囲内で盛り上がれるのが理想です。

頻繁にやりすぎない

また、バーベキューを毎週のように頻繁にやりすぎるのも控えたほうがベター。

住宅街でのバーベキューは、少なからずとも近隣に迷惑がかかってしまうものです。小さなできごとが周囲に大きなストレスを与えてしまう場合もあるので、頻度はできるだけ控えめに。

夜遅くまで続けない

夜遅くまでバーベキューを続けることも、近隣トラブルのもとです。

ご近所さんには早めに就寝される方や、ご高齢の家族、赤ちゃん、病気の方がいる場合も。遅くとも夜21時くらいまでには撤収するのがマナーです。

火に気をつける

そして、なによりも気をつけなければならないのは、とにかく火事。

炭の燃え残りは、しっかり水をかけて消火するほか、芝生や木製の家具類に火が燃え移ったりしないように十分気をつけましょう。

お庭バーベキューの楽しみ方

周囲へのマナーをふまえると、だんだん「お庭バーベキューってめんどくさい」なんて気分が下がってしまう方もいるかもしれませんね。でも、大丈夫。ここからは、マナーを守りつつ快適にお庭バーベキューする方法をご紹介していきます!

臭い&煙対策には、無煙ロースターの使用や炭選びを

臭いや煙の対策には、先述したとおり、炭選びが大切です。

まざまにある木炭の中でも、特に備長炭は煙や臭いが少ないといわれます。なるべくこれらのような炭を使用するようにしましょう。また、無煙ロースターを使用したり、風向きに注意することも有効です。

カーサイドタープ等で目隠し&煙避けを

本来、車の側面などに張ってプライベート空間を広げるためにあるカーサイドタープ。風に強く、片側からの視線をシャットアウトしてくれるほか、雨風を避けてくれたり、煙が真隣に吹き込むのを防いでくれます。

カーサイドタープがなければ、ホームセンターによくあるパーテーションを風で飛ばないように固定するのもアリです。

炭はアルミホイルを敷いてから!

炭を使用する際は、後始末を考慮して、コンロにアルミホイルを敷いておくのが便利です。

鎮火したあとの炭は、灰が散らばって扱いにくくなります。その灰が風に飛ばされてご近所中を舞ってしまうと、あわや大惨事に。そんなトラブルを防ぐために、炭はコンロにあらかじめアルミホイルを敷いてから、置いていくようにしましょう。バーベキューが終わったあとは、アルミホイルごと丸めて捨てればOK。コンロが汚れるのも防いでくれて、一石二鳥です!

食材は人数に合わせて調整

ご近所さんへの迷惑に直接つながるものではありませんが、バーベキューの際にもうひとつ気をつけておきたいことが、食べ残し。張り切るとついついたくさんの食材を買い込んでしまいますが、日持ちのしない生鮮食品や、冷蔵庫に入り切らないものなどは、余らせない量を考慮して用意しましょう。

▼関連記事はこちら

【バーベキューのやり方まとめ】火起こし方法やコンロの使い方、食材の美味しい焼き方などのコツ
バーベキューのやり方のコツをご紹介! 大人気のバーベキュー、すべて現地で用意してくれて、道具や食材を持たずに出かけられる施設も増えています...

お庭バーベキューに必要なもの

ここからは、お庭バーベキューに必要なアイテムをご紹介! 「必要不可欠なもの」「準備しておくと便利なもの」の両方をチェックしておきましょう。

コンロ・炭

バーベキューに必須なアイテムといえば、当然ながら、コンロと炭。コンロには、卓上型のタイプや、みんなで火を囲って楽しむ焚き火台タイプなど、さまざまな種類が存在します。

おなじく炭にもさまざまな種類があります。先述したとおり、なるべく匂いや煙の少ないものを選ぶのがおすすめです。

調理器具などの小物類

調理器具などの小物類も、メニューによっては改めて揃えておく必要があるかも。ナイフやまな板、トングなどの必須アイテムに加えて、ケトルやカップ、飯ごうなど、使用するものを今一度洗い出しておきましょう。

テーブル・チェア

テーブルやチェアは、家族みんなで快適に過ごせるものを用意しましょう。

この時に気をつけたいのは、テーブルとチェアの高さが合っていること。元々セットになっている商品を購入するのもおすすめです。

タープなどの日よけ

先述したとおり、目隠しにも日よけにもなってくれるタープがあると便利。地面にペグを打ち込めない環境でも簡単に設営できる商品もあるので、是非検討してみては。

ランタン・照明

夜にバーベキューをするのであれば、ランタン等の照明も用意しておきたいですね。コードを引けない場合は、電池交換式のLEDランタンが◎。暖色系のものなら、夜のお庭バーベキューがちょっぴりムーディーになりますよ。

▼こちらの関連記事も

バーベキューにいるものは? 必要なものやあると便利な道具、子供の持ち物までチェック!
バーベキューにいるものを準備しよう! 屋外で食材を豪快に焼くバーベキューは、グリルを準備する時間も焼いている時間もワクワクするもの。世代を...

