子どもに合ったキックボードの選び方!仕様の違いと特徴を解説

キックボードは、男女を問わず子どもに人気のおもちゃです。片足立ちができるようになる3歳ころから、楽しみながらバランス感覚を養えます。タイプによっては大人でも使えるので、長く楽しむのはもちろん、ママパパも子どもと一緒に楽しめます。

さまざまなメーカーから発売されているキックボードですが、見た目や機能はどれも似ていて、違いが分かりません。そこで、機能性や対象年齢に着目し、選び方を解説します。

どれでも同じ?子ども用キックボードの違いとは

キックボードは、「タイヤの数」、「タイヤの大きさ」で、まず大きな違いがあります。

また、「タイヤが光る」、「ハンドブレーキ付き」、「スタンド付き」、「ストラップ付き」など、さまざまな差別化がありますので、何を優先すべきかで選ぶとよいでしょう。

タイヤの数が違う

キックボードのタイヤは、前後1つずつタイヤが付いている2輪タイプに加え、3輪、4輪タイプもあります。タイヤの数の違いによって、機能性に違いがあります。

2輪タイプのキックボード

地面との摩擦が少ないのでスピードが出やすいタイプです。耐荷重100kg程度までのタイプもあり、子どもが大きくなっても使えますし、ママパパも一緒に楽しめます。

ただし、2輪タイプは自立しないので、走行時にはバランス感覚が必要で、3~4歳の子どもでは難しいこともあります。

3輪タイプのキックボード

3輪タイプは前が2輪と、後ろが2輪のタイプがあります。共通しているのは安定性の高さで、小さな子どもでも安心です。また、スタンドを使わずに立てて保管できるので、使わないときに立てかける場所を探す必要がありません。

2輪タイプに比べて地面への摩擦が高まるので、スピード感に劣る場合もありますが、安全面では安心できるタイプです。

後ろが2輪のタイプ

3歳から使える未就学児向けがほとんどです。スピードは出にくく、小さな子どもでも安心して遊べます。左右への体重移動が難しく、スピードを出してカーブを曲がれないので、転ぶ可能性も低くなります。機能性も限られており、比較的に安価なタイプが多いですが、使える期間は短めです。

前が2輪のタイプ

前側にサスペンションなどを内蔵し、左右に体重移動がしやすいタイプが多く、カーブでもスピードが落ちません。タイヤに高性能なベアリングを利用するなど、スピードも落ちない工夫がされていて、安定性とスピード感を両立したタイプです。1歳ころから使える変形タイプもあります。

タイヤの大きさが違う

タイヤの大きさは100~200mm程度が一般的です。大きさによっても長所と短所があるので、選ぶときは子どもが使うシーンを想像すると決めやすくなります。

小さめのタイヤ

小さいほど本体はコンパクトになるので、収納に困りません。また、重心が低いので、安定しやすいのも長所です。反面、砂地やちょっとした段差には弱いので、舗装路以外では使い勝手が悪いです。タイヤのすり減りが早いのも短所です。

大きめのタイヤ

大きいほど悪路でも走行が安定します。公園などの砂地でもタイヤが埋まりにくく、ちょっとした段差も気になりません。タイヤはすり減りにくくなりますが、タイヤが大きいと泥が付着する部分が増えますし、本体も大きくなるので収納は不便です。

機能性の違い

独自の機能が付いたタイプがあり、安全性や利便性に利点があります。

タイヤが光る

走行するとタイヤに内蔵されたLEDのライトが光ります。子どもが楽しく使えるのはもちろんですが、夕方に暗くなってきたときには安全性も高まります。ママパパと離れて子どもだけで使う機会が多いのであれば、安心できる機能です。

手元にブレーキが付いている

一般的なキックボードは後輪の足元にブレーキが付いています。これに加えて、前輪用ブレーキとして、自転車と同じようなハンドルブレーキが付いたキックボードです。手元で素早くブレーキが掛けられるので、とっさに停止したいときでも安心ですし、2重のブレーキで制動力も高まります。

スタンドが付いている

2輪タイプのキックボードは自立しないため、そのまま倒しておくか、立てかける場所を探す必要があります。スタンドが付いていれば、自転車と同じような感覚で乗り降りできます。

持ち運び用のストラップが付いている

折り畳んで持ち運ぶとき、ストラップが付いていると肩に掛けて運べます。例えば、自宅がマンションで、キックボードを持って階段を上り下りする必要がある場合など、ライフスタイルによっては活躍する機能です。

子どもに人気の外遊び24選!人気遊びの種類、みんなで遊べる遊び道具やおもちゃをリサーチ!
「子供は風の子」と昔から言われるように、子供たちは季節に関係なく寒い冬空の下でも元気に走り回っています。そこで今回は、子供が好きな外遊びにつ...

