離乳食のさつまいもはいつから?下ごしらえや保存方法、初期・中期・後期別おすすめレシピ

さつまいもは意外にも緑黄色野菜で、ビタミンCもりんごよりも多く含んでいます。ほかにもカリウムやカロテンなども含まれ栄養価も高く、主食としても使えるため、離乳食では初期から重宝する食材です。

離乳食のさつまいもはいつから?

さつまいもはペーストにしやすく自然な甘さがあり離乳食初期から使える食材です。 

栄養について

炭水化物で主食にもなりますカロリーは低め ビタミンCは熱を加えても壊れにくくまた食物繊維が多く含まれます。 

さつまいもの下ごしらえと保存方法

下ごしらえのやり方

さつまいもは皮の部分に繊維が多いため、離乳食後期頃までは皮を厚くむいて調理します。またアクが強いので切ったさつまいもを5分ほど水にさらしてから使うのがおすすめです。 

電子レンジで加熱する場合

さつまいもは皮をむいて2cmの輪切りにし、大きいまま電子レンジで約1分半加熱します。そのまま、熱いうちにつぶすと扱いやすいです。パサつく場合はお湯や出汁などでのばしてやわらかくし、赤ちゃんののどにつまらないようにします。

冷凍保存のやり方

柔らかくなるまで茹でたものをペースト状にしたものを冷凍します。月齢に応じて調理した状態にさつまいもを、よく冷まして冷凍しましょう。

 離乳食初期のレシピ|さつまいものペースト

野菜スープでのばして、しっとりとさせるのがコツ。

◆材料(1食分)

さつまいも 10g

野菜スープ 少々

◆作り方

1. 皮をむいたさつまいも10gをやわらかく煮て裏ごします。野菜スープ小さじ1を加えてのばして出来上がり

2. 汁も一緒にいただきましょう。

 

 離乳食中期のレシピ|さつまいものマッシュ

さつまいもとりんごの違った甘み、食感を楽しめる。

◆材料(1食分)

さつまいも 15g

りんご 10g

◆作り方

1. さつまいも15gりんご10gを鍋にかぶるくらいの水を入れやわらかく煮る。

2. さつまいもすりつぶし煮汁を少々加えてのばし、リンゴは細かいみじん切りにして混ぜあわせたら出来上がり。

 

離乳食後期のレシピ|さつまいもスティック

さつまいものなかに、ザクザクした食感が楽しい。手づかみで食べてみましょう。

◆材料(1食分)

さつまいも 30g

コーンフレーク 10g

片栗粉 小さじ1/4

砂糖 少々

◆作り方

1. さつまいもラップをして電子レンジで約1分加熱。やわらかくなったら熱いうちに砕いたコーンフレークと片栗粉を混ぜ合わせます。

 

2. 4等分にして棒状にしたら食べやすいように平らにしてフライパンで焼き目が付くまで焼いたら出来上がり。

 

レシピ:野村泉先生<栄養士・幼児食アドバイザー>

病院内にて妊産婦・乳幼児の栄養指導に従事。東京・小金井市のもぐもぐ子ども調理室にてレシピ監修、講義サポート、離乳食・幼児食講座を担当。

構成/HugKum編集部 写真/田中麻衣

編集部おすすめ

関連記事