手作り写真立てが可愛い! 作り方を動画で解説|おすすめの素材や材料、手作りキットもあります♪

スマートフォンの普及により、写真を撮ることがさらに身近になり、誰でもプロ顔負けの上手な写真を撮影できるようになりました。お気に入りの写真が撮れると、お部屋に飾りたくなりますよね。

今回は、写真をより素敵にみせる手作り写真立ての作り方を動画とともに紹介します。また、写真立てにおすすめの素材や手作りキットもセレクトしてみました。お家時間を豊かにするアイテムとして、ぜひ手作り写真立て作りにチャレンジしてみてください。

手作りの写真立てってどんなもの?

手作りの写真立てってどんなもの?
手作りの写真立てってどんなもの?

 

さまざまな材料を使ってシンプルな写真立てをアレンジすることで、オリジナリティにあふれた世界に一つだけの写真立てを作ることができます。中に入れる写真やお部屋の雰囲気に合わせて、飾りつけやデコレーションしたり、イチから写真立てを手作りしたりすると、お気に入りの1枚がさらに映えること間違いなしです。

写真立ては、中に入れるものによって額縁やフォトフレームなどと呼び名が変わりますが、手作り写真立ての素材として選ぶのであれば、額縁でもフォトフレームでも、どちらでも大丈夫です。たとえ手持ちの写真とサイズ感が合っていなかったとしても、余白やはみだしをデザインとして活かしていきましょう。

インテリアに合わせて作ることができる

手作り写真立てなら、お部屋の雰囲気に合わせてデコレーションが可能なので、空間をおしゃれに装飾することができます。

市販のシンプルなフォトフレームに飾りつけをする手作りの写真立てであれば、保育園児や幼稚園児でも簡単にできるのでおすすめです。我が子が手作りした写真立ては、毎日眺めても飽きないことでしょう。

プレゼントにぴったり

写真立ては、子ども同士はもちろん、夫婦や友人、親のお誕生日など、どんなシチュエーションでも素敵なプレゼントになります。贈る相手の写真をハンドメイドした写真立てに入れてプレゼントしたら、ものすごく喜んでくれるはずです。相手の好みに合わせておしゃれに仕上げましょう。

【敬老の日の工作】幼児~小学生向け、孫からのプレゼントに喜ばれるおすすめアイディア集
敬老の日とは?2022年はいつ? 敬老の日にはどんな由来があるのでしょうか。また、2022年の敬老の日はいつなのか、解説してい...

手作り写真立てにおすすめの素材・材料

ここからは、手作りの写真立てにおすすめの素材や材料を紹介していきます。

使うものは、100均やホームセンターで手軽に買えるものばかりなので、さまざまなな種類をそろえても費用負担は少なくてすみます。いろんな材料を使って、自由に楽しく作っていきましょう。また、デコレーションするのに木工用ボンドやグルーガンがあると便利なので、ぜひ準備しておきましょう。

紙を使っておしゃれな写真立てを作ることができます。紙といっても種類はさまざまで、厚紙や段ボール、ペーパーナプキン、牛乳パック、新聞紙などを活用していきましょう。切ったり貼ったりするのが簡単なので、子どもが手作り写真立てを作るときにおすすめの材料です。

服のはぎれやレース、リボンなどの布を貼り付けても素敵に仕上がります。落ち着いた色合いのものを使用すれば、アンティーク調の雰囲気に。レースは高級感と温かみが演出できます。小さいボンボンを写真立ての周りにつけてもかわいくなりますよ。

タイル

カラフルなタイルを貼るだけでも華やかな仕上がりになります。100均で1枚づつシールになっているものがありますので、子どもでも簡単に手作り写真立てが作れます。さまざまな形と色を組み合わせて、楽しみながら作っていきましょう。

貝殻・木切れ

貝殻をデコレーションすれば、海のイメージがかき立てられる手作りの写真立てに。貝殻は100均などでも売っていますが、行った海で拾った貝殻で作れば、より思い出に残る写真立てになりますね。また、木切れなど自然のものを使うと、手作り写真立てがナチュラルなイメージに仕上がります。

貝殻・木切れ

デコパーツ

100均にたくさん売っているデコレーションパーツを組み合わせても、かわいくカラフルに仕上がります。子どもに人気のアイロンビーズや、アクセサリパーツ、ボタンなどでデコってみるのもおすすめです。

スクラップブックおすすめ7選|子どもの写真は手作りで可愛く残そう! すぐに作れる便利なセットもご紹介
子どもや家族の写真などを、手作りでおしゃれに可愛く残せるスクラップブック。思い出の詰まった写真を、自分好みにデコレーションしながら保...

