保育園ではどんなおもちゃを使ってる?保育士のおすすめ8選

保育園でのおもちゃのイメージ画像

保育園で使うおもちゃは、とても人気

保育園でよく使われているおもちゃはとても人気が高く、自宅用に購入する方が少なくありません。今回は、保育園で使われているおすすめのおもちゃを厳選して8種類、知育玩具を中心に年齢別にご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

保育園にあるおもちゃ選びの基準は

おすすめのおもちゃをご紹介する前に、まずは保育園でよく使われているおもちゃを選ぶ際に最低限チェックしておきたいポイントについて解説していきます。

自宅に置くスペースを確認

保育園や幼稚園に置いてあるおもちゃの中には、サイズが大きなものもありますよね。自宅用に購入する場合には「収納するスペースがあるかどうか」を最初に考えておく必要があります。特に実物を見ずにネット通販などで購入する場合は、購入前にサイズをチェックすることをおすすめします。

安全性の確認

子どものおもちゃは、安全に遊ぶことができるものを選びたいもの。特に0~1歳ごろの赤ちゃん用のおもちゃは安全性をしっかりチェックする必要があります。身近にあるものを何でも口に入れたり舐めたりしてしまう年齢だからです。
もちろん2歳以上の子どもに遊ばせるおもちゃであっても、安全なものであることに越したことはありません。安全なおもちゃを選びたい場合は、日本玩具協会が定めている安全基準の「STマーク」や、EU加盟国の安全基準の「CEマーク」などがつけられているかどうかチェックするのも一つの方法です。

保育園でおすすめ!0〜1歳のおもちゃ

まずは0~1歳ごろの子どもにおすすめのおもちゃをご紹介します。舐めても安心な素材で作られているものなど、安全に遊ばせることができるおもちゃが良いですね。

★0~1歳児向けのおすすめのおもちゃ

・無塗装のおもちゃ
・天然素材で作られているもの
・丸洗いできるもの

【1】オーボール ラトル ブルー

null
手に持ってゆすったり転がしたりすると音が鳴る、赤ちゃんでも簡単に遊ぶことができる可愛いラトル。接着剤が使用されていないところが特徴で、赤ちゃんが舐めたりしてしまっても比較的安心な作りになっています。赤ちゃんはおもちゃなど身近にあるものを何でも舐めたり口に入れたりしてしまうので、舐めても大丈夫なおもちゃは嬉しいですよね。
網状になっているところもポイントで、赤ちゃんの小さな手でも掴みやすくなっています。指先の発達を促す知育玩具としても人気の商品です。

【2】O’ball オーボール ラトル&ロール レッドカー

null
こちらは生後3カ月ごろから遊ぶことができるおもちゃで、ラトルとミニカーが合体したようなユニークなデザインが特徴。走らせると音が鳴るようになっているので、赤ちゃんの興味を引きやすいです。また軽い力で押すだけでも転がるので、小さい子どもも遊びやすいです。デザインもポップな雰囲気で可愛らしく、保育園などでも人気があります。

【3】くまのがっこう だいすきおとつみき

null
木製の積み木は定番人気のおもちゃですよね。こちらは「くまのがっこう」デザインの積み木で、デザインが可愛いところと、振るとカラカラ音が鳴るところが特徴。積み木としてはもちろん木製のラトルとしても使えるので、遊び方の幅が広がりそう。
サイズが小さめの積み木で、子どもの手にもしっくり馴染みやすいところもおすすめポイントです。対象年齢は10カ月以上。

保育園でおすすめ!2〜3歳のおもちゃ

次に保育園などでも人気のある、2~3歳ごろの子どもにおすすめのおもちゃをご紹介していきます。

★2~3歳児におすすめのおもちゃ

・知育玩具
・体を動かすもの
・おままごとができるもの
・手先を動かすもの

【4】Beck/ベック社 トレインカースロープ

null
ドイツの有名おもちゃメーカー「ベック社」のおもちゃは日本でも人気が高いです。こちらは知育玩具としても優秀なスロープのおもちゃで、スロープをカタコト降りていく車を眺めることで集中力を養うことができます。成長したら自分で車を走らせたりして遊ぶこともできるので、年齢に合わせた遊び方ができますよ。木製のおもちゃは、あたたかみのある風合いも魅力的です。シンプルながら飽きにくく、長く遊べる人気のおもちゃ。

【5】PLANTOYS 4125 ビーハイブ

null
カラフルな色合いと小さなハチのデザインが可愛らしいおもちゃ。ハチのパーツを付属のピンセットでつまんで巣に入れて遊ぶことで、手先の発達を促します。付属のピンセットを使うだけでなくお箸などを使ってもOK。お箸を扱う練習にも使うことができますよ。また色や数を覚えるのにも使えるので、3歳ごろから長く遊ぶことができるでしょう。コンパクトなサイズで場所をあまりとらないところも嬉しいですね。

【6】iKing 知育玩具 おもちゃ 進化版 504ピース 収納ケース付き

null
立体的な作品を簡単に作ることができる、ユニークな形状のブロック。パーツが小さめなので手先の感覚を養うのにぴったりのおもちゃです。またカラフルなので色彩感覚を養ったり、作品作りの過程で想像力を鍛えたりする効果も期待できます。対象年齢は3歳以上。

保育園でおすすめ!4〜5歳のおもちゃ

最後に保育園でも人気の4~5歳ごろの子どもにおすすめのおもちゃをご紹介します。4~5歳ごろになると、少しレベルの高いおもちゃでも遊べるようになってきます。子どもの成長や興味関心に合ったおもちゃを選びたいですね。また長く遊べるようなものもおすすめです。

★4~5歳児におすすめのおもちゃ(2~3歳児におすすめのおもちゃにプラス)

・イメージを形にするもの
・組立てて遊ぶもの
・複数人で遊べるもの

【7】レゴ (LEGO) クラシック 黄色のアイデアボックス スペシャル

null
大人でもハマるレゴは、定番人気のおもちゃです。レゴクラシックは33色の基本的なブロックがセットになっているので、初めてのレゴにもぴったり。レゴは他のセットと組み合わせて、より大きな作品作りができるところも魅力。子どもの成長や興味に応じて買い足していけば、想像力を養うことにもつながります。対象年齢は4歳以上。

【8】はじめてのおままごと サラダセット 木箱入り

null
おままごとのおもちゃは男女ともに人気。おしゃれな木製のデザインなので、プレゼントにも喜ばれます。丈夫な作りになっており、子どもが少々乱暴に扱っても壊れにくいところも嬉しいです。付属の野菜のおもちゃはマグネットでくっつくようになっているので、繰り返し包丁のおもちゃでカットして遊ぶことができます。おままごとに使うのはもちろん、料理やお手伝いに興味関心を持つきっかけにもなってくれそうですね。

保育園のおもちゃは安全で楽しい

保育園で使われることも多い、保育士おすすめのおもちゃを年齢別にご紹介しました。どれも楽しく遊びながら想像力を養ったり手先を使う練習になったりするものなので、ぜひ自宅でも活用してみてください。人気の高いおもちゃで、親子で楽しく遊びましょう!

【保育士に聞いた】外遊びが子どもに与える効果やメリットは?おすすめ遊び道具や、幼児から小学生の外遊びの種類まで
寒かった冬が終わり、だんだんと日中は暖かな気候になってきましたが、子供たちが外で遊びまわるのが当たり前のことだった昔と比べ、紫外線の影響や、...

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事