離乳食のしらすはいつから?塩抜きや保存のテクニックと期別おすすめレシピ

カタクチイワシの稚魚であるしらすは、100gあたり牛乳約2本分のカルシウムが含まれています。カルシウムだけでなく、タンパク質やビタミンDも多く含まれ、 不足しがちな栄養素が豊富に含まれています。しらすは身がやわらかいので茹でてすりつぶすと赤ちゃんでも食べやすく、消化もしやすいので、離乳食初期からとても頼れる食材です。 

離乳食のしらすはいつから食べてOK?

初期から食べることができます。ただ、塩分が多いため下茹でして、塩分をゆでこぼしてから使用します。

少しザラつきを感じることもあるので、塩抜きしたしらすをすりつぶしてなめらかにすると与えやすいです。おかゆや野菜と混ぜても食べやすいでしょう。 

しらすの下ごしらえ・加熱・保存方法

はじめはお湯などで調節しトロトロに。量は小さじ1程度です。 まれにエビなども混入していることがあるため、アレルギーの観点から注意し取り除きます。 塩分が多いので必ず塩抜きをして使用します。生臭さを取ると同時に衛生面でも殺菌できます。

塩抜きのやり方

鍋にひたひたになるくらいまでの水を加えて2分加熱し茶こしなどで水気を切ります。 電子レンジでも同じように加熱して塩抜きをします。

塩抜きはいつまで?

 後期までは塩抜きしましょう。完了期では加熱し、塩味を活かして調理することもできます。

冷凍・保存方法

茹でて塩抜きをしたものの水気をよく切り、細かくしたものを使う分だけラップに包み、冷凍します。保存期間は冷凍しても2~3日までとしましょう。

 離乳食初期|しらすとさつまいものペースト

優しい甘みと塩味が味わえます。水分を多めにして、飲み込みやすくして食べるようにしましょう。

材料(1食分)

しらす 10g

さつまいも 20g

作り方

1. お皿にしらすと大さじ2の水を入れて、レンジで30秒加熱し、塩抜きをします。

 

2. 塩抜きをしたしらすを擦って、滑らかにします。

 

3. さつまいものペーストの作り方はこちら

離乳食のさつまいもはいつから?下ごしらえや保存方法、初期・中期・後期別おすすめレシピ
さつまいもは意外にも緑黄色野菜で、ビタミンCもりんごよりも多く含んでいます。ほかにもカリウムやカロテンなども含まれ栄養価も高く、主食...

 

4. さつまいもの甘味と、しらすの塩気がそれぞれおいしいペースト。お好みで混ぜながら食べてもおいしいですよ。

 

 離乳食中期|しらすのトマトサラダ

トマトのさわやかな酸味と甘み、しらすのほんのり塩味が美味しいサラダ。とろみ出汁と一緒に、のどごしの良さを味わってください。

材料(1食分)

しらす 5g

トマト 20g

かつお出汁 大さじ2

片栗粉 小さじ1/2

作り方

1. トマト20gを湯剥きして種と皮を取り除き細かく刻み、しらす5gを電子レンジで塩抜きして細かく刻みトマトの上にのせます

2. 熱したかつお出汁に片栗粉を混ぜながら入れ、ゆるいとろみをつけた出汁をかけます。

3. しらす、トマトに出汁を絡めてめしあがれ。

 

 

離乳食後期|しらすと青のりのパスタ

たくさん食べるようになったら作ってあげたいパスタ。しらすと青のりの香りが食欲をそそります。

材料(1食分)

しらす 10g

パスタ 20g

キャベツ 15g

水 80cc

青のり 少々

作り方

1. パスタを2~3cmに細かく折って鍋に入れ、ひたひたになるくらいの水で茹でます。

 

2. パスタが柔らかくなったら、塩抜きしらすと、細かく刻んだキャベツを入れてさらに茹でます。

 

3. 既定の分数より長めに茹で、パスタが柔らかく煮込まれたらできあがり。

 

 

レシピ:野村泉先生<栄養士・幼児食アドバイザー>

病院内にて妊産婦・乳幼児の栄養指導に従事。東京・小金井市のもぐもぐ子ども調理室にてレシピ監修、講義サポート、離乳食・幼児食講座を担当。

構成/HugKum編集部 写真/田中麻衣

編集部おすすめ

関連記事