二宮和也が「嵐」活動中は受けられない、と大切に温められた映画『TANG タング』いよいよ公開!心の支えになった存在は?

二宮和也の2年ぶりとなる主演映画『TANG タング』の公開初日舞台挨拶が開催。二宮さんや満島ひかりほか豪華キャスト陣が登壇し、撮影秘話をたっぷり語ってくれました。

8月11日開催『TANG タング』公開記念舞台挨拶

二宮和也主演映画『TANG タング』が8月11日より公開となり、主人公の春日井健を演じた二宮さんをはじめ、満島ひかり、市川実日子、小手伸也、奈緒、山内健司・濱家隆一(かまいたち)、景井ひな、武田鉄矢ら豪華キャスト陣と、三木孝浩監督が公開初日舞台挨拶に登壇しました。

二宮さんが、本作への出演オファーを受けたのは2020年という、まさに「嵐」の活動が佳境に入っているタイミング。二宮さんはグループの活動に集中するためにその返事を1年間待ってもらったとか。

二宮さん自身も、2年ぶりとなる主演作の公開に「嵐の活動中は受けられないと、お話をさせていただいていましたので、待っていただきありがとうございます!という感じでした。僕らの思いが伝わるとうれしいです」と満面の笑みを浮かべ喜びを伝えました。

三木監督は「健役には二宮さんしかいないと思っていたので、いくらでも待ちますというお話させていただきました。二宮さんと満島さんは初共演になるんですけど、人生で辿ってきた道のりや、超えてきた壁が似ていると思うんですよ。なので、お二人が演じた夫婦の空気感が本当に心地良くて、現場では鳥肌たちましたね」と返すと、客席からは温かい拍手が送られました。

原作者であるデボラ・インストールから絶賛コメントが到着


本作の原作小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」の著者であるデボラ・インストールからは、下記の心温まるコメントも届きました。

「マスクを交換するほど号泣してしまいました。後半はずっと感動しっぱなしでした。映画の中で健が成長していく姿には原作者としても嬉しかったです。二宮さんの演技はパーフェクトで本当に素晴らしかったです。健とタングがお互いを好きになっていく過程と同時に観客もこの二人のキャラクターを好きになっていく、健とタングと観客の心の動きが重なっていくのを実感しました」

これには二宮さんも「パーフェクトか~!良いお酒が飲めそうだなと思います(笑)。みんなで作品を作り上げたので、それが伝わって良かったです」と原作者からのメッセージに驚きながらも喜びを笑顔で伝えました。

続いて本作でグッときてしまうシーンについて聞かれた二宮さんは「最後のシーンですかね。実は撮影の中盤くらいで、泣くことができなくなってしまってシーンの途中で撮影が終わってしまったんですよ。本来だったら、一応泣かなくても良いから全体像を見るために全部走り切りたいっていう思いが現場には必ずあって。でも三木監督は『撮影を中断して、明日ちゃんと撮りましょう』と言ってくださった。その対応も含めて感動しましたし、役者としても有難いですよね」と三木監督に感謝しました。

満島さんも三木監督について「現場に発泡スチロールのタングがいる状況でお芝居をしながら自分たちが迷う中で、道標を作ってくれたんです。1つ1つのセリフとか動きの全部を映画に合うような指導をいっぱいしてくれて、それが映画を観たとき本当に素敵で。初めて観た時、けっこう泣きました。健が泣くと泣いちゃいました。絵美の気持ちで観てたのかな? 健が冒険をして、タングからいろんなものをもらって。タングが成長しているように見えて、どんどん健が成長していることにすごい泣けました」と告白。

二宮和也がいかりや長介からもらったアドバイスとは?

©2015 DI ©2022映画「TANG」製作委員会

劇中の「タング、健のために」というタングの印象的な台詞にちなみ、ゲストの皆さんの「心の支えになった存在は?」という話題に。

二宮さんは「一緒に仕事をしてくださる人たちかなって思います。昔、若い頃にいかりや長介さんから『君とだったらこの作品で、もうどんなことになっても、もう死んだってかまわないっていう人を、1人は見つけなさい』っていうふうに教えられました。僕はご一緒してきた共演者の方々、製作陣の方々の運は誇るべきものだと思っているので、今回もそうでしたけど、次回もそうであってほしいと思いますね」とコメント。

次に満島さんは「漠然としてますが、愛ですね。兄弟が下に3人いるんですけど、俳優をやっている弟が生まれた時に『仲間ができた!』って本当に嬉しくて。人生の仲間を愛していく、仕事自体も、いろんなことに1つ1つ愛情を持てるものがあるから大丈夫って思えます」と答えると、濱家さんは「20年近く一緒にやってきてますから、一緒にやってこなかったらこの場にもいなかったので、相方の山内ですね」とコンビ愛溢れる回答をしました。

それに対して相方の山内さんは「僕はジョニー・デップです。漠然とですけど、20年くらいジョニー・デップを見てきて、ジョニー・デップとなら、きっと大丈夫」とボケて、会場の笑いを誘いました。

最後に二宮さんは「本日はありがとうございました!とにかく、みんながタングを思い浮かべながら作品に参加しました。何度でも観ていただけたら嬉しいです」と自身の2年ぶりとなる主演作へ込めた思いを語り、イベントは幕を閉じました。

『TANG タング』概要


原作は、ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた、イギリスのハートウォーミング小説「ロボット・イン・ザ・ガーデン」。ゲーム三昧で妻に捨てられてしまったダメ男・春日井健(二宮和也)が、記憶を無くした迷子のロボットと出会います。そのロボットは自分のことを“タング”と名乗りますが、やがてタングが失った記憶に、世界を変える秘密が隠されているということが判明します!

『TANG タング』は8月11日(木・祝)より全国公開中
監督:三木孝浩 原作:原作『ロボット・イン・ザ・ガーデン』(デボラ・インストール 作 松原葉子 訳 小学館文庫)
出演:二宮和也、満島ひかり/市川実日子、小手伸也、奈緒、京本大我(SixTONES)、山内健司、濱家隆一(かまいたち)、野間口徹、利重剛、景井ひな/武田鉄矢…ほか
公式HP:tang-movie.jp
著/デボラ・インストール 訳/松原葉子|990円(税込)

2016年ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた、抱きしめたいほどかわいくて切ない友情物語!「とにかくタングがかわいい!」と世界中の読者を虜にしている、抱きしめたいほど切ない物語。

©2015 DI ©2022映画「TANG」製作委員会

文/山崎伸子

編集部おすすめ

関連記事