おすすめの子ども用キックボード9選

エリート フラッシュ – GLOBBER

GLOBBERは自転車のエキスパートが立ち上げたフランスのキックボードメーカー。卓越したデザインや、人口工学に基づいた握りやすいハンドルなど、細部にこだわりがあります。120mmの大きな前輪は走行時に光り、暗くなっても安心です。耐荷重は50kgまでなので、小学生になっても遊べます。

対象年齢は3歳以上。

Kid Scooter TC-02 – JD Razor

足を乗せるデッキ部分はプラスチック製で軽量なため、小さな子どもでも扱いやすいです。デッキ後部に装備されたスペアタイヤはおしゃれで、タイヤがすり減っても安心です。カラフルな5色から好みに合わせて選べます。対象年齢は3歳以上。

GS-128 – JD Razor

デッキ素材にグラスファイバーを利用し、カーブでしなることで体重移動がしやすく、スピードも落ちません。加えて、高い衝撃吸収性を発揮するので、走行時の振動も抑えられます。

折り畳み部はスライドさせるだけで簡単に開閉できるので、指挟みの心配が無く安心。赤と青で2種類選べます。制限体重は70kgまで、大人まで使える3輪キックボードです。対象年齢は6歳以上。

エヴォ・コンフォート – GLOBBER

1歳から使える変形タイプの3輪キックボードです。1歳ころでは押し手棒付きの乗用おもちゃとして利用できます。子どもの成長に応じ、押し手棒を取り外せば、足で蹴って進む乗用おもちゃに、さらに変形させれば3輪キックボードとして使えます。耐荷重は50kgまでと、小学生まで長く使えます。対象年齢は1歳以上。

トイ・ストーリー イージースケーター – マルカ

前後で2輪ずつタイヤが付いた4輪タイプのキックボードで、機能性は後ろが2輪の3輪タイプに近いです。前輪は走ると光るので、暗くなってきても安心。軽量かつコンパクトなので収納にも困りません。

耐荷重は30kgまでで、小学校入学前後まで使えます。トイ・ストーリー以外のキャラクターもあり、好みに合わせて選べます。対象年齢は3歳以上。

フロウ・フォーダブル – GLOBBER

耐荷重100kgまでで、子どもはもちろん、ママパパでも楽しめます。合成樹脂素材の分厚いデッキはクッション性も高く快適。耐久性も高いので、やんちゃな男の子でも安心です。対象年齢は6歳以上。

MS-105 – JD Razor

コンパクトなボディながら耐荷重は90kgまで。本体重量は2.8kgと軽く、ストラップ付で持ち運びがしやすいです。余計な機能が付いていないので、安価なのも利点です。対象年齢は6歳以上。

MS-205RB – JD Razor

前輪には手元で操作できるブレーキを搭載しており、走行中にLEDのライトも光るので安心です。機能性が高いのに本体重量は2.8kgと軽量かつコンパクト、耐荷重は90kgまで。対象年齢は6歳以上。

MS-185B – JD Razor

約200mmの大径タイヤで、公園などの砂地などでも進みやすいです。また、前輪にはハンドルブレーキを搭載しており安全性能も高く安心です。デッキ部は幅広設計で乗りやすさも抜群。スタンドが付いているので、自立させることもできます。耐荷重は100kgまで。対象年齢は8歳以上。

対象年齢と機能性の違いを確認して最適なキックボードを選ぼう

キックボードを選ぶときは、まずは対象年齢を確認して、子どもに適合しているかを確認しましょう。その上で、タイヤの数や大きさ、機能性の違いを確認し、必要な機能の付いたキックボードを見付けましょう。

「乗る」おもちゃベストバイ!はじめてのマイカーから外遊び用まで!
子どもは乗り物が大好きですよね。この記事では座れるようになる10カ月の赤ちゃんから、自転車を乗る練習ができるものなど、子どもの年齢に合わせて...

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事