キャベツの離乳食はいつから?下ごしらえや保存法、初期、中期、後期別レシピも紹介

キャベツはビタミンC、カリウムの他に、ビタミンUも多く含まれるので胃腸を強くし、腸の働きをよくする食物繊維も含まれている栄養価の高い優良野菜です。茹でると甘味が出るうえに、柔らかく癖も少なく、どんな料理も使いやすいママにとってもうれしい食材です。

離乳食のキャベツはいつから食べられる?

あくが少ないので、葉物としては離乳食で一番使いやすい食材です。葉の内側はやわらかく、初期から食べることができます。

春のものは葉が柔らかく、冬のものは葉がしっかりして甘みがあり、ゆでると甘みが増し、ゆで汁も旨味が出るので野菜スープ等もお薦めです。

後期になると、葉の柔らかい部分を5㎜位の粗みじんの大きさが食べられるようになるので、スープやうどんの具など、さまざまな煮るレシピに入れて、柔らかくして食べましょう。

キャベツの下ごしらえ、保存について

キャベツの下ごしらえ

大きめにゆでてから調理すると柔らかくなり使いやすく、甘みも残ります。

キャベツの保存について

冷凍保存する場合は下茹でするなどの調理したものが向いています。その場合は、水気を切って冷凍します。

キャベツを使った離乳食初期の進め方

 <離乳食初期のレシピ> キャベツのペースト

葉から芯を取り除き、大きめのサイズのまま柔らかくなるまで茹でます。長く煮るとうま味が出るのでくたくたに煮込みましょう。

材料(1食分)

キャベツ 15g

野菜スープ

作り方

1. 沸騰した野菜スープに粗みじんにしたキャベツを入れて茹でます。柔らかくなったら鍋から取り出しすり鉢ですり下ろします。キャベツは繊維があるので、よくすり潰すようにしましょう。

●繊維が気になるとき、ブレンダーを使うとより細かくすることができます。

●すりおろしたキャベツは保存袋でなるべく空気を抜いて、冷凍庫で3日程度保存することができます。

 

2. 水分が少ない場合は、茹でた野菜スープを少し加えてぽってりと盛り付けます。

離乳食の出汁(だし)の基本。初期から使える万能かつお、干ししいたけ昆布、野菜だし
離乳食のだしはいつから使っていい? 出汁を使う第一の理由は、出汁に含まれた栄養を摂ることもありますが、やはり味にアクセントをつけて、より食...

 

 <離乳食中期のレシピ> キャベツのパン粥

茹でたキャベツをパン、玉ねぎ、牛乳とコトコト煮るだけ。野菜の甘味にパンもほんのり甘く、パン粥だから短時間でパッとできる!

材料(1食分)

キャベツ 15g

玉ねぎみじん切り 10g

耳なし8枚切り食パン 1/2枚

牛乳 大さじ3 (水でもOK)

作り方

1. 芯を取り除いたキャベツの葉を鍋のお湯で5分ほど茹で、柔らかくなったら取り出してみじん切りにします。キャベツ、みじん切りにした玉ねぎ、小さくちぎったパンを鍋に入れ、牛乳を入れて煮込みます。

 

2. 全ての食材が柔らかくなったらできあがり。

 

 <離乳食後期のレシピ> ロールキャベツ

離乳食でも大人のメニューのよう。ふんわり柔らかい鶏ひき肉にお出汁が香り、どんどん食べたくなる一品です。

材料(1食分)

キャベツ 1枚

鶏ひき肉 20g

玉ねぎ 10g

しょうゆ 少々

かつおだし

作り方

1. 鶏ひき肉をボールに入れ、ペースト状になるまでスプーンでかき混ぜます。ふんわりしたところでみじん切りにした玉ねぎを加え、更に数回混ぜておきます。

 

2. 芯を取り除いたキャベツの葉をお湯で5分ほど茹で、粗熱を取ります。キャベツが冷めたら、1の種を5cmほどの棒状にし、キャベツの葉に巻いていきます。

 

3. 鍋にロールキャベツを並べ、鰹出汁を入れ、沸騰したところで中火で5分間煮込みます。香りづけにしょうゆを入れてできあがり。食べやすいように3等分にして召し上がれ。

 

 キャベツを使った離乳食完了期のすすめ方

歯ごたえが楽しめるように、芯を取り除いた白い葉脈部分も入れて調理します。

完了期では奥歯も生え始め、歯ごたえのあるものや、大きさを変えることで食べる楽しさが広がります。

 

 

レシピ:野村泉先生<栄養士・幼児食アドバイザー>

病院内にて妊産婦・乳幼児の栄養指導に従事。東京・小金井市のもぐもぐ子ども調理室にてレシピ監修、講義サポート、離乳食・幼児食講座を担当。

 

構成/HugKum編集部 写真/田中麻衣

編集部おすすめ

関連記事