もうすぐ「ハロウィン」、実は危険が潜んでる!?プロが教える安全ポイント【Safe Kids Japan】

Safe Kids Worldwide提供

1031日はハロウィン!

10月31日はハロウィンですね。ハロウィンはいまや日本にもすっかり定着し、意匠を凝らしたコスチュームに身を包んだ子供達がパレードに参加する光景も見慣れたものになりました。

しかし、せっかくのコスチュームによって、子どもがけがをすることがあります。楽しいハロウィンでけがをすることのないよう、今回は、ハロウィンを安全に楽しむためのポイントについてお話しします。

ハロウィン3つのお約束

 1 トリック アンド トリートは明るいうちに、保護者と一緒に

アメリカでは、ハロウィンの日に子どもが交通事故などによって死亡する数は、他の日の2倍というデータがあります。ハロウィンのパレードや、いわゆる「トリック アンド トリート」は夕方から夜にかけて行われることが多いこともその理由でしょう。パレードやトリック アンド トリートは、昼間の明るいうちに、そして必ず保護者の方と一緒に参加しましょう。

2 コスチュームやバッグにリフレクター(反射材)を

この時期は、あっという間に暗くなります。車や自転車を運転している人からよく見えるよう、コスチュームやバッグ、靴などにリフレクターを付けておきましょう。

そして当然のことですが、

・右側の歩道を歩く

・横断歩道を渡る

・信号を守る

・左右をよく見て横断する

・子どもの手をしっかり握る

といったルールを守ってください。

 

光るかぼちゃ型バッグ

3 コスチュームの挟み込みや引っ掛かりを防ぐために

ハロウィンでは子ども達もいつもの服とは違うコスチュームを身につけますね。プリンセスのようなドレスや、人気キャラクターのマスクなどは大変かわいらしいものですが、普段とは異なる衣服により、思わぬけがをすることがあります。

特に歩行中は、次のことを確認してください。

・裾の長い服やひらひらした袖をクリップなどで留め、裾を踏む・踏まれる、エスカレーターに巻き込まれる、突起に引っかかるといった事態を招かないようにする

・マスクや帽子が子どもの視野を狭めていないか、確認する

・ステッキなど、棒状のグッズは持たせない

そして、特に4歳以下の子どもについては、次のこともお願いします。

・アクセサリなどは口に入らない大きさ(目安は直径4cm以上)のものを与える

・直径4cm以下の大きさのお菓子は与えない

・棒状のグッズは持たせない

 

Safe Kids Worldwide提供

 

また、顔などにシールを貼ることがありますが、時にはかぶれることもあります。

※参照「子ども安全メール feom 消費者庁 Vol.469 タトゥーシールやフェイスペイントによる肌トラブルが発生!」

 

子どもたちがけがをしないよう事前に準備をし、安全にハロウィンを楽しみましょう。

 

 

Safe Kids Japanとは

 私たちSafe Kids Japanは、事故による子どもの傷害を予防することを目的として活動しているNPO法人です。20186月からこのHugKumで、子どもの傷害予防に関する記事を配信しています。基本的に毎月1回、季節や年中行事などに関連した内容の記事をお送りしたいと考えています。

さて、「事故による傷害」、「傷害予防」という言葉、あまり聞き慣れないかもしれません。私たちがなぜ「事故」ではなく「傷害」という言葉にこだわっているのか、について、少し説明させてください。

 

事故?傷害?その違いは?

 「事故」という言葉を辞書で調べてみると、「思いがけなく起こった良くないできごと」とあります。英語で言うとaccidentですね。accidentは「意図しない不幸なできごと」という意味で、「避けることができない運命的なもの」という意味も含まれています。海外でもかつてはaccidentを使っていましたが、最近ではinjuryという言葉が使用されるようになりました。injuryは「ケガ」「負傷」という意味です。「事故」は科学的に分析し、きちんと対策すれば「予防することが可能」という考え方が一般的になり、「運命的な」という意味を含むaccidentではなく、injuryという言葉を使用することが勧められるようになったのです。今ではaccidentという言葉の使用を禁止している医学誌もあるくらいです。

そのinjuryに対応する日本語として、Safe Kids Japanでは「傷害」という言葉を使っています。よく「事故予防」と言われますね。もちろん事故そのものが起きないことがいちばんなのですが、たとえ事故が起きたとしても、(重大な)ケガはしないように備えよう、そんな思いも込めて、「傷害予防」と言っています。

NPO法人Safe Kids Japan

編集部おすすめ

関連記事