【実例】おしゃれ&快適なお庭バーベキューのレイアウト

「お庭バーベキューがどんなものか、いまいち想像がつかない」という方のために、ここではインスタグラムで見つけたお庭バーベキューの実例をご紹介! おしゃれ&快適なレイアウトの例として、参考にしてみては?

円形テーブルを使ったユニークなバーベキュースタイル!


garagemasuokaさんは、お庭のガレージ前でBBQ。円形のテーブルで焚き火を囲むスタイルがユニークかつおしゃれですね。テレビも設置されて、いつまででもくつろいでいたくなるバーベキューのレイアウトです。

広いお庭で本格派バーベキュー


広々とした敷地内でお庭バーベキューを楽しむのは、m_family_outdoor.camp2018さん。普段からキャンプに慣れ親しんでおられるので、コンロほか調理器具も本格的! 複数設置されたランタンもまた、バーベキューの雰囲気を素敵に演出していますね。

バルコニーで夕日を眺めながら……


balcony.life.miyakoislandさんは、ご自宅のバルコニーでご家族とのバーベキューを満喫♪  広々としたバルコニーなので、キャンプ用のテーブル&チェアに焼き肉プレートさえあれば、バーベキュー気分を十分すぎるほど堪能できますね。夕日を眺めながら、素敵な思い出が作れそう!

お庭バーベキューのおすすめグッズ 5選

ここからは、お庭バーベキューの具体的なおすすめグッズをご紹介! バーベキュー前のアイテム調達中の方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

イワタニのタフまる

カセットフー タフまる オリーブ CB-ODX-1-OL

炎長が短い多孔式バーナーを搭載しているので炎が消えにくい、イワタニのタフなコンロ。風を気にせず野外で使えるほか、ケース付きで持ち運びも便利です。耐荷重は20kg。これひとつでバーベキューが十分に楽しめる優れものです。

「火力が強いし、合わせる鉄板もいろんな種類があるからいろいろ楽しめる」(40代・神奈川県・子ども1人)

ロゴス 固形燃料 エコココロゴス ミニラウンドストーブ

固形燃料 エコココロゴス ミニラウンドストーブ

ヤシガラを再利用したエコな成型炭。マッチでも簡単に着火でき、1分でバーベキューを開始することができます。さらに、1個でステーキ4枚以上焼き上げることも可能! すぐれた燃焼効率を誇る便利アイテムです。

「燃焼時間が長く、コスパが良い」(30代・大阪府・子ども2人)

バルミューダ ザ・ランタン ブラック

バルミューダ ザ・ランタン ブラック

バルミューダのランタンは、バッテリー内蔵型で、アウトドアでも使い勝手が抜群! LEDで省エネなのに、キャンドルのようにゆらめく灯りがロマンチックな逸品です。お庭バーベキュー以外にも、就寝前の読書時や、防災時にもなにかと活躍してくれます。

Overmont アルミ クッカーセット

Overmont DS-300 アルミ クッカーセット

バーベキュー時に重宝する、鍋やフライパン、ケトル、お椀、カトラリーなどが一式揃ったクッカーセット。鍋やフライパンのハンドルは滑り止め&断熱タイプで、安全に扱うことができます。また、それぞれが持ち運びやすいコンパクトなつくりなのも、うれしいポイント!

山善 BBQパティオ テーブル&ベンチ

山善 ガーデンマスター BBQパティオ テーブル&ベンチ(4点セット)

天然木杉材を使用した、6人掛けの大型テーブル&ベンチセット。広々としているので、大人数でのお庭バーベキューでもゆったり使えます。バーベキューをしていないときも、家族の憩いのスペースとして使えそう。テーブル中央にはコンロ用スペース付き!

安全面やマナーに配慮しつつ、楽しいお庭バーベキューを!

今回は、お庭バーベキューを楽しむためのポイントや、準備しておきたい便利アイテムをお伝えしてきました。プライベートな空間でやるからこそ、気軽な一方で、安全や周囲への配慮がより必要となるお庭バーベキュー。今回お伝えしてきたマナーにも気を配りつつ、みんなにとって快適で楽しい時間をお過ごしくださいね。

あなたにはこちらもおすすめ

バーベキューが盛り上がる! 焼くもの具材のおすすめは? 定番から変わり種・お菓子まで人気30選
バーベキューが盛り上がる焼くものの具材は? ひとくちに「バーベキュー」と言っても、扱う具材やスタイルはご家庭によって異なります。みなさんは...
バーベキューのシメはこれ! シメ&ご飯ものメニュー7選|定番のアレから、おしゃれで美味しい絶品レシピまで
バーベキューのシメ&ご飯ものといえば? カレー…! 焼きそば…! 焼きおにぎり…! バーベキューの醍醐味のひとつでもある「シメ」と「ご飯...

構成・文/羽吹理美

編集部おすすめ

関連記事