2021年のお盆休みはどう過ごす?家でのんびり、近場で買い物など今年の過ごし方をママ・パパにリサーチ

夏期休業になる企業も多いお盆休み。例年は帰省ラッシュになったり、実家でお盆を迎えるという人が多いですよね。家族でゆっくり過ごしたり、親戚が集まったりとさまざま。今年のお盆はどのように過ごすのか、ママ・パパにリサーチしてみました。

今年のお盆休みは何して過ごす?

お盆の時期は蒸し暑く、夏休みをとったり実家に帰省するご家庭も多いことでしょう。

しかし、昨年同様に新型コロナウイルスの流行もあり、例年とは違ったお盆になりそうです。どんなお盆休みにするのか、何をして過ごしたいか考えている人も多いのでは。

そこで、HugKumでは今年のお盆の過ごし方についてママパパアンケートでリサーチしました。例年とは違った回答も多かった今年のお盆の予定。みんなの過ごし方をランキング形式でご紹介していきます。

お盆休みはいつからいつまで?

今年のお盆休みは8月13日から16日が一般的。これは旧盆を指します。お盆は地域によって違いがあり、東京を中心とした一部は新盆の7月をお盆として迎えます。お盆の時期は地方の実家に帰省する人が多いので、お盆休みと言えば旧盆が基本になっているようですね。主に夏休みはお盆を入れた1週間という人が多いよう。

お盆は祝日じゃない? 期間はいつからいつまで? 銀行や役所の営業や交通機関はどうなるの?
8月に毎年ある「お盆」は、「お盆休み」と言われるのに祝日ではないのでしょうか? 当記事では、まずは2021年のお盆休みがいつからいつまでなの...

みんなは何をする?お盆休みの過ごし方アンケート

新型コロナウイルスの影響も大きい中、HugKum読者のママパパは今年のお盆をどのように過ごしたいと感じているのでしょうか。アンケートの結果を見てみましょう。

1位:自宅で過ごす

昨年同様、「自宅で過ごす」が1位となりました。帰省を控える他、休養を取ったり掃除をしたいと考える方もいるようです。

「自宅でのんびり休養をとりたいと考えています。色々と忙しい日々が続いたため」(30代・北海道・子ども2人)
「お盆は旅行するにも混雑していて宿も高いので自宅でのんびり過ごす。帰省したいがコロナのせいでできないから」(40代・神奈川県・子ども3人)
「自宅で家の掃除をする。 家が汚れてているので」(50代・岡山県・子ども3人)

2位:買い物・ショッピング

近所でお買い物をしたり、家で過ごすことをメインで考えるママパパが多いよう。

「近場のショッピングモールに買い物に行くくらいで あとは家で過ごします。コロナ禍なので出来るだけ家で過ごすほうがよいから」(40代・東京都・子ども1人)
「前半は帰省や買い物、後半は家でのんびり 遠出は控えて、混雑するところをできるだけ避けたい」(50代・和歌山県・子ども2人)

3位:帰省する

コロナ次第で様子を見ながら、短期間で帰省を検討しているママパパもいるようです。

「コロナ次第。落ち着いていれば、帰省したい。 毎年決まって帰省しているので。」(30代・愛知県・子ども3人)
「両家の実家で日帰り。毎年そうだから」(30代・愛知県・子ども2人)
「家でゴロゴロと実家に少し顔を出す感じ。 コロナであまり出歩けないので。」(50代・福岡県・子ども2人)

4位:仕事

お盆中も仕事をする、という方も。コロナ対応で仕事が増えているケースもありそうです。

「シフトでの勤務のため、決まった休みはなく、仕事しているか休みの日は自宅で過ごす。コロナが収束するのは、まだまだ先のことなので、仕事以外で出かけようと思わないから。」(30代・大阪府・子ども1人)
「前半は仕事で後は家でゆっくりする。コロナが心配で外出は控えようと思う」(30代・三重県・子ども2人)
「仕事。コロナの対応のため」(50代・兵庫県・子ども2人)

5位:お墓参り(迎え盆・送り盆)

お墓参りを検討している方も。コロナ禍で帰省できていないから、という声もありました。

「お墓参りには行く予定だが、基本自宅で過ごす予定。コロナ禍だから」(40代・千葉県・子ども3人)
「亡き父の墓前に手をあわせたい。コロナ禍で二年帰れていないから」(50代・愛知県・子ども2人)
「初盆」(40代・大分県・子ども2人)

6位:プール

野外のプールに行く方、混雑を避けて自宅のプールで楽しむという意見も。あらゆる過ごし方に新型コロナウイルスの影響が色濃く出ていますね。

「天気がいい日は屋外の波の出るプールに行って、天気が悪い日は家でだらだら過ごす。毎年旅行に行っていたけれど、コロナ禍では微妙だから」(40代・新潟県・子ども1人)
「だいたい市内で遊ぶ。混むところには行かない。」(40代・秋田県・子ども3人)
「自宅でプール。コロナ渦なので」(40代・埼玉県・子ども3人)

