在宅ワークを快適に!ママライターの「これ使える!」おすすめ便利グッズ9選

テレワークで、家での仕事時間が増えた人も多いですよね。今回は、在宅ワークを少しでも快適にしてくれるおすすめのグッズを、HugKumのママライター&編集者たちが紹介します!

在宅ワークにおすすめのグッズ9選

PCでの作業が長時間続く在宅ワーク。疲れを少しでも軽減できるアイテムを、みんなが推薦してくれました。さっそくHugKum編集部スタッフのおすすめアイテムをチェックしましょう。

PC作業が楽になるワイヤレスキーボード

「絶対おすすめ!」とAさんが太鼓判を押してくれたのがワイヤレスキーボードです。

「在宅ワークで使うPCはノートパソコンが多いですよね。オフィスのデスクトップのスクリーンの高さと比べると、ノートPCのキーボードは視線が下がって、姿勢も悪くなりがち。なので、在宅ワークの時には、ノートPCを高さのある位置に置いて、ワイヤレスのキーボードを使って作業をしています。ちょっとしたことなんですが、これがあるとないとでは、快適さが全然違うんです!」

上で紹介してくれたのはSURFACEのキーボード。ほかにもワイヤレスキーボードはたくさんあるそうで、こんなコンパクトなタイプも活躍しているそうです。

会議の音がクリアに聞こえるワイヤレスイヤホン

こちらはライターMさん愛用の『Ankerのワイヤレスイヤホン

「もともと何かしらのワイヤレスイヤホンを欲しいな〜とは思っていましたが、在宅ワークが増えたことで急遽ネットで購入しました。価格が5,000円程度と手を出しやすく、音もキレイで不自由を感じることがないので、個人的にはお値段以上…?と思っています。ZOOM会議にも重宝しつつ、音楽を聴きながら原稿を書くと集中できたりと仕事柄手放せなくなりそうです」

 

ゾフのブルーライトカットめがね

この『Zoff PC』はブルーライトを50%もカットしれくれるめがね。編集部のzoom会議でも、このめがねでの参加率は高いんです。

「カーキを愛用してます。仕事中はずっとかけっぱなし。かけていない時と比べると、目の疲労感が全然違うので、在宅ワーク中も手放せないアイテムです」(編集M)

紫外線カット率も99.9%で、すっぴん隠しにも良いそうで、そのまま外出にも使っているというスタッフも。このめがねはHugKum編集部にも愛用者が多く、使い始めると手放せない、という声が多数聞かれる人気ぶりでした。

座り作業が格段に楽に!Gゼロクッション

「ダイニングの木の椅子の座り心地を良くするために、話題の(!)無重力クッションを買ってみた」という編集Sさん。

「テレビのショッピングサイトを観てほしくなり、ホームセンターでも売っていたので購入したGゼロクッション」。テレワークになり、リビングの木のイスで長時間のPC作業がキツかったんです。でもこのクッションのおかげで、無重力とまでは言えませんが腰やお尻がかなり楽になりました!

ちなみに、こんな実験もしてみましたよ。例の卵の上に座っても本当に割れないのか実験です。大惨事にならないようビニール袋に入れて、恐る恐る座ってみたら……割れなかったー!こんな絵いらないですよね〜笑」

って送られてきたので、そのまま掲載させていただきました!

無重力のようなクッション、試してみたくなりますね。

ipadのアプリのNotability

「メモと録音ができるアプリ「Notability」です。ZOOMや電話会議の際、メモしながら録音もできるので机の上がすっきり、とても助かっています」(ライターH)

ipad専用タッチペン

「ipadカバーを購入したらおまけで付いてきたのですが、画面に指紋も付かないしとっても使いやすい!仕事のメールチェックのときなどにも活用しています」(ライターY)

 

 

THREE ルームフレグランスアロマミスト

「ずっと家で作業をしていると気分を変えにくいので、ルームスプレーをシュっとします。こちらはグレープフルーツを中心とした精油の香りで、気持ちが落ち着きます。もうなくなりそうなので、買い足そうと思うくらい、気に入ってます!」(ライターS)

体型維持のために骨盤クッション

「PC作業を続けていると姿勢が悪くなってくるし、お尻が四角くなってしまう気がして骨盤クッションを敷いています。心なしか、姿勢をキープしてくれる気がしています」(ライターS)

 

在宅だからこそ、お花を絶やさずリラックス

在宅勤務に切り替わって、育児と仕事を同時進行でこなす難しさを感じているママパパも多いですよね。そんな中でも、

「今まで通りの日常を続けていくことを大切にしたいので、お花を飾っています。まだ小さな子どもたちにイライラすることもあるけど、自分の好きなお花があれば、ふっと気持ちが切り替わることも」というママも。

長時間の在宅ワーク、工夫次第で快適に

自粛生活もまだまだ長引くことが予想されるので、少しでも快適に在宅ワークに取り組める工夫を、ぜひ皆さんも試してみてくださいね!

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事