子どもの歯磨き粉ってどう選ぶのが正解?フッ素・キシリトール入りなど選ぶべきポイントやおすすめ歯磨き粉まで

子どもの歯が生え始めると気になるのが歯磨きのこと。虫歯はないに越したことがなく、いつから歯ブラシを使うのか、歯磨き粉はいつから?と焦ってしまうママ・パパも多いのでは。今回は、歯磨き粉デビューの時期や、歯磨き粉の選び方、子どもにおすすめの歯磨き粉を、ママ・パパへのリサーチからまとめてご紹介します。

子どもの歯磨き粉はいつから必要?

まず、6ヶ月頃の離乳食がスタートしたら、歯磨き粉を使う前段階としてオーラルトレーニングを開始します。これは歯磨きというよりも、歯ブラシに慣れるためのもの。ゴム製などの歯ブラシで歯茎を触るトレーニングをします。その後、歯が見え始めたら、大人による仕上げ磨きをスタート。この時にはまだ歯磨き粉は必要ありません。1歳を過ぎたら、フッ素(フッ化物)を配合したホームケア用品でのケアを心がけましょう。

その後、3歳前後で、ぶくぶくうがいができるようになったら歯磨き粉の使用を開始します。子どもの乳歯や生えかわって間もない永久歯はエナメル質が薄く柔らかいため、虫歯が進行しやすいのです。また1歳半過ぎての授乳は前歯の虫歯が進行しやすく、歯ブラシの届きにくい奥歯も虫歯になりやすいので要注意。

子どもの歯はしっかりとした虫歯対策がポイントになります。

子供の健康はお口から!虫歯にさせない注意点と正しい歯磨き法をおさらい
よく噛んで食べることは健康生活の基本です。最近では「お口の健康は全身の健康の源」、「健口づくりから健康な体へ」といわれ、口内の健康管理が注目...

子ども用歯磨き粉の選び方

子ども用の歯磨き粉もいろいろな種類がありますよね。歯磨きの目的は虫歯をつくらないために、汚れや歯垢を除去し、口の中を清潔に保つこと。そのためにはどんなところに注意して選ぶのが良いのか、ポイントをご紹介します。

飲み込んでも大丈夫なもの

小さい子どもは歯磨き中に、「つばを飲んじゃダメだよ」と言っても難しいですよね。だからこそ、万が一飲んでしまっても安心なものを選ぶ必要があります。フッ素以外は食品用成分からできているものたくさんあるので、しっかりチェックして選ぶのがポイントです。

フッ素を配合したもの

フッ素(フッ化物・フッ化ナトリウム)は、1歳6月頃の歯科検診で塗布されることも多いですよね。子供の歯は柔らかくて虫歯になりやすい反面、再石灰化が大人の歯よりも促進されやすいため、フッ素で歯質を強化することが虫歯対策の大きなポイントになるのです。歯の再石灰化とは、歯から溶け出したカルシウムが再び歯に取り込まれることです。

キシリトール配合のもの

キシリトール(天然素材甘味剤・カルシウム補給助剤)は、虫歯の原因となる酸や菌をつくらない成分。天然素材の甘味料としても使われているので、甘く子どもの歯磨き粉にはうってつけです。

研磨剤や発泡剤が含まれていないもの

大人の歯磨き粉には、汚れをよく落としたり、歯を白くするための研磨剤が入っていることも。でもまだ柔らかい子どもの歯には必要ないどころか削り過ぎてしまうことも。また、歯磨き後の爽快感をもたらすための発泡剤もありますが、その泡が邪魔になり歯の汚れがきちんと確認できなかったり、結果として歯磨きの時間が短くなってしまったりといった短所があります。必要のない成分は含まれていないものを選ぶのもポイントです。

子ども用歯磨き粉 おすすめ10選

ママ・パパへのアンケートから上がってきたおすすめの歯磨き粉をラインナップしてご紹介。子どもが気に入りそうなものをいくつか試してみるのもオススメです。

クリアクリーン キッズタイプ

むし歯を防ぐフッ素と、キシリトールが配合された歯磨き粉。清掃剤として、ソフト顆粒(二酸化ケイ素)が含まれていて、歯のすき間の歯垢もすっきり落としてくれます。仕上げ磨きしやすいよう、泡立ち控えめなタイプ。

・苦くないので子供が使いやすいです(30代・神奈川県・子ども2人)
・刺激が少なく、グレープ味で気に入っているようだ(40代・大阪府・子ども2人)
・子供の好きな味。フッ素配合(30代・石川県・子ども2人)

Doクリア こどもハミガキ しまじろう

フッ素配合で、歯の再石灰化を促進、歯質を強化して虫歯を防いでくれる歯磨き粉。また、フッ素の働きを助けて歯へのカルシウムの取り込みを促進する還元パラチノースが配合され、さらにパワーアップ。

・味がおいしいらしく、歯磨きをちゃんとしてくれる(30代・京都府・子ども2人)
・好きな味で嫌がらずに歯を磨いてくれる(20代・茨城県・子ども2人)

ライオン こどもハミガキ アンパンマン

子どもたちが大好きなアンパンマンの歯磨き粉。フッ素配合で歯質を強化し、虫歯を防いでくれる子ども用歯磨きです。子どもの好みに合わせた香味と使用感が人気の理由。

・子どもがこれがいい!というので(30代・東京都・子ども2人)
・香りが子供好み(40代・千葉県・子ども1人)

