ママに調査!100均の離乳食グッズおすすめ8選!製氷皿やエプロンなどお役立ちアイテムを紹介

離乳食が始まる生後5カ月頃に気になるのが、離乳食グッズですよね。そこでHugKum編集部では、先輩ママたちへアンケート調査しました。100均アイテムでも活用できる便利なグッズなどを紹介します。

覚えておきたい離乳食の『基礎知識』

離乳食は赤ちゃんの発達に合わせて、初期・中期・後期・完了期の4つに分けて進めていきます。

初期(5,6カ月頃)では、食材を裏ごしして、煮汁や湯冷ましなどを加えヨーグルト状にし、おかゆは10倍がゆを。中期(7、8カ月頃)では、食材の固さの目安は「豆腐の固さ」程度にし、おかゆは、7~5倍がゆに。
後期(9~11カ月頃)では、食材の固さの目安は「バナナの固さ」程度にし、おかゆは5倍がゆ~軟飯へ。
完了期(1歳~1歳半頃)では、食材の固さの目安は「若いバナナや肉団子の固さ」程度にし、おかゆは軟飯~普通のご飯へと進めていきます。また、この頃になるとスプーンなどの道具を使って食べられるようにもなります。

離乳食に必要なもの

離乳食を作るには、細かく刻んだり、すりつぶしたり、おろしたりと離乳食専用の「調理器具」が必要になります。また、赤ちゃんが食事するときに使うグッズなどもそろえる必要があります。

もうすぐ始まる離乳食!準備はどうする?揃えるべき道具は?
こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食がそろそろ始まる生後5カ月ごろ。初めての離乳食だから、何からそろえてどうすればいいか、...

離乳食に使える100均アイテムはある?

大人と共有することもできるものもありますが、離乳食グッズは別にそろえた方が衛生管理がしやすいはず。そこで、HugKum編集部では、離乳食グッズに100均アイテムを活用しているママがどのくらいいるか調査してみました。

離乳食に100均アイテムを使っているママの割合

100均のアイテムを離乳食に活用したことはありますか?

アンケートの結果から、100均アイテムを離乳食に活用したことがあると回答したママは、47%と全体の約半数ということが分かりました。

100均アイテム使ったママの感想

次に、実際に離乳食に100均アイテムを活用したことがあるママたちの意見をご紹介します。

メリットの声

・安くて便利。壊れても買い直せばいいから、気が楽。(30代・茨城県・子ども2人)
・意外と使いやすかった。(30代・滋賀県・子ども1人)
・100円で買えるので使わなくなったら、気楽に捨てられるのがいいなぁと思いました。(20代・千葉県・子ども2人)
たまにしか使わないものや、使ってみたいものを試せて便利という声が多く上がっていました。また、100均なら離乳食の時期が終わったり、失敗しても処分しやすいと思えるところも魅力のようです。

デメリットの声

・買って使ってみたが、あまり長持ちしない。(30代・大阪府・子ども1人)
・補助的に。(30代・山口県・子ども3人)
・安っぽかった。(30代・鹿児島県・子ども1人)
耐久性が良くないので、サブとして使用するのが良いのかもしれません。また、品質がイマイチと感じる声もありました。値段相応と思うべきなのでしょうか。

使用したことがないママのご意見

・100均アイテムに離乳食があること自体知らなかった。(30代・兵庫県・子ども2人)
・品質が気になる。(20代・神奈川県・子ども1人)
・安かろう悪かろうと思うので。(30代・神奈川県・子ども1人)
・100円のものだと、質がよくなく、作りも雑だと思うので、怖くて使いたくない。(30代・埼玉県・子ども2人)
そもそも「100均に、離乳食グッズが売っていることを知らなかった」という声が目立ちました。確かに、赤ちゃんがいないときは全くチェックしない商品だから、気が付きにくいですよね。また、品質に不安を感じ、子どもの健康を考えると躊躇してしまう意見も。そんな方は、あえて活用しないという意見も。

先輩ママ一押し!離乳食に使える100均アイテム8選

では、実際にどのような100均アイテムが離乳食に活用されているのでしょうか? 先輩ママ一押しのグッズを口コミとともに紹介していきます。

お食事エプロン

ダイソーの「よだれかけ」は、食べこぼしをキャッチできるポケット付き
100均だからと侮るなかれ⁉  かわいい絵柄があったり、種類も豊富。子どもが汚したり、うっかり破損させてしまっても気にならない価格が◎。また、かわいいデザインが多いので、自宅用とお出かけ用、保育園用など複数用意することもできそうですよね。
・ボロボロになったら、気楽に捨てられるので。(40代・東京都・子ども2人)
・安くてかわいい。(40代・鹿児島県・子ども1人)
・ディズニーなどのキャラクターものなど、種類豊富でかわいい。(20代・奈良県・子ども2人)

麺切りカッター

ダイソーの「赤ちゃん用カッター&マッシャー」は、ケース付き。切る、つぶす、はさむがこれ1本でできる優れもの!
外出先で麺類を食べるときも、持ち運びができる手軽さが魅力で、おすすめという声。また、こんなに便利なのに100円でいいの?と、思うほど気に入っている方も。
・持ち運びに便利(20代・愛知県・子ども2人)
・安いのに便利!実家にもひとつ買いました。(40代・大阪府・子ども2人)
・簡単にうどんが切れるから。(30代・東京都・子ども2人)

冷凍保存パック

ダイソーの「フリーザーバッグ」S、M、Lは、スライダー付き

ベビー専用ではないですが、100均の「フリーザーバッグ」をおすすめする先輩ママの声が多数ありました。理由は、離乳食は一度にあげる量が少ないので、小分けにしたり、冷凍したりするときに役立つから、とのこと。

・ベビー用品のお店だと高いが、同じような形で安く手に入れることができる。(20代・青森県・子ども1人)
・小さいサイズもあって使い勝手がいい 。安くて枚数も入っているので使ったら捨てている。(30代・千葉県・子ども2人)
・1食分ごとに分けられいい。(30代・茨城県・子ども2人)

おかゆキット

ダイソーの「おかゆカップ」には、すりつぶせたり、おかずも一緒に作れるすり鉢タイプのおかずトレイ付き
炊飯器で、大人のご飯と一緒におかゆを作れるところが何といっても便利。作れるおかゆも、離乳食のそれぞれの時期向きのおかゆ、5,7,10倍がゆなどが作れる優れものです。
・便利だから。(30代・京都府・子ども1人)
・簡単。(20代・熊本県・子ども1人)

おにぎり器

ダイソーの「おにぎり器」は、一度に2個おにぎりができて便利
離乳食完了期にもなれば、軟飯~普通のご飯も食べられるようになってきます。出先で、ご飯を食べさせたいときは、おにぎりを持参するママも多いはず。コレがあれば、一度に2個同時にできるので、赤ちゃんに限らず、子どもがいるママ必見アイテム⁉
・便利だから。(20代・埼玉県・子ども1人)
・安いのに簡単に使える。(20代・長野県・子ども1人)

製氷皿

ダイソーの「フタ付製氷皿 キューブ」は、日本製
裏ごしした食材などを1食分ごと冷凍保存したいときに活躍するのが製氷皿。特に、100均の製氷皿はフタ付きだから、衛生的なうえ、重ねられて良い!と支持されていました。
・欲しい大きさが揃っており、便利。(40代・大阪府・子ども2人)
・使いたい分だけ取り出して使えるし、離乳食が終わって使わなくなったけれど、100円なら痛くない。コスパが良かった。(30代・埼玉県・子ども2人)
・蓋が付いているので、いい。(30代・長崎県・子ども1人)
・まとめて作って1食分に小分けにして冷凍するのに、製氷皿を買った。離乳食期間しか使わないので安く買えてよかった。(30代・山口県・子ども2人)
・だし汁冷凍に使用。(40代・大阪府・子ども2人)

赤ちゃん用スプーン・フォーク

ダイソーの「赤ちゃん用スプーン&フォーク」
100均とは思えないほど使い勝手が良いとの声! 確かに、フォークには麺が滑らないようギザギザが付いていたり、スプーンには先が平らで最後まですくいやすくなっていたり、スプーンの裏面では食材をつぶしやすい工夫が施されていたりして、実に優秀な商品です。
・スプーンやフォークが、思ったよりしっかりしていて良かった 。(30代・愛媛県・子ども1人)
・子どもの口の大きさにちょうどよく、手にもにぎりやすかったです。(30代・千葉県・子ども2人)
・使いやすいし、食べやせやすい。(30代・北海道・子ども3人)

蓋つきコップ

ダイソーの「トレーニングコップ」
コップ飲みトレーニングができるように、サポートキャップという飲み物が出てくるところが見えるフタ付き。1人で上手に飲めるようになってきたら、サポートキャップを外して両手で持って飲むトレーニングへ移行できます。
・安いので後悔はないところがよい。(40代・愛媛県・子ども2人)
・フタ付きなのでこぼさない。(30代・大阪府・子ども2人)

大型店の100円ショップでは、「離乳食グッズコーナー」もあり!

アンケート調査の結果、複数必要なものは100均アイテムを取り入れたり、お出かけ用としてサブに購入したり、本来は離乳食用ではないものを上手に活用している先輩ママが多数いることが分かりました。ぜひ100円ショップでチェックしてみてくださいね。
文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事