【子供の絵本棚】おしゃれに絵本を収納するには?おすすめ棚や手作り絵本棚アイデア10選!

子供の成長と一緒に増えていく「絵本」。どんどん増えていく絵本の収納に悩んでいるパパとママは多いのではないでしょうか。絵本の収容数、棚の大きさや素材、収納方法などを考えると、どんな絵本棚を選べばよいのか迷ってしまいますね。そこで今回は、絵本棚の選び方、おすすめの絵本棚について紹介します。

子供に人気!おすすめのおしゃれな絵本棚

子供に人気の絵本棚には、どんなものがあるのでしょうか。おすすめのおしゃれな絵本棚をピックアップしました。

「IKEA」FLISAT フリサット ブックディスプレイ

FLISAT フリサット ブックディスプレイ

子供が自分で絵本を取り出しやすい、背の低い木製のブックディスプレイです。表紙が見えるので、絵本選びが簡単にできます。

「家具の里」ひのき香る無垢の絵本棚

ひのき香る無垢の絵本棚

ひのき無垢材を使用した、ナチュラルな色合いの絵本棚です。安全性の高い水溶性塗料を使用しています。ひのきのさわやかな質感が魅力です。

「ニトリ」ランドセルラック(グロウHP WW)

ランドセルラック

白い色がかわいい、絵本や学校の教科書などわけて収納できるラックです。ランドセルもかけられるので、リビングに置けば翌日の準備もスムーズに行えます。

「ベルメゾン」1cmピッチディスプレイ絵本本棚

1cmピッチディスプレイ絵本本棚

棚板の高さが1cmピッチで変えられるので、いろいろなサイズの絵本もすっきりたくさん収納できます。棚の上部には、表紙を見せて収納できます。

「無印良品」パイン材ユニットシェルフ用・帆布マガジンラック

パイン材ユニットシェルフ用・帆布マガジンラック

パイン材のユニットシェルフに取り付けて使える帆布マガジンラックです。リビングに置いてもおしゃれに収納できます(※パイン材のユニットシェルフは別売りです)。

おしゃれな手作り絵本棚のアイデア

DIYをすれば、絵本の量や大きさ、収納する場所に合わせた自分だけの好みのデザインで作れます。おしゃれな手作り絵本棚のアイデアを紹介します。

100均で売っているすのこでオリジナル絵本棚

 

View this post on Instagram

 

mutsukiさん(@muuuuuu.0425)がシェアした投稿


100均で売っているすのこを使った絵本棚です。上段は表紙を見せて、下段は並べて収納できます。好きな色に塗れば、オリジナルの絵本棚の出来上がりです。

段ボールは丈夫で耐久性があるので増設も可能!

 

View this post on Instagram

 

ゆかちさん(@yuca_home)がシェアした投稿


段ボールを使って手作りした絵本棚です。いつも使うオムツの段ボールを使っているので、絵本の数に合わせて増設も可能です。

牛乳パックをかわいらしくリメイク

 

View this post on Instagram

 

TORA.mさん(@aki.1014.dct)がシェアした投稿


牛乳パックを使ったかわいらしいリメイク絵本棚です。100均で購入できるリメイクシートを貼れば、好きな柄で作れます。定規を使わずにフリーハンドで簡単に作れるので、子供のお昼寝中などでも作業ができますね。

ディアウォールで見せる収納

 

View this post on Instagram

 

Ikuko Morinagaさん(@imaikupon)がシェアした投稿


ディアウォールで壁面を活用した絵本棚です。ディアウォールは、バネの力だけで突っ張っていて、柱や壁を傷つけることがないので、賃貸のお家でも安心して楽しめます。

絵本棚の作り方や図面も載っている本

絵本棚の手作りにチェレンジしたい方に、絵本棚の作り方や図面も載っている本をご紹介します。

DIYで作る ナチュラルな子ども家具(主婦と生活社)

DIYで作る ナチュラルな子ども家具

絵本棚や、キッズチェア、学習机など、子供用家具の作り方をイラスト入りで紹介しています。

ダンボールで作れるかわいいキッズ家具&おもちゃ(ブティック社)

ダンボールで作れるかわいいキッズ家具&おもちゃ

ダンボールで作る家具の作り方を掲載。手順が写真付きで載っているので、簡単です。子供と一緒に作って楽しめます。

はじめての木工家具づくり(大泉書店)

はじめての木工家具づくり

木工の基本から、道具の使い方、塗装の仕方まで、写真とイラストで解説しています。本棚・机・椅子だけでなく、すき間収納ラックなども紹介しています。

おしゃれな絵本棚で読書を楽しく!

いかがでしたか?リビングに置いたり、壁を有効活用したり、絵本棚の種類はいろいろあります。上手に絵本を収納して、読書をたくさん楽しみましょう。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事