とっても簡単!段ボールと余り布で写真立てを作ろう

今回は、okoni5さんによる、段ボールと余り布で作る写真立ての作り方を紹介します。布を使っているので、やさしい感じの仕上がりになりますね。

材料

・段ボール(薄めのもの)
・布
・キルト芯
・レースやリボン
・プラ板
・紙

作り方

1. 型紙を切る(写真立ての枠の形に切る)
2. 型紙に合わせて段ボールを2枚切る(表側は中も切る 裏側は中は切らない)。
3. キルト芯も表側の段ボールと同じ形に切る
4. 布を切る(2枚)
・2枚型紙よりのりしろ分1辺3.5㎝づつ大きめに切る
・表側は窓になる部分に×印をつけてそれにそって切り込みをいれる
5. 表側の枠をつくる
・表側の布をおく
・キルト芯をおく
・表側の段ボールをおく(キルト芯とくっつく面に少しボンドをつける)
・布ののりしろ部分にボンドをしっかりつけて貼り付けていく
・窓部分の布にもボンドをつけて内側に貼り付けていく
6. 裏側の枠をつくる
・裏側の布をおく
・裏側の段ボールにボンドをしっかりつけて布に貼り付けていく
・布ののりしろ部分にボンドをしっかりつけて貼り付けていく
・段ボールが見えている部分を余った布を貼り付けてかくす
7. 表と裏の枠を貼り付ける
・表の枠の内側の4隅の部分をかくすようにレースやリボンをボンドで貼り付ける
・裏の枠の上部分に引っ掛ける用のヒモをボンドで貼り付ける
・裏の枠の右側、左側、下側にボンドをつけて表の枠に貼り付ける(上側は写真の入り口になるので貼り付けない)
・洗濯ばさみ等で固定して1日程度乾かす
8. 乾いたら、写真をいれてプラ板をその前に入れて完成

教えてくれたのは…

okoni5さん

手作りとギターと猫が好き。マイペースで、ハンドメイドとたまにギターとリコーダーのアンサンブルのUP。またInstagramでは、youtube動画で紹介できない作品も写真投稿している。

YouTube「okoni5

Instagram「okoni5

エコー写真用アルバム6選|マタニティライフの記念に おすすめのアルバムを厳選
ママのお腹の中にいる赤ちゃんを映し出すエコー写真。専用のアルバムがあれば、綺麗な状態で長く保管できます。エコー写真用アルバムには、単...

100均の紙袋とフォトフレームで作る写真立て

100均のダイソーで販売している紙袋でも、おしゃれな手作り写真立てが作れます。POLALOPさんの動画を見ながら、順を追って作ってみてください。

材料

・100均のフォトフレーム
・好みの紙袋

作り方

1. フォトフレームに最初から入っていた台紙を外す
2. 切り抜きたい部分に合わせて、紙袋に印をつけていく
3. つけた印を結ぶ線を引き、それに沿って切り抜く
4. フレームにはめていくと完成。100均の紙袋はおしゃれなものが多いので、フレームに入れるだけでも映えます!

教えてくれたのは…

POLALOPさん

パラコード(パラシュートコード)を使ったブレスレットやキーホルダーなどの編み方、ロープや紐の結び方(ロープワーク)、ハンドメイド作品などを紹介する動画を投稿している。

YouTube「POLALOP

Instagram「polalop.y

子どもの写真の保存方法どうしてる? パパママ1000人に大調査!【HugKumなんでも調査団「幼稚園」編】
子どもが生まれると増えていくもののひとつが、写真です。子どもの成長や家族の思い出の記録として、写真を残しておきたいと思うママパパは多...

写真立ての手作りキットもおすすめ

ここからは、手軽に写真立てを手作りできる工作キットを紹介していきます。材料から作り方の説明書まですべてそろっているので、初めてでも安心してチャレンジできますよ。

「KAMIRI 3種類手作りフォトフレームキット」

KAMIRI 3種類手作りフォトフレームキット
KAMIRI 3種類手作りフォトフレームキット

 

結婚式、誕生日、クリスマスなど、さまざまなシーンで使える、手作り写真立てが3種類入ったセットです。子どもから大人まで自由に作成できます。

「アイスタジオウッズ 工作キット フォトフレーム」

アイスタジオウッズ 工作キット フォトフレーム
アイスタジオウッズ 工作キット フォトフレーム

 

木質繊維の素材で出来たシンプルな工作キットです。絵具やビーズなど、さまざまな素材で飾りつけが楽しめる写真立てです。

「大王製作所 くるみボタンで作るあそぼーたん「フォトフレーム」キット」

大王製作所 くるみボタンで作るあそぼーたん「フォトフレーム」キット
大王製作所 くるみボタンで作るあそぼーたん「フォトフレーム」キット

 

不思議な形のボタンとフエルトを使った写真立て作りが楽しめるキットです。針や糸を使わずできるので、子どもも安心して作れます。

子ども向けキッズカメラのおすすめ14選|おもちゃタイプから本格派まで、子どもが見ている世界を写真に!
子ども用カメラはいつから使える? 子どもの好奇心は無限大。早ければ2才頃から、ママやパパが持つカメラに興味を示す子もいるのではないでしょう...

手作り写真立てで、大切な思い出がより素敵に

手作り写真立ての作り方や、おしゃれなアレンジ術を紹介してきました。大切な思い出のある写真は、手作り写真立てに入れて飾ることでより素敵なものになります。プレゼントしても、きっと相手に喜んでもらえるはずです。子どもでも簡単に始められる工作ですので、親子で楽しく作ってみてくださいね。

文・構成/HugKum編集部

編集部おすすめ

関連記事