7位:バーベキュー

大勢でワイワイのイメージがあるバーベキューですが、今年は「家族で」という限定バーベキューの意見が多く見られました。外出せず、家の庭で行う方も多いようです。

「自宅で家族だけで過ごして庭でバーベキューでもできればいいかな。コロナで帰省するのをやめたから自宅でできる事をしようと思って」(30代・北海道・子ども2人)
「家の庭で家族とバーベキューをする。コロナ禍で外出できないから」(40代・神奈川県・子ども3人)

8位:旅行に行く

少数ですが旅行を検討している方も。人混みを避けた旅行や温泉を短期間で、という計画も見られました。

「前半はゆっくり。 後半は温泉。コロナがあるので」(30代・北海道・子ども2人)
「人混みを避けて過ごしたい。コロナ感染が恐いから」(40代・静岡県・子ども3人)
「温泉バーベキュー旅行」(50代・埼玉県・子ども3人)

9位:習い事・部活

お子さんの部活がお盆もある、という方も。暑い中毎日の練習はご家庭のサポートも必要ですね。

「子供がバスケをしているから、毎日練習。プールくらい行けたらいい。今はバスケが優先だから」(40代・神奈川県・子ども2人)

10位:テーマパークへ行く

ワクチン接種がまだなので県内で、という条件付きで検討中の方も。

「ワクチンがまだなので、県内でイベントをまわる」(40代・広島県・子ども3人)

本当はどのようにお盆を過ごしたい?

今年のお盆の過ごし方は、昨年に続いて、多くの方が新型コロナウイルスのことを気にかけて予定をたてていることが分かりました。
自由に旅行をしたり人と会ったりできるのは、もう少し先になるのかもしれません。

そこで、「コロナ禍でなければ本当はどう過ごしたいか?」についてもアンケートで聞いてみました。気になる答えは?

1位:旅行

1位は旅行でした。本当は○○に行きたかった、海外に行きたい、などの声が。お子さんに色々な経験をさせたいという希望も。
早く実現できるように願うばかりです。

「沖縄に旅行に行く予定だった。こどもの小学校最後の夏休みだから」(40代・神奈川県・子ども1人)
「海外旅行。子供に色々な文化を実感させたい」(40代・栃木県・子ども1人)
「旅行!!! 毎年恒例だったから」(40代・新潟県・子ども1人)

2位:帰省

昨年も帰省を中止した方も多く、おじいちゃんおばあちゃんにお子さんを会わせたい、という意見が多数ありました。
中には「子どもが産まれたのにまだ会っていない」という方も。

「帰省したいし旅行にも行きたい。おじいちゃんおばあちゃんに子供を会わせたい」(30代・三重県・子ども2人)
「飛行機や新幹線を利用して帰省したい。もう2年も帰省できていないので、親にこどもの顔を見せたい」(30代・千葉県・子ども2人)
「実家に帰省したり、子どもを遊びに連れて行きたいです。」(40代・福岡県・子ども2人)
「函館に帰省して父親に孫を会わせて、兄弟と会って皆んなで外食してショッピングや観光したいと思っていた。お墓参りもしたかった。子どもが、産まれたのにまだ父親や兄弟に会わせられていない」(30代・北海道・子ども2人)

3位:テーマパークへ行く

長期間の忍耐を強いられ、楽しいレジャーへの願望が伝わってきます。テーマパーク、外食など今まで楽しんでいた日常を取り戻したいですね・・・。

「楽しく過ごしたい」(40代・三重県・子ども2人)
「長期間の休みで家族揃って外出できる少ない機会なので」(40代・千葉県・子ども2人)
「旅行に行きたい。テーマパークに行きたい。 外食したい。プール、海に行きたい。 帰省したい。我慢の限界」(30代・愛知県・子ども3人)

4位:バーベキュー

先ほどは「家族で」と条件付きで過ごし方にあがっていたバーベキュー。本当なら友人と楽しみたい、という願望もありました。

「友人とバーベキュー。充実した夏休みを過ごしたい」(40代・神奈川県・子ども2人)
「バーベキュー。クラスター出したら困るから」(30代・静岡県・子ども1人)
「バーベキューをしたり、遠くに旅に出たい。外に出ることは大事だから」(40代・京都府・子ども1人)

5位:親族で集まる

親族に会うのを控えている方も多いということがわかります。本当なら親戚で集まりたい、顔を合わせて話したい、という思いが伝わってきます。

「親戚で集まる。あいたいから」(30代・千葉県・子ども2人)
「親族で集まる。毎年やっていたから」(30代・愛媛県・子ども2人)

コロナウイルスに注意をしながら楽しいお盆休みを

昨年に続いて新型コロナウイルスの影響が大きいお盆になりそうです。本来の希望はかなわなくても、心身を休め、家族の楽しみも持てるお盆の過ごし方を探したいですね。

状況を見極めながら、ぜひ思い出に残る休みを過ごせるといいですね。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事