子供のじんましん、症状や原因は?アレルギー性、慢性など種類を小児科医が解説

Q : 子どもの腕に、突然じんましんが!食事やおやつの直後ではなかったのですが、食物アレルギーなのでしょうか?

A : アレルギー以外の原因でじんましんが出ることも

じんましんは、体の一部に赤くふくらみのある発疹(膨疹)が現れる病気です。ひとつひとつの膨疹の大きさや形はさまざまで、かゆみがある場合がほとんどです。

じんましんの原因は?

じんましんの原因になると考えられているものは、大きく「アレルギー性」と「非アレルギー性」の2種類に分けられます。アレルギー性のじんましんの原因として子どもに多く見られるのが、食物アレルギーです。特定の食品を食べたり飲んだりしたときにだけ症状が現れるのが特徴です。

アレルギー性じんましん

アレルギー性のじんましんは、食物のほか、薬品や動植物などが原因となることもあります。食物アレルギー以外の場合も、原因となるものに接触したときだけ症状が現れます。

アレルギー性じんましんの治療法

アレルギー性のじんましんが疑われるときは、病院では、血液検査などによってアレルギーの原因となる物質(アレルゲン)を調べます。じんましんの予防にはアレルゲンに触れないことが第一ですが、食物アレルギーの場合、将来的に原因となる食品を食べられるようにするための治療も必要です。食物アレルギーの治療には専門的な知識が必要なので、食事療法などは必ず医師の指示に従って進めましょう。

非アレルギー性のじんましん

非アレルギー性のじんましんの場合、原因として考えられるのは、急な温度の変化、日光や汗の刺激、肌の圧迫など。かぜなどの感染症やストレスが関わっていることもあります。

じんましんの症状は?

じんましんは、数時間から長くても1日程度で消えるのが普通です。膨疹が消えればかゆみはおさまり、あとが残ることもありません。虫さされのような小さなブツブツから大きく盛り上がるものまで症状はさまざまですが、じんましんの原因と膨疹の見た目に関係はありません。

症状が軽くても、必ず小児科へ

じんましんは、受診しても原因が特定できないことが少なくありません。ただし、激しいアレルギー症状のひとつとして現れている可能性もあるので、じんましんが出たときは、皮膚の症状が軽く見えても、必ず小児科や皮膚科を受診しましょう。

子供にじんましんが出た場合の治療法は?

病院では症状に応じて、かゆみやアレルギー反応を抑える飲み薬や塗り薬が処方されます。薬が出された場合、服用する期間などについては医師の指示に従いましょう。

毎日のように症状を繰り返す「慢性じんましん」も

じんましんは短時間で消えることがほとんどですが、いったん消えても少し時間をおいてまた現れることがあります。じんましんが一度だけ出たり、繰り返し出ても4週間以内におさまったりするものを「急性じんましん」、じんましんが繰り返し出る症状が4週間以上続くものを「慢性じんましん」と言います。

慢性の場合、原因は特定しにくい

慢性じんましんの場合、原因を特定できないことが少なくありません。症状を抑えるためには、かゆみやアレルギー反応を抑える薬を飲み続ける必要があります。ただし、治療に使われる薬は、医師の指導のもとに正しく使えば体に悪い影響を及ぼす心配はありません。適切に症状をコントロールしていけば、いずれは薬をやめることができます。

 

 

金井正樹先生

東京都八王子市・金井内科医院
院長

「国立小児病院」、米国の小児病院などで小児外科の臨床・研究を行い、2008年より現職。診療科目は内科、小児科、小児外科、外科。保育園の園医、小・中学校の校医も務める。

 

 

イラスト/小泉直子 構成/野口久美子 出典/『めばえ』2019年1月号

編集部おすすめ

関連記事