新生児に枕は必要? 理由は? ベビー枕の選び方とおすすめ商品をご紹介

ベビー枕は赤ちゃんのための枕です。ママパパ用の枕は赤ちゃんには大きすぎるため、サイズの小さい枕を使用します。

基本的に枕は安眠のために必要になります。大人は枕が変わると眠れない人もいるほどで、真剣に枕を選ぶママパパも多いことでしょう。ですが、ベビー枕は赤ちゃんの安眠以外の目的でも使用されています。ベビー枕はどのような目的で使用されるのか、選び方やおすすめ商品と合わせて紹介します。

ベビー枕で頭の歪み・吐き戻し対策

ベビー枕を使うことで、赤ちゃんの頭が歪むのを防ぐことができます。成長途中である赤ちゃんの頭はとても柔らかく、同じ姿勢のまま寝かせていると頭の一部分に圧力が掛かり、そのままでは頭が歪んだ子どもに育ってしまいます。

ベビー枕の多くは、ドーナツ枕のように中央に窪みがあるのが特徴です。窪みに頭を合わせることで頭に掛かる圧力が分散されて、頭の歪みを防げるでしょう。

また、赤ちゃんの吐き戻し対策にもなります。月齢の低い赤ちゃんは胃と食道が十分に発達してはおらず、ミルクを飲ませてから寝かせると胃から食道へミルクが逆流して、吐き戻してしまいます。傾斜のあるベビー枕を体の下に入れることで、上半身が起き上がり吐き戻しを防ぐことができるでしょう。

赤ちゃんに枕は不要?

頭の歪みや吐き戻し対策にベビー枕はおすすめですが、基本的には赤ちゃんに枕は必要ありません。

大人が枕を使用する理由は、枕が無いと背骨が伸びてしまうからです。大人の背骨はS字カーブをしており、枕が無いままでは頸椎への負担が大きいため、S字を維持できるように枕が必要になります。
一方で赤ちゃんの背骨はC型をしています。ベッドの沈みだけで姿勢を保つことはでき、枕が無くても頸椎への負担は少ないため枕を必要としません。

また、枕があることで窒息する危険もあります。赤ちゃんは寝返りするのも一苦労であり、偶然に寝返りをして顔を枕に押し付けてしまうと息ができなくなります。特に頭が沈むような柔らかい枕は、一度うつ伏せになると自力で顔を動かせないことも多く注意が必要でしょう。

何歳くらいから使った方が良い?

枕を使い始める時期は、大体1歳前後が目安になります。1歳前後はハイハイをし始める時期であり、背筋が反れてS字になり始めるからです。

ですが、成長には個人差があるため正確にいつからとは決まってはいません。生まれてすぐに用意してあげてもいいですし、活発に遊び始める3歳~4歳からでも問題は無いでしょう。

予防目的でも良いですが、頭の歪みや吐き戻しが目立つようならベビー枕を使用してください。

【助産師監修】気になる!赤ちゃんの絶壁や頭の形、原因は「向き癖」?予防や矯正する方法はある?
赤ちゃんの頭が絶壁にならないよう気遣っているママやパパも多いと思います。赤ちゃんが絶壁頭(短頭症)や斜頭(斜頭症:頭の形が左右非対称になって...

ベビー枕の選び方

ベビー枕は赤ちゃんのための枕です。頭の歪みや吐き戻し対策に必要となりますので、ママパパ用の枕と同じように選ぶわけにはいきません。選ぶ際のポイントを紹介します。

形状で選ぶ

ベビー枕にはドーナツ型と傾斜型があります。

ドーナツ型

ドーナツ型は中央に窪みのある枕のことです。窪みに頭を合わせることで頭への圧力が分散され頭の歪みを防ぐ役割があります。窪みによって頭がしっかり固定もしますので、向き癖や窒息の危険がある寝返りへの予防にもなるでしょう。

傾斜型

傾斜型は三角形の形をした枕のことです。枕の低い方を体の下に入れ高い方に頭を乗せることで上半身を高くすることで、ミルクの逆流を防ぐ役割があります。また、上半身が高くなれば気道も開きやすくなり、鼻詰まりを防いで呼吸も楽にしてくれます。

枕の形状によって効果も変わってきますので、ベビー枕を選ぶ際には目的に合った形状のベビー枕を選んでください。

素材で選ぶ

枕は素材が変わることで使用感も変わってきます。触り心地や通気性だけではなく、洗濯しやすいかどうかも違ってくるためどれでも良いというわけにはいきません。

最も使いやすいのはポリエステル素材です。丈夫で洗濯もできるため永く愛用できます。

デリケート肌の赤ちゃんには、パイル素材やコットン素材もおすすめです。パイル素材とはタオルに使用される素材のことで、ループ状に糸を編むことで柔軟性を良くします。吸収性も良いため汗をかいても蒸れません。また。天然素材であるコットンはきめ細かく手触りがとても良いです。

二層一体成型の単純立体構造ジェルを使用したジェルトロン素材は、優れた弾力性があります。あまり頭が沈み込まず寝返りがしやすいのが特徴です。耐久性や通気性も優れており、快適な睡眠ができるでしょう。

おすすめのベビー枕4選

ベビー枕(ドーナツタイプ) – ジェルトロン


ジェルトロン素材を使用したドーナツ型のベビー枕です。枕の中央に窪みを持たせることで、赤ちゃんの頭全体をジェルトロン素材が包み込む構造になっています。頭部だけではなく頸部もしっかり支えられており、向き癖対策や頭の歪み対策をしてくれます。

また、通気性に優れ水洗いも可能です。汗っかきの赤ちゃんでも快適に使え、汗やよだれで濡れても丸ごと洗濯ができます。清潔に保つことでダニの温床にもなりにくいでしょう。

サイズが合わない場合には、タオルを巻いて大きさと高さを調整してください。

対象年齢は0カ月以上。

ドーナツ枕(中) – 西川産業 babypuff


パイル素材を使用したドーナツ型のベビー枕です。ポリエステルの綿を詰め込んだ柔らかなベビー枕で、優しく赤ちゃんの頭を支えてくれます。タオルと同じ素材を使用しており肌触りがとても良いです。

また、裏面には通気性に優れて熱がこもりにくいメッシュ素材が使用されています。メッシュ素材で頭が蒸れず、パイル素材で汗を吸収するため夏場でも快適な睡眠ができるでしょう。

大きさは3種類あり、サイズによって対象年齢も変わります。赤ちゃんの月齢に合わせて選んでください。

対象年齢は小型が0カ月以上、中型が4カ月以上、大型が12カ月以上。

丸洗いできるベビー枕 – puppapupo


パイル素材を使用したドーナツ型のベビー枕です。吸水性に優れ、汗をしっかり吸収してくれます。洗濯機で丸洗いもでき、汚れてしまっても奇麗にできるでしょう。

デザインは、クラウド型・スター型・クラウン型の3種類があります。クラウド型には小さな星の刺繍や、クラウン型の先端にはポンポンが付いているなど、細かい部分まで手を加えており、見た目がとても可愛いです。性能に違いはありませんので、気に入ったベビー枕を選びましょう。

スリーピングピロー – cocodesica


コットン素材を使用した傾斜型のベビー枕です。横幅が50cmとゆったりしており、赤ちゃんが寝返りをして枕から落ちるのを防いでくれます。

裏面には滑り止め加工がされており、シーツの上で使用してもずれにくいです。カバーを取り外して洗えるのはもちろん、中綿のクッションも水洗いができ、清潔に保つことができます。

また、像柄や羊柄などデザインも豊富です。布にプリントしているわけではなく、一本一本の色糸を縦横6層に重ねており洗濯して色が落ちる心配はありません。

ベビー枕で安定した睡眠を

赤ちゃんの枕は、ママパパの安眠目的とは違い頭の歪みや吐き戻し対策に必要です。寝返りをほとんどせず頭が潰れていたり、ミルクを吐き戻していたりする場合にはべビー枕を用意してあげましょう。赤ちゃんが健やかに過ごせるよう、目的に合ったベビー枕を選んであげてください。

文・構成/HugKum編集部

【助産師監修】新生児にベビー枕は使ってもいい?タオル枕の作り方や注意点から、おすすめのベビー枕まで
一日の大半を寝て過ごす、生まれて間もない赤ちゃん。そんな新生児に枕は必要なのでしょうか? タオルを枕の代用とする方も多いかもしれませんが、危...

編集部おすすめ

関連記事