子供のインフルエンザ、症状や薬、予防接種について小児科医が解説!

毎年のように流行するインフルエンザ。予防のために、家庭でできることは? かかったときはどうすればいい?

インフルエンザのウイルスは、気温が下がる秋から冬にかけて活発になります。感染力が強いため、かかってからの対処より、予防が重要です。子ども自身のためだけでなく、周りの人たちのためにも、ひとりひとりが予防を心がけることが大切です。予防接種や子供がかかったときの対策について、東京都八王子市・金井内科医院の金井正樹先生にお話を伺いました。

インフルエンザワクチンの接種方法

予防接種の間隔は4週間がベスト。効果は最長5か月ほど

インフルエンザの予防法としてもっとも確実なのは、ワクチンの接種です(生後6か月から接種可能)。子供の場合は、2回接種が基本。初回から2週間たてば2回目の接種が可能ですが、約4週間あけて2回目を接種すると、予防効果がもっとも高まります。ワクチンの効果が期待できるのは、2回目を接種した2週間後から、最長で5か月間ほどと考えられています。インフルエンザの流行が本格化するのは12~2月ごろであることを考えると、初回を10月中旬、2回目を11月中旬ごろに接種しておくのがおすすめです。

子供の合併症予防にもワクチンは有効

ワクチンの予防効果は100パーセントではありませんが、ワクチンを接種しておくことで、仮に感染しても、重症化を防ぐことができます。子供の場合、まれにインフルエンザに伴って「インフルエンザ脳症」を起こすことがありますが、こうした深刻な合併症の予防にも、ワクチンは有効です。

インフルエンザの感染経路は?予防のためにできること

インフルエンザは、せきやくしゃみをしたときに、ウイルスを含むだ液などが飛び散ることで人から人へうつります。飛び散っただ液などは、手を介してうつることも多いので、家庭では、うがいと手洗いをしっかり行いましょう。

免疫力の低下を防ぐため、規則正しい生活で体力を保ち、インフルエンザが流行している時期は、できるだけ人込みを避けるのも大切です。

正しい知識とホームケアが大切! インフルエンザ&冬の病気
寒くなってくるこれからの季節は、お子さんの体調管理に気をつかいますよね。予防のために大切なことやホームケアのポイントについて、小児科の先生に...

子供のインフルエンザは高熱と風邪のような症状が特徴

インフルエンザにかかると、38度以上の高熱に加え、のどの痛み、鼻水など、風邪のような症状があらわれます。さらに、関節や筋肉の痛みが起こることもあります。症状だけでは風邪と区別することは難しいのですが、流行している時期に高熱が出たら、インフルエンザを疑いましょう。 インフルエンザかも……と思う症状に気づいたら、早めに病院へ。

病院では、綿棒で鼻の奥の粘膜をとる検査を行います。検査の結果は15分ほどでわかり、インフルエンザだった場合は、抗ウイルス薬が処方されます。症状や受診のタイミング、年齢によっては、抗ウイルス薬を使わず、対症療法を行うこともあります。

子供がインフルエンザにかかった際に処方される「抗ウイルス薬」とは

抗ウイルス薬とは、体内でウイルスの増殖を抑え、症状の悪化を防ぐ薬です。いくつかの種類がありますが、乳幼児なら、飲み薬を出されることが多いでしょう(5歳以上なら吸入する薬を出されることもある)。抗ウイルス薬は、必ず医師の指示どおりに飲みきることが大切。症状が軽くなったからといって、自己判断でやめたり量を減らしたりするのは避けましょう。

家庭では安静にし、高熱による脱水を防ぐため、こまめに水分をとらせます。子どもの場合、インフルエンザに伴って、急に走り出す、興奮する、などの異常行動が見られることがあります。最低でも発症から2日間は、子どもから目を離さないようにしましょう。

インフルエンザ、子供の予防接種はいつ受ける?普段からできる予防法を小児科医が解説
Q:インフルエンザ予防に大切なことは? 今年もインフルエンザのシーズンが始まりました。インフルエンザは何が怖いの? いつ頃からどんな予防を...

 

金井正樹先生
東京都八王子市・金井内科医院
院長 国立小児病院、米国の小児病院などで小児外科の臨床・研究を行い、2008年より現職。診療科目は内科、小児科、小児外科、外科。保育園の園医、小・中学校の校医も務める。

イラスト/小泉直子 出典/『めばえ』2017年11月号

 

 

編集部おすすめ

関連記事