サンスター バトラー エフペーストこども

フッ素による再石灰化を重視した歯磨き粉。乳歯や、乳歯から永久歯への生え変わり時期、そして大人用ハミガキへの移行前まで、幅広い子ども世代で使えるフレーバーなのも人気のポイント。

・泡立たなくて良い(40代・神奈川県・子ども3人)

クリニカKid’sハミガキ グレープ

酵素が歯垢を分解・除去してくれる歯磨き粉。歯垢除去効果を高める清掃スクラブ配合ですみずみまでスッキリ。歯質を強化し虫歯を予防してくれるフッ素配合。キシリトール配合なので甘みがあるのも人気。

・ぶどう味が好き。すっきりするみたい (40代・神奈川県・子ども2人)
・グレープ味が気に入っているようです(40代・東京都・子ども1人)

クリニカKid’s ジェルハミガキ

歯磨きデビューやママ・パパによる仕上げ磨きにぴったりのジェル歯磨き。フッ素が歯の再石灰化を促進し、虫歯の発生と進行を防いでくれます。フッ素以外は、すべて食品使用成分と同様の成分で設計しているので万が一飲み込んでしまっても安心。低発砲の透明ジェルなので、口内を確認しながら磨きやすいのがポイント。キシリトールも配合されています。

・フッ素効果が高いので虫歯になりにくい(40代・神奈川県・子ども1人)

ライオン チェックアップ

6歳以上、特にティーンエイジャー向けの歯磨き粉は、フッ素の滞留性がアップ。いつもの歯みがきの後に塗り込むように使うのが大きなポイント。フッ素の滞留性を高めた独自の処方と、フッ素が口腔内のすみずみまで広がりやすいソフトジェル。研磨剤は無配合なので、歯への傷つきが気になりません。また、泡立ちが少ないので、すすぎの量も短く済みます。

・歯医者さんから歯に負担がかからないと勧められた(30代・神奈川県・子ども2人)
・フッ素入りで安心。また、終わった後のうがいが少なくていいのでラクチン(30代・東京都・子ども3人)
【乳歯の虫歯ケア】人気歯科クリニックに聞いた、20本が生えそろうまでにこれだけは!
子どもの下あごに前歯が生えてきたとなれば、いよいよわが子の虫歯ケアがスタートとなります。ただ、市場にはケアグッズがいっぱいあって、フッ素塗布...

うがい不要の歯磨き粉のおすすめ

まだ小さい子どもだと、口に入れた水を吐き出すのが難しい場合も。そんな時には、うがい不要の歯磨き粉を選ぶのも手です。うがい不要の歯磨き粉をラインナップしたので、ぜひお試しを。

ピジョン ジェル状歯磨き

6ヶ月から使用できるジェル状歯磨き。フッ素と、食品にも使われている成分で作られているので安心。キシリトールの自然な甘さなので子どもが嫌がることもありません。無香料・無着色・ノンミント。研磨剤を使用していないので、柔らかい乳歯を傷つけないのもポイント。発泡剤もなく、泡立たないので、すみずみまで丁寧に磨けます。磨いた後は、ガーゼで拭き取ってあげるだけでOK。

・キシリトール味で優しく、発泡剤も使われていないので、子供もとても気に入っている(30代・東京都・子ども2人)

ピジョン 親子で乳歯ケア ジェル状歯みがき ぷちキッズ

フッ素とキシリトールを配合した子供用歯磨き。発泡剤を使っていないので泡立たず、すみずみまでしっかり磨けるのがポイント。フッ素のほかは食品に使われる成分なので安心。着色料も無添加です。歯や歯茎のブラッシング後、すすぎが上手にできない子には、ガーゼなどでぬぐい取ってあげればOKなのが嬉しいところ。

・子どもがブドウ味が好きなので、喜んで歯を磨いてくれる(40代・東京都・子ども2人)
・歯磨き粉の泡が出ないため、子供には不快にならないようです(40代・神奈川県・子ども2人)

ブリアン 粉状歯磨き粉

ブリアンは虫歯予防のための善玉菌(ブリス菌)で、歯垢を取り除き虫歯を防ぐ新しい発想の歯磨き粉。子どもが毎日使えるよう、無添加なのも安心。

使い方は、歯ブラシの毛先を少しだけ水で濡らし、ブリアンの粉を歯ブラシの毛先につけ、約2、3分ブラシング。また、歯が生え始めの小さな子には、大人の指にガーゼを巻いて、ブリアンをつけて磨いてあげるのも効果的。その後、水でゆすがず、唾液を出すだけでもOKなので小さな子でも簡単に使えます。

大切な歯は幼い時からしっかり磨こう

乳歯はいずれ抜けるから虫歯になっても大丈夫、なんて思っていたら大間違い!乳歯での虫歯は永久歯にも大きな影響を与えると言われています。また小さい頃からの歯磨き習慣が身についていれば、大人になっても苦労することなくケアできますよね。ぜひ、歯磨きが面倒なもの、嫌いなことにならないように楽しく歯磨き習慣をつけてあげてくださいね。

歯科医師も実践!「100均」グッズで子どもの虫歯を防ぐ方法とは?
子どもの虫歯は親の責任と言われています。わが子を思って夢中で歯磨きをしている親御さんも少なくないと思いますが、実は子どもが3~4歳になったら...
文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事