子育て家庭に人気の柔軟剤は?正しい使い方や選び方、機能性から香り重視までおすすめを紹介

子育て中は洗濯物が多く、1日に何回も洗うなんていう家も珍しくないほど、洗濯は家事の優先事項になっていますよね。その洗濯をする際に欠かせないのが柔軟剤。衣類を柔らかく仕上げる効果だけでなく、よい香りをプラスしたり汗などの嫌な匂いを消臭・防臭したりする効果も。今回は柔軟剤の選び方や、使い方をおさらいしながら、0歳〜12歳の子をもつママ・パパがオススメする柔軟剤を一気にご紹介します。

子育て家庭向け柔軟剤の選び方

柔軟剤はかなり種類が豊富。ドラッグストアでずらりと並ぶ柔軟剤を前に、悩んでしまう人も多いのでは。子育て家庭ではどんな柔軟剤を選ぶのがいいのでしょう?子どもの年齢や家族構成によっても目的が大きく変わる柔軟剤を、効果ごとに見ていきましょう。

防臭・消臭力のあるもの

洗濯物につきものの悩みの多くは、においですよね。スポーツ後や夏場には、汗っかきの子どもたちは濡れるほど汗をかいて帰ってきますよね。洗濯物自体が汗くさくなっていたり、洗っても匂いが落ちない、部屋干ししている間にカビくさくなるなどなど悩みは尽きないはず。衣類を柔らかくするという以上に防臭・消臭効果が求められていますよね。

消臭機能には、汗に触れると消臭カプセルが弾けてにおいを抑えてくれるものや、極小の消臭成分が繊維の奥にまで入り込みにおいを吸着し、消してくれるものなどがあります。また、防臭効果がある柔軟剤は、食べ物臭やタバコ臭を付着しにくくしてくれます。

抗菌効果が優れている商品は、部屋干し時のニオイ菌の繁殖を抑え、生乾き臭を軽減。また、長く部屋に干し続け菌が繁殖するのを防ぐため、水切れがよく、速乾性に優れているものもあります。気になるにおいの原因が何なのかを考えて選ぶのがオススメです。

仕上がりの柔らかさ

衣類を柔らかく仕上げる主な成分は界面活性剤で、繊維に染み込むことでや表面が滑らかなになったり、繊維をコーティングすることで柔らかさを加えたりごわごわ感が少なくなります。肌ざわりがよくなるので、毎日使うタオル類やシャツなどにもおすすめ。

また、ナチュラル派のノンシリコンの柔軟剤も増えていますが、衣類に余分な膜を作らず、繊維本来の柔らかさを取り戻すことが可能です。ノンシリコンでも柔らかく仕上がるので安心して使えます。

香りで選ぶ

柔軟剤を選ぶ選択肢として最も種類が多いのが、柔軟剤の香りですよね。香りが長持ちするものや、マイクロカプセル処方で洋服をこすったり、汗や体温に反応して香りが出てくるものなど、商品によって特徴があります。子育て家庭では、家族みんなが好きなナチュラル感のある香りにするのがオススメ。赤ちゃんがいる場合には、赤ちゃんだけは無香料のものを選んだり、また、ママだけはお気に入りの香りにするわ!というのもアリですね。

赤ちゃんの柔軟剤選びのポイント

衣類を柔らかくしてくれる柔軟剤ですが、肌の弱い人には柔軟剤の成分が刺激になってしまう事があります。赤ちゃんやアトピー性皮膚炎がある人は、様子を見ながら使うようにするのがオススメ。赤ちゃんのために柔軟剤を使用する場合は、初めから赤ちゃん用に製造された柔軟剤を使用するのもおすすめです。

柔軟剤の香り以外の効果だけが欲しいときには、無香料柔軟剤を使うと良いでしょう。衣類に香りをつけることなく、柔らかく仕上げてくれます。

赤ちゃんの衣類に柔軟剤はいつから?選び方や注意点、赤ちゃん専用や大人と一緒に使えるアイテムをチェック!
赤ちゃんの衣類の洗濯、柔軟剤はいつから使える? 赤ちゃんの衣類の洗濯で柔軟剤はいつから使えるのでしょうか。柔軟剤の必要性と大人の衣類との洗...

柔軟剤の正しい使い方

消臭効果があったり、香りづけできたりと柔らかさ以外にもさまざまなメリットがある柔軟剤ですが、使い方を間違えると、選んだ機能が活かされないなんていうことも。なんとなく使っているという人も実は多いですよね。正しい使い方をチェックしましょう。

使用量を守る

柔軟剤は製品の裏面に記載されている適量を守って使用しましょう。多かったり少なかったりすると、香りが強すぎたり柔らかくする効果が薄くなってしまったりと、せっかくの柔軟剤の効果がうまく発揮されないことがあります。

洗濯機は洗濯物を入れると必要な水量が表示されますよね。その水量によって、使用量が変わってきます。柔軟剤に水量あたりキャップ○杯と表記されているので、きちんとそれに従いましょう。また、洗濯機の説明書に柔軟剤メーカーごとに容量を調節するように指示されていることも。

柔軟剤は多いほど香りもよくふわふわになると思ってしまいがちですが、衣類の吸水性が落ちてしまったりすることも。適量を使うことが大切です。

柔軟剤は投入口に

柔軟剤は最後のすすぎの際に加えることで、柔軟成分が衣類に行き渡り、効果を発揮します。洗剤と一緒に入れてしまうと、マイナス電荷とプラス電荷が打ち消し合うことになり、洗剤の効果も柔軟剤の効果も失われてしまうという残念なことに。

全自動洗濯機やドラム式洗濯機には、「洗剤入れ」などと一緒に「柔軟剤入れ」がついていて、自動的に最後のすすぎの段階で柔軟剤が投入される仕組みになっています。

自宅の洗濯機に柔軟剤入れがない場合や、二層式洗濯機の場合には、最後のすすぎのタイミングで洗濯槽に加えるようにしてください。

手洗いするときの使い方

洗剤がしっかり落ち切るまで洗濯物をすすいだら、新しい水を汲み入れます。そこにボトルに記載された量の柔軟剤を入れかき混ぜます。洗濯物をつけたら、3分ほど置いてそのまま脱水すればOK。

子育て家庭に人気の柔軟剤 7選

子育て真っ盛りの家庭では洗濯物もたくさん。求める機能もシーンによってさまざま。そこでママ・パパたちがオススメする柔軟剤をご紹介します。ぜひ参考にして!

レノア 本格消臭

ファブリーズと共同開発された、レノアの本格消臭シリーズ。汗や水で濡れた時の濡れ戻り臭を防ぎながら、汗や水で濡れると消臭カプセルがはじけてさらに消臭力がアップする新技術により、汗の匂いをより爽やかに変えてくれるので、スポーツに打ち込む子がいるおうちにぴったり。

★ママパパの口コミ

「使い始めは“本格消臭”に惹かれて、使ってからはそれまで気になっていた匂いが少なくなったから継続して使っています」(30代・東京都・子ども2人)
「あっさりとした香りで値段も安い」(30代・岡山県・子ども4人)

ハミングFineふわさらスルー

汗をかいた瞬間から脱ぐまでニオイと汗によるはりつきを防いでくれる、24時間防臭&ドライ仕上げの柔軟剤。1日中さわやかな着心地が続き、抗菌センサー効果でニオイ菌の増殖もゼロ。素肌にやさしいふんわり仕上げで、部屋干しの生乾き臭も防いでくれます。ほのかでさわやかなリフレッシュグリーンの香り。

★ママパパの口コミ

「甘ったるい香りは苦手なので爽やかなものを選んだ」(40代・神奈川県・子ども1人)

さらさ

赤ちゃんがいるおうちでも安心して使えるさらさの柔軟剤は、着色料が無添加。また、植物由来の厳選成分も配合されて、心地よい洗い上がりに。ふわふわに仕上げるだけでなく、衣類をしっかり防臭してくれるのも、オムツ漏れやおねしょが多い時期にこそ嬉しいところ。すすぎ1回でも、洗剤残りの心配なし。やさしいピュアソープの香りで赤ちゃんもうっとり。

★ママパパの口コミ

「赤ちゃんにも安心して使えそう」(30代・福岡県・子ども1人)

マイランドリー

マイランドリーはノンシリコンで、 素肌や環境を考えた自然派柔軟剤。ナチュラルなのにしっかり香り、ずっと触っていたいフワフワ感。 部屋干ししても臭いが気にならないのも嬉しいところ。

★ママパパの口コミ

「肌に優しい成分でできている。マイクロカプセルを使っていない」(40代・神奈川県・子ども1人)

レノア本格消臭 部屋干しDX

多くのママ・パパが悩まされる洗濯物の部屋干し臭。レノアの最強消臭シリーズの部屋干し臭、濡れ戻り臭に特化した柔軟剤な梅雨時にも頼れる1本。 洗濯物の量が多いと、部屋で干すのもぎゅうぎゅうになり、ますます部屋干し臭が気になるもの。部屋干しの頻度が多いおうちはぜひ試して。

★ママパパの口コミ

「部屋干ししているから」(30代・山形県・子ども1人)

ハミング 素肌おもい

赤ちゃんの肌にもぴったりの、肌ざわりのやさしさを追求した、ハミングの素肌おもい。乾いた衣類はふわさらヴェールの効果で繊維の1本1本まで空気をふくみ、羽毛のようなふんわり感。水気をすーっと吸い、さらっとやさしい肌ざわりに仕上げてくれます。抗菌効果でイヤなニオイを防いでくれるのもポイント。

★ママパパの口コミ

「手触りと香りがいいから」(40代・埼玉県・子ども2人)

ソフラン プレミアム消臭

“夜までニオイを生まない”がキャッチフレーズの柔軟剤、ソフラン プレミアム消臭は、極小消臭成分が繊維の奥にまで入り込み臭いを吸着。1日中消臭パワーが続くから、1日履いた靴下さえ臭わせないほど。強すぎず甘くない、ナチュラルな香りが家族にぴったり。

★ママパパの口コミ

「香りがきつすぎないので好き」(40代・北海道・子ども2人)
「防臭と微香が良かった」(40代・神奈川県・子ども1人)


洗濯物が乾く時間をもっと短くしたい! 乾かすコツや時短アイテムは?
洗濯物が乾くまでに時間がかかると、嫌な臭いの原因になることがあります。なるべく早く乾かすために、三つのポイントを押さえた干し方を知っておきま...

いい香りが人気の柔軟剤 7選

柔軟剤を選ぶポイントに香りを挙げる人も多いですよね。好きな香りが1日中続くものなど、香りがいいとママ・パパがオススメする柔軟剤をご紹介します。

フレアフレグランス

着ている間中、汗や体温に反応して香りが生まれ続けるフレアフレグランス。独自技術の「汗・体温に反応する香りセンサー」に新技術を加え、消えやすかったやさしい香りも、繊維内部にしっかり閉じ込め、香りが一日中あざやかに続きます。素肌に心地いいやわらかさに加え、抗菌・防臭効果でイヤなニオイも防いでくれます。

★ママパパの口コミ

「香りが好き」(20代・静岡県・子ども1人)
「お買い得になってたのといい香りだったから」(30代・神奈川県・子ども3人)

レノアハピネス

フラワーデザイナーが監修した、まるで本物の花の香りが1日中長続きする柔軟剤。家族みんなで使える、爽やかな香りなのもポイントです。汗をかいてもしっかり防臭、部屋干しもOK。衣類を柔らかく仕上げてくれます。

★ママパパの口コミ

「香りが長続きする」(40代・愛知県・子ども2人)
「癒される香りが良い。ふんわり仕上がる」(40代・神奈川県・子ども1人)

ソフラン アロマリッチ

選んだときの香りの特徴が、注ぐときから脱ぐときまで、ずっと変わらずに続くソフランアロマリッチ。植物生まれの柔軟成分が繊維の1本1本まで柔らかく仕上げ、静電気も防いでくれます。防臭・抗菌効果で、衣類につく汗やタバコなどのイヤなニオイを抑えます。赤ちゃんの衣類も柔らかに。部屋干し中もいい香りが楽しめるのも嬉しいところ。

★ママパパの口コミ

「香りがしっかりついているので、着る時にいい匂いがする」(40代・兵庫県・子ども2人)
「香りがいいから好き」(30代・神奈川県・子ども1人)

レノアリセット

天然の繭玉から着想を得たファイバーケア成分が配合され、洗濯機の標準コースでも衣類のダメージを防いでくれる新発想の柔軟剤。レノアハピネスと同じ香り成分で、一日中、長続きする香りに。さらに消臭力は、レノア本格消臭と同じ消臭成分が配合され、イヤなにおいを消臭して、一日中爽やかに過ごせます。

★ママパパの口コミ

「香りがとてもよい。雑誌で口コミが良かったので」(30代・東京都・子ども2人)


IROKA

元ミスユニバースジャパン・ナショナルディレクター、イネス・リグロン監修の柔軟剤。清潔感がありながら、強い余韻を残す「ピュアムスク」と香水には欠かせない「アンバー」を贅沢に使用し、上質でセンシュアルに仕上げられた香りに。素肌からたちこめるように香りが一日中続きます。天然香料配合で植物由来の柔軟成分が配合されたナチュラル派。抗菌・防臭効果でイヤなニオイを防いでくれます。

★ママパパの口コミ

「すごくいい香りがします」(30代・福岡県・子ども1人)

ダウニー

香りのマイクロカプセルが入っているので、香りが長く続くダウニー。コーティング作用で繊維の型くずれを防ぎ、シワを防止することでアイロン掛けがしやすいのも嬉しいところ。さらに繊維をなめらかにし、毛玉が出来るのを防いでくれます。また、衣類を洗うたびに発生する色落ちや、水道水に含まれる塩素が原因となる色落ちを防ぎ、さわやかな色をより長く保つ効果もあります。

★ママパパの口コミ

「匂いが良い」(40代・栃木県・子ども1人)

ランドリン

うっとりするような優雅な気分をイメージした上品な香りのランドリン。香りだけでなく、肌触りのよさとなめらかさも追及した柔軟剤です。柔軟剤の機能性を高める、オーガニック抽出エキスを厳選配合。菌の増殖によるニオイを抑えてくれるので、部屋干しでもいい香り。

★ママパパの口コミ

「香りが良い」(40代・神奈川県・子ども2人)


コストコのおすすめ洗剤|洗濯、食器、掃除用からオキシクリーンやウルトラジョイの万能洗剤まで大公開!
洗濯から食器洗いまで、清潔な毎日の暮らしに欠かせない洗剤。汚れをキチンと落としてくれるうえ、安心安全でコスパもいい洗剤を選ぶのにおすすめなの...

上手に柔軟剤を使って気持ちのいい衣類に!

柔軟剤ひとつで、衣類の仕上がりや香りが大きく変わり、着心地にも大きく影響してきますよね。ふわふわと香りのいい洋服に袖を通せば、朝からいい気分になれるはず。家族にぴったりの柔軟剤を見つけられれば、洗濯がもっと楽しくなりますね。

 

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事