離乳食のさつまいもはいつから?下ごしらえや保存方法、初期・中期・後期別おすすめレシピ

さつまいもは意外にも緑黄色野菜で、ビタミンCは、りんごよりも多く含んでいます。ほかにもカリウムやカロテンなども含まれ栄養価も高く、主食としても使えるため、離乳食でも重宝する食材です。

離乳食のさつまいもはいつから?

さつまいもは離乳食初期から

さつまいもはペーストにしやすく自然な甘さがあり離乳食初期から使える食材です。 

栄養について

炭水化物で主食にもなりますカロリーは低め ビタミンCは熱を加えても壊れにくくまた食物繊維が多く含まれます。 

さつまいもの下ごしらえと保存方法

下ごしらえのやり方

さつまいもは皮の部分に繊維が多いため、離乳食後期頃までは皮を厚くむいて調理します。またアクが強いので切ったさつまいもを5分ほど水にさらしてから使うのがおすすめです。 

電子レンジで加熱する場合

さつまいもは皮をむいて2cmの輪切りにし、大きいまま電子レンジで約1分半加熱します。そのまま、熱いうちにつぶすと扱いやすいです。パサつく場合はお湯や出汁などでのばしてやわらかくし、赤ちゃんののどにつまらないようにします。

冷凍保存のやり方

柔らかくなるまで茹でたものをペースト状にしたものを冷凍します。月齢に応じて調理した状態にさつまいもを、よく冷まして冷凍しましょう。

 離乳食初期のレシピ|さつまいものペースト

野菜スープでのばして、しっとりとさせるのがコツ。

◆材料(1食分)

さつまいも 10g

野菜スープ 少々

◆作り方

1. 皮をむいたさつまいも10gをやわらかく煮て裏ごします。

2. 野菜スープ小さじ1を加えて、パサパサに感じない程度にのばしたら出来上がり

 

 離乳食中期のレシピ|さつまいものマッシュ

さつまいもとりんごのそれぞれ違った甘み、食感が楽しめます。

◆材料(1食分)

さつまいも 15g

りんご 10g

◆作り方

1. さつまいも15gりんご10gを鍋にかぶるくらいの水を入れやわらかく煮る。

2. さつまいもすりつぶし煮汁を少々加えてのばし、リンゴは細かいみじん切りにして混ぜあわせたら出来上がり。

 

離乳食後期のレシピ|さつまいもスティック

さつまいものなかに、ザクザクした食感が楽しい。手づかみで食べてみましょう。

◆材料(1食分)

さつまいも 30g

コーンフレーク 10g

片栗粉 小さじ1/4

砂糖 少々

◆作り方

1. さつまいもラップをして電子レンジで約1分加熱。やわらかくなったら熱いうちに砕いたコーンフレークと片栗粉を混ぜ合わせます。

 

2. 4等分にして棒状にしたら食べやすいように平らにしてフライパンで焼き目が付くまで焼いたら出来上がり。

 

レシピ:野村泉先生<栄養士・幼児食アドバイザー>

病院内にて妊産婦・乳幼児の栄養指導に従事。東京・小金井市のもぐもぐ子ども調理室にてレシピ監修、講義サポート、離乳食・幼児食講座を担当。

離乳食のさつまいもに関する体験談

HugKum編集部では、12歳のお子さんがいるママやパパを対象に、離乳食のさつまいもに関するアンケートを実施しました。まずは、お子さんがさつまいもを食べた様子についてお聞きしました。

Q.離乳食でお子様はさつまいもを好んで(嫌がらずに)食べてくれましたか?

離乳食のさつまいも

さつまいもはお子さんにとても好かれているようです!約55%ものお子さんが好んで食べ、90%を超えるお子さんが食べられています。
甘みがあり、大人にも好きな方が多いさつまいもは、離乳食でも大活躍しそうですね。

ママパパの体験談

さつまいもは、素材そのものに甘みがあるので、もっと食べたいアピールも出てくるようです。蒸してそのまま、スティック状にして手づかみ食べするなど、月齢に応じて使いやすい素材ですね。パサパサしてしまうとのどにつまりやすいので、その点はパパママが気をつけてあげましょう。

この記事内のメニューも参考にして、さつまいもを離乳食に取り入れてみてくださいね。

「さつまいもが甘いので、一口あげたあとも口を大きく開けてもっと食べたいとアピールしていました。」(30代・東京都・子ども3人)
「そのまま蒸して身を崩して食べさせたら自分から食べてくれたので楽だった」(20代・岩手県・子ども2人)
「秋になるとスーパーに売っている焼き芋が甘くて柔らかかったので、それをほぐして与えていました。簡単に調理できてよく食べてくれるので助かっていました。」(30代・千葉県・子ども1人)
「ペースト状の時はあまり好きでは無さそうだったので、月齢が進み、スティック状にしたら食べるかと考えたが、味が好きではないようだった。」(40代・東京都・子ども1人)
「パサパサしたものをあげてしまい、喉に詰まりかけた事がある。以降はパサつかないように気を付けている」(30代・栃木県・子ども1人)

 

構成/HugKum編集部 写真/田中麻衣

 

編集部おすすめ!「bebemeshi for family」おそとごはん(たべるとくらすと)

忙しいときや外出のときに便利!無農薬・減農薬栽培、有機栽培の野菜と、国産のお魚、宮崎県の鶏ささみを中心に使用したこだわりの無添加離乳食。味付けは一切せず、丁寧にとった出汁の旨味を大切にしているママにもベビーにもやさしい&おいしい離乳食です。7ヶ月、9ヶ月、12ヶ月と赤ちゃんの成長に合わせて選んで。ギフトセットもありプレゼントにもおすすめ!

くわしくはこちらをチェック!

編集部おすすめ

関連記事