【男の子の名前人気ランキング】自然にちなんだ名前や漢字一文字が人気?響きのよさや珍しさなど、決め方や傾向をチェック

名前は一生使う大事なもので、パパやママから赤ちゃんへのはじめての贈り物といえます。そこで当記事では、2019年「子供の名前人気ランキング」から、男の子の名前について考えてみました。

まずは、文字数別で見る男の子の漢字の名前一覧や、自然にちなんだ名前、珍しい名前、響きがいい名前を一覧でご紹介します。また、男の子の名前の決め方や傾向、センスのいい名前の付け方についてもまとめてみました。

人気のある男の子名前を紹介!

子供の名前の流行は?2019年「男の子の名前」ランキング発表

男の子の名前で、2019年に人気だったのはどんな名前なのでしょうか。妊娠・出産・育児の情報サイト「ベビーカレンダー」の「2019年生まれの赤ちゃんの名前ランキング・名前のよみランキング・名前の漢字ランキング」より、上位3位までのランキングをご紹介します。

1位:「蓮(れん)」

圧倒的な人気を誇り、2000年あたりからトップ10に必ずランキングされる名前です。

そもそも蓮とは、花の名前です。仏教の象徴的な花であり、お釈迦様はこの蓮の上に座っています。そのことから、日本らしさや、清らかで美しいイメージを連想させます。また、「れん」という読み方は呼びやすく、響きもよいため、人気があるようです。

2位:「湊(そう、みなと)」

2位も漢字一文字の名前がランクイン。「湊」という漢字には、船が出入りする場所、あつまる、という意味があります。その意味から、海をイメージさせ、さわやかな印象を与えたり、「いつも人に囲まれるような人気者に」という願いが込められているようです。

3位:「陽翔(はると、ひなと)」

男の子の名付けで人気の文字、「陽」と「翔」の組み合わせです。
「陽」を、「はる」や「ひな」と読ませることで、あたたかく、柔らかいイメージがあります。また、「翔」の文字は、空を自由に羽ばたく印象を与えつつも、力強さを感じる文字です。2つの漢字を組み合わせることで、ポジティブな雰囲気になりますね。

3位以降は下記をチェックしてみてくださいね。

「2019年生まれの赤ちゃんの名前ランキング・名前のよみランキング・名前の漢字ランキング」-ベビーカレンダー

文字数別・男の子の漢字の名前一覧

文字数別で、男の子に人気の漢字の名前を、ランキング上位の中からピックアップしました。

一文字の男の子の名前

・樹(いつき)
・律(りつ)
・蒼(あおい、そう)

いずれの文字も、凛々しいイメージの漢字が使われています。また、「樹」と「蒼」は大自然を連想させ、「律」は、まっすぐで、誠実な印象を受けます。

2文字の男の子の名前

・悠真(はるま、ゆうま)
・大和(やまと)
・結翔(ゆいと、ゆうと)

二文字の人気の名前のポイントは、「ま」または「と」で終わること。それを踏まえ、「悠」、「大」、「翔」といった、壮大なイメージの漢字と、「真」、「和」、「結」といった、やわらかい雰囲気の漢字が組み合わさった素敵な名前になっていますね。

三文字の男の子の名前

三文字の男の子の名前は、ランキングの上位10位には入っていませんが、最近人気が出ている名前をご紹介します。

・朔太郎(さくたろう)
・明日磨(あすま)
・利久斗(りくと)

三文字の名前だと、「○太郎」や「○○介」などの名前を思い浮かべる人も多いことでしょう。○の部分に珍しい漢字や、おしゃれなイメージの漢字を使って名付けされることが多いようです。

また、「明日磨」や「利久斗」など、音の響きをもとに、漢字を当てはめた名前もよく見られます。その場合は、読みやすい漢字を使っているのがポイントです。

自然にちなんだ男の子の名前一覧

ここでは、植物や自然、季節に関連した男の子の名前をご紹介します。

自然や季節

自然や季節にちなんだ男の子の名前にはさまざまありますが、自然だと、太陽、海、空、風、陸などに関連する漢字、季節だと、生まれた時期の季節から連想する漢字が使われている傾向にあります。

自然にちなんだ名前

朝陽(あさひ)、伊吹(いぶき)、陸(りく)、凪(なぎ)、岳(がく)

春にちなんだ名前

暖(だん、はる)、春(しゅん、はる)、爽介(そうすけ)、咲弥(さくや)、柚右真(ゆうま)

夏にちなんだ名前

涼真(りょうま)、虹渡(にじと)、南風(なお)、雨汰(うた)、海翔(かいと)

秋にちなんだ名前

椋(りょう)、実央(みひろ)、穂嵩(ほたか)、果偉(かい)、理月(りつき)

冬にちなんだ名前

雪哉(ゆきや)、白澄(きよと)、冬空(とあ)、朔(さく)、新(あらた、しん)

植物や花

植物に関する名前には、樹木や草などに関する漢字が使われます。また、花に関する名前は女の子によくつけられますが、男の子でも生まれた時期に咲く季節の花が使われることが多いようです。

植物にちなんだ名前

楓(かえで)、樹果(じゅか)、桧生(ひお)、森ノ介(しんのすけ)、林太郎(りんたろう)

花にちなんだ名前

桜祐(おうすけ)、葵(あおい)、桃李(とうり)、日葵(はるき)、柊斗(しゅうと)

男の子の珍しい名前一覧

珍しい名前だと、ほかの人と被らないため、個性が光ります。ここでは、漢字・読み方が珍しい名前をピックアップしました。

漢字が珍しい

名前にはあまり使われないような漢字を使うと、個性的ですし、すぐに名前を覚えてもらえますね。

周(あまね、いたる、かた、かぬ、かね、ただ、ちか、 ちかし、なり、のり、ひろ、ひろし、まこと、めぐる、しゅう)
名前例:周(あまね、しゅう、いたる、ちかし、まこと、めぐる)、真周(ましゅう)、周成(しゅうせい)など

初(うい、は、はじめ、もと、はつ)
名前例:初(うい、はじめ)、初汰(うた)、初季(うぶき)など

識(しき、さと、さとり、つね、のり)
名前例:識(さとり)、識音(しおん)、識多(しきた)など

倭(やまと、まさ、やす、かず、しず、ふさ、わ)
名前例:倭(やまと)、倭夢(わむ)、斗倭(とわ)など

密(たかし、ひそか、みつ)
名前例:密(ひそか、たかし)、彬密(あきみつ)、密智(みつとも)など

読み方が珍しい

「名のり」と呼ばれる人の名前だけに使える読み方をご存知でしょうか。たとえば「春男(はるお)」の「男」の漢字の「お」と読ませるのがそれにあたります。ここでは、名のりを基とした正しい読み方で名前に使われる漢字で、珍しい読み方をご紹介しましょう。

陽(あきら、きよし、みなみ)
悠(ちかし、はるか、ひさし)
白(あき、あきら、きよ、きよし)
道(おさむ、おさめ、なおし、わたる)
節(たかし、まこと、みさお)

男の子の響きがいい名前一覧

名前の響きによって、印象が異なります。「響きがいい」と感じられる名前の特徴を3つ挙げると、

・は行・ま行・や行が入った名前は、比較的柔らかく、あたたかみのある音の印象を与える
・「ゴ」「ガ」などの濁音が入る名前は、力強い響きがある
・「う」が文字の真ん中や終わりにつく長音や、「い」「と」「ん」で終わるなど、呼びやすい名前は響きがいい

などがあります。
しかし、人によって、響きには好みや心地よさが異なります。フルーネムを口に出してみて、響きのよさを確認してみてくださいね。

響きがいい名前の例

ふうま:颯真、風馬、楓摩など
そうた:奏太、颯太、蒼大など
ゆいと:結仁、結人、結斗など
りゅうせい:琉生、流星、龍聖など
たいが:大雅、泰河、大芽など
じん:仁、心、任など
きょう:響、恭、京など
しょう:翔、聖、匠など
るい:類、琉依、留一など
れい:怜、玲、黎など

男の子の名前の決め方や傾向

男の子の名付けをするときに、決め方や傾向はあるのでしょうか。姓名判断による画数や外国でも通用する名前、古風な名前といったポイントから見ていきましょう。

男の子の名付けのポイントは?

画数は気にする?

「姓名判断でよい名前をつけてあげたい……」そう思う親御さんは多いことでしょう。実際に、名付けをするときに、画数を気にされる方は多いようです。

画数を考えながら名前をつけるときには、

・苗字との吉画数を割り出し、その画数に合った名前を考える
・音の響きやつけたい名前の候補を挙げて、その名前に沿った画数の漢字を当てはめる
・一旦、画数は置いておいて、つけたい名前の候補を漢字で挙げ、それから画数を調べる

という方法があります。

ただし、姓名判断にはさまざまな流派があるため、運勢が異なることもあります。「この画数じゃないとダメ」というふうにこだわらず、画数は、あくまでも参考にする程度で。それよりも、苗字との兼ね合いや、字面、音の響きなどを優先して名付けしたほうがよいでしょう。

外国でも通用するオシャレな名前がいい?

国際社会がますます進展する現代。将来のことを考え、海外でも通じる名前をつけるのもいいですね。その際のポイントは、

・外国の人にとって発音しやすい、発音の1つ目に、か行、さ行、ま行を使う(かい、しゅう、まさとなど)
・ニックネームのような短い名前にする(例:けん、らん、れいなど)
・英語の単語にある発音に近い名前にする(例:しょう、えいじ、らいとなど)

です。

ただし、「ジョン」「オリビア」など、外国人の名前に無理やり漢字をあてはめるのは、読みづらいこともあるため、あまりおすすめできません。

和風で古風なかっこいい名前がいい?

かつて「キラキラネーム」が流行しましたが、その反動のように登場したのが「しわしわネーム」といわれています。このしわしわネームは、古風な名前のことを意味するそう。「しわしわ」というネーミングがマイナスイメージをあたえますが、古風な名前には、日本らしさや、歴史、伝統、男らしさを感じさせる名前が多いです。

和風で古風な名前をつけるときは、名前の文字数を決めると考えやすくなります。また、歴史的人物や偉大な著名人などの名前に使われている漢字を使うのもおすすめです。

センスのいい名前の付け方

お子さんには、センスのいい名前をつけたいものですね。「名付けセンスがいい!」と感じるのは、「名前に素敵な意味が込められている」ことではないでしょうか。

たとえば、外国語で素敵な意味を持つ単語が由来になっていたり、名前の漢字に込められた意味が縁起がよいものだったり、聞き慣れた単語の別名を使うなどすると、ネーミングセンス、言葉のセンスのよさが感じられますよ。

男の子の名前は、ママパパからの心を込めたプレゼント

男の子の名前をつける際のポイントをいくつかご紹介しました。赤ちゃんの名前は、妊娠中に考えておくのもいいですし、生まれた顔を見てからインスピレーションを得てつけるのもいいと思います。お子さんの成長を願い、心のこもった名前をつけてあげてくださいね。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事