「のび太の新恐竜」がドラえもん50周年記念作品として 2020年3月公開!|ドラえもんの映画ヒストリーをおさらい

近年ヒストリー 2016年公開「ドラえもん 新・のび太の日本誕生」

2016年に公開されたドラえもん映画では、10作目「ドラえもん のび太の日本誕生」をリメイク。旧作にはなかった新しい設定が多数追加され、テーマをより鮮明に描かれました。

旧作ファンのパパやママも絶賛

「パパは、20世紀の『日本誕生』を見た。僕は、21世紀の『日本誕生』を見る。」「ドラえもん映画は、タイムマシンみたいだ。誰もが同い年になれる。」といったキャッチコピーが特に印象的だった本作は、かつて旧作を観ていたパパやママからも絶賛の嵐。主題歌はシンガーソングライターの山崎まさよしさんが本作のために書き下ろした「空へ」。のび太の成長を表現した情緒溢れる歌詞で映画をさらに感動的に彩りました。

近年ヒストリー 2017年公開「ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」

2017年公開の本作は「ドラえもん のび太の宇宙英雄記」(2015年)以来2年ぶりとなったオリジナル作品。10万年前の南極の腕輪を発見したドラえもんとのび太たちは、落とし主を探すために南極へ向かうが……。地球凍結の危機に立ち向かうドラえもんとのび太たちの大冒険。

シリーズ初、舞台は南極。氷にちなんだ素敵なゲスト声優も

舞台はシリーズ初の南極。てんとう虫コミックス「ドラえもん」18巻収録の「大氷山の小さな家」を原案に、テレビシリーズにも深く携わる高橋敦史さんが初めて監督を務めました。氷にちなんだゲスト声優として、フィギュアスケーターの織田信成さんと浅田舞さんも出演。主題歌は平井堅さんで「僕の心をつくってよ」。

近年ヒストリー 2018年公開「ドラえもん のび太の宝島

藤子プロ創立30周年を記念して2018年に公開された本作は、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの児童文学「宝島」をモチーフにしたオリジナル作品です。太平洋に突然現れた宝島を舞台に、ドラえもんとのび太たちが繰り広げる冒険の物語。

細かなシーンまで見逃せない、豪華すぎるスタッフ&キャスト陣

ゲスト声優には、俳優の大泉洋さんや長澤まさみさんをはじめとした豪華な顔ぶれ。監督はテレビシリーズでも演出等を手掛ける今井一暁さんが、脚本は「君の名は。」などのプロデューサーや小説家としても活躍する川村元気さんがそれぞれ担当しました。さらに、星野源さん書き下ろしの主題歌「ドラえもん」と挿入歌「ここにいないあなたへ」も必聴。はじめから最後まで、細かなシーンからも目が離せない作品です。

近年ヒストリー 2019年公開「ドラえもん のび太の月面探査記」

月に住むウサギの存在を主張して笑い者になったのび太は、ドラえもんのひみつ道具「異説クラブメンバーズバッジ」を使い、月の裏側にウサギ王国を作ることに。そんなある日、なぞの転校生ルカが現れ一緒にウサギ王国に行くことになり……。想像力の大切さ、そして、のび太たちの友情を描いたSF冒険ファンタジー。

直木賞受賞作家の辻村深月さんが脚本を執筆

原案は、てんとう虫コミックス「ドラえもん」23巻収録の「異説クラブメンバーズバッジ」。直木賞作家でもある小説家の辻村深月さんが脚本を執筆したことで話題になりました。藤子・F・不二雄作品のファンでもある辻村先生ならではの、ドラえもんたちへの愛情溢れるシーンが満載です。主題歌は、平井大さん「THE GIFT」。

かぐや姫の広瀬アリス、辻村深月の脚本!『映画ドラえもん のび太の月面探査記』製作発表はサプライズ満載
『映画ドラえもん のび太の月面探査記』の超豪華キャスト発表! 毎年、豪華な脚本、ゲスト声優陣、主題歌で話題になるドラえもん映画。今回の作品...
ドラえもんを愛する作家・辻村深月が脚本に込めた思いとは?【映画ドラえもん のび太の月面探査記】
3月1日(金)に公開される「映画ドラえもん のび太の月面探査記」。シリーズ39作目となる本作の脚本は、直木賞作家の辻村深月さんが担当。今回は...

そして2020年のドラえもん新作映画、見どころは次ぺージ!

編集部おすすめ

関連記事