【無印良品】の棚を使ってランドセルラックに!ママの収納アイデアや実例を紹介

小学生になるのに向けて、机と一緒に用意しておきたいのがランドセル置き場。インスタグラムでランドセルラックを検索してみると、無印良品のアイテムを使っているママがたくさんいました!小学校で使う道具の収納方法なども合わせて実例を紹介していきます。

ランドセル置き場に失敗しないコツとは?


せっかく置く場所をつくったのに、使ってくれなかったら意味がありません。そこで、ランドセルを使う子どもの目線に合わせて、収納方法を考えるということが大切なポイントです。

使いやすさのために気をつけたいことは?

例えば、勉強机が置いてある子ども部屋が2階にあった場合、どこにランドセル置き場をつくりますか?
机の横にランドセルラックを用意したとします。ですが、帰ってきたときに2階に持って行かずに、ずっと1階のリビングに置きっぱなしにしてしまうということも考えられます。

勉強机は2階にあるけれど、宿題はリビングのテーブルでする。など家庭によっていろいろなケースがあると思います。どこに置くのが正解ということはなく、子どもの生活動線に合わせて置き場所を考えてみるのがおすすめです。子どもが片付けやすい環境をつくるということを意識してみましょう。

収納力はどのくらい必要?

小学校で使うものをまとめて一緒に置くランドセルラックを用意する場合、どのくらいの収納力があったほうがいいのでしょうか。

学校に置いてある、絵の具セット、ねんどセット、習字道具、お道具箱、ヘルメット、などを夏休みなどの長期休暇で持ち帰ることを考えると、学校で使っているロッカーと同じくらいの収納力があると安心です。

無印良品でおしゃれなランドセルラックにおすすめはこれ!

インスタグラムでみつけた!シンプルでおしゃれなデザインが人気の、無印良品のアイテムをつかったランドセルラックを商品と合わせて紹介していきます。

スタッキングシェルフ

商品名:スタッキングシェルフ・2段・オーク材
サイズ:幅42×奥行28.5×高さ81.5cm
価格:11,900円

組み合わせ次第で、縦にも横にもひらげられるスタッキングシェルフ。枠のなかにランドセルがちょうどよく収納できます!置く場所や、収納量に合わせてカスタマイズすることも。本棚としても使えるので、教科書や辞書を片付けるのにも便利なアイテム。

ユニットシェルフ

商品名:パイン材ユニットシェルフ・86cm幅・小
サイズ:幅86×奥行39.5×高さ83cm
価格:9,990円

用途に合わせて、パーツをひとつひとつ組み合わせてつくるユニットシェルフ。部屋のインテリアに合わせて素材を選べるのも嬉しいポイント。形が決まったパイン材のユニットシェルフも使い勝手がよくて人気の商品。

パーツの組み合わせに悩むことなく、組み立てるだけで完成するユニットシェルフ。シンプルなデザインだから、置く場所に悩まず使うことができそう。

【スタッキングシェルフ】の活用例

スタッキングシェルフの枠にはまる収納アイテムを使ってカスタマイズしているママも。コンパクトなサイズなら、机の横などのスペースで隙間収納も可能です。

兄弟で並べて使うランドセルラック

@tanoyoungさん

この投稿をInstagramで見る

 

たのたのさん(@tanoyoung)がシェアした投稿


壁に並べられた同じ高さの棚は、カラーも統一感がありシンプルでおしゃれ!棚の上には、文房具などが置かれていて、スムーズに学校の準備ができそう。

ランドセルラックは、収納にゆとりがあるとすっきりしてみえる!

@mayu_iwa_ さん

この投稿をInstagramで見る

 

mayumi iwakiさん(@mayu_iwa_)がシェアした投稿


横に広がるスタッキングシェルフ。細かい物は見えないように収納をして、空いたスペースは飾り棚に。ゆとりがあるとすっきりしてみえますね!これから物が増えていっても安心です。

学習机横に置ける!コンパクトサイズのスタッキングシェルフ

@irotoridori.nao さん

この投稿をInstagramで見る

 

irotoridori.naoさん(@irotoridori.nao)がシェアした投稿


スタッキングシェルフの枠の中に引き出しをセットすれば、学校で使うクレヨンやおりがみなどの細かいアイテムも収納できます。1年生の間だけ使う名札は、剥がせるミニフックを付けて、引っ掛けるというアイデアも真似したくなります。

【ユニットシェルフ】の活用例

パーツで自在にカスタムできるユニットシェルフ。組み合わせに迷ったら、先輩ママの実例を参考にしてみよう!棚の素材や収納ケースの使い方にも注目です。

身支度コーナーと一体化したランドセルラック

@sa._.ya.k さん

この投稿をInstagramで見る

 

sa._.ya.kさん(@sa._.ya.k)がシェアした投稿


「ボン!と置けて、開けっ放しでも支障のないようにしました。(ランドセルの下の棚に教科書等があると支度や宿題がしづらい様です)」と、スムーズに身支度できるように考えられた、ランドセルラック。統一した白い収納ボックスには、シールで中身をわかりやすくするというママの工夫が。

子どもと一緒に使いやすさを追求した収納ラック

@qme0901 さん

この投稿をInstagramで見る

 

yumiさん(@qme0901)がシェアした投稿


「息子と一緒にみじたくシール を貼って物の場所を決めて洋服、靴下もここに。朝は着替え→身支度、下校後は片付け→明日の準備→宿題→進研ゼミ(次男はこどもチャレンジ)。あちこちに移動しなくてもここで完結できるようにしました」というように、無駄な動きを減らして時間を有効活用できるように考えられた、収納ラック。
自分でできるようになることを目標に、やることがわからなくなったら身支度ボードで確認できるようになっているそうです。

リビングやダイニングの一角にも置きやすいランドセルラック

@tanoyoung さん

この投稿をInstagramで見る

 

たのたのさん(@tanoyoung)がシェアした投稿


部屋の角に置くのにちょうどいいサイズ感。ユニットシェルフの横には、上着や帽子などをかけることもできます。

子どもの成長に合わせて調整できるランドセルラック

ランドセルラックとしても人気のある、無印良品のスタッキングシェルフとユニットシェルフ。子どもの使い勝手を考えたママのアイデアは、真似したくなるものばかりでしたね!どちらの商品も収納量に合わせて組み合わせを変えることができるので、子どもの成長に合わせてカスタマイズできるのも人気のポイント。
これから小学生になる準備をしているママも、小学生のお子さんがいて今の収納に悩んでいるママも、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね!

無印良品のサイトはこちらから

画像提供:株式会社良品計画
※価格は税込み表示となっております

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事