離乳食のパスタはいつから?調理法や時期別レシピを解説!

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。子どもも大人も好きな「麺」。つるつるとのど越しのいい麺類は、赤ちゃんも大好きな子が多いメニューひとつです。

今日はその中でも「パスタ」に注目してお話しますね。

離乳食のパスタ、いつから始めていいの?

離乳食中期の後半からスタートしましょう

パスタは、離乳食中期の後半から食べられます。ただ、茹でてもなかなか軟らかくなりにくいので、モグモグできているか赤ちゃんのお口を確認しましょう。食べにくいようにしていたら、後期からでも遅くはありません。

おすすめのパスタの種類は?基本のゆで方や調理法を教えて!

表示されている時間の「倍」湯がいて。赤ちゃんが食べやすいマカロニがおすすめ

パスタにもいろいろな種類があります。ロングパスタで一般的なのはスパゲッティーですね。ショートパスタだと、マカロニはやわらかくクタクタになるので、赤ちゃんでも食べやすく、おすすめです。

商品に「7分茹でてください」という指示があれば、赤ちゃんはその倍14分ほどクタクタに湯がいてあげましょう。食べて赤ちゃんが食べられる軟らかさになっていればOKです。

離乳食のパスタ、時期別のおすすめレシピをご紹介!

離乳食中期と後期に取り入れたいパスタメニューを紹介します!

離乳食中期:納豆和パスタ

大人もねばねばパスタでいただいてみましょう。

<材料>

スパゲッティー(ゆでたもの) 60~80g 

ひきわり納豆 15g

玉ねぎ 10g

ほうれん草 5g

かつお昆布だし 100~150ml

<作り方>

・スパゲッティーは表示の倍の時間ゆがいてみじん切り

・納豆は湯通しして粘りを取る

・玉ねぎはみじん切り

・ほうれん草は下茹でしてみじん切り

1.かつお昆布だしに玉ねぎを入れて弱火で煮る

2.しんなりしてきたら他の材料も入れて煮る

離乳食後期:ツナのトマトパスタ

<材料>

スパゲッティー(ゆでたもの) 60~80g

ツナ水煮缶 15g

玉ねぎ 10g

アスパラガス 10g

トマト 10g

かつお昆布だし 100~150ml

しょう油 0.5ml

<作り方>

・スパゲッティーは表示の倍の時間ゆがいてみじん切り

・玉ねぎはみじん切り

・アスパラガスは表面の皮をむいて5㎜に切る

・トマトは湯むきをして5㎜に切る

1.かつお昆布だしに玉ねぎとアスパラガスを入れて弱火で煮る

2.しんなりしてきたら、残りの材料を入れて煮る

3.最後にしょう油で風味をつける

パスタを使って手づかみできる簡単離乳食おやつレシピ!

マカロニきな粉

マカロニを使った手づかみおやつに最適なパスタです。私が働いている保育所でも、定番のおやつメニューなんですよ!

<材料>

マカロニ(ゆでたもの) 30~40g

きな粉 小さじ1

きび砂糖 小さじ1/4

<作り方>

1.マカロニを表示の倍の時間ゆがいて湯切りする

2.きな粉ときび砂糖と混ぜ合わせる

パスタメニューを離乳食に上手に取り入れるコツは?

具沢山にして1品で完結できるように

私が子どもの離乳食づくりにパスタを取り入れるときは、具沢山にして1品で完結するようにしていました。また、朝作った汁物に昼はパスタを入れて「スープパスタ」にしたりと、アレンジもしました。慣れるととても使いやすいパスタ。ぜひ手軽に取り入れてみてください。

おかゆだけでなく、麺類を取り入れるとメニューにバリエーションが出ます。色々な食材にチャレンジして離乳食を赤ちゃんと一緒に楽しんでくださいね。

 

文/中田 馨(なかた かおり)

一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表理事。中田家庭保育所施設長。現在13歳の息子の離乳食につまづき、離乳食を学び始める。「赤ちゃんもママも50点を目標」をモットーに、20年の保育士としての経験を生かしながら赤ちゃんとママに寄り添う、和食を大切にした「和の離乳食」を伝えている。保育、講演、執筆などの分野で活動中。自身が開催する離乳食インストラクター協会2級・1級・養成講座はこれまで2500人が受講。

離乳食インストラクター協会HP 

中田馨の和の離乳食レシピブログ

 

編集部おすすめ